大津いじめ自殺の生徒に卒業証書授与

大津市立皇子山中学校の男子生徒がいじめを苦に自殺した事件は、まだ刑事事件として決着がつかないままですが、中学校は卒業式を迎えました
学校側は卒業式後、自殺した生徒への卒業証書を遺族に手渡した、と報道されています

大津いじめ自殺の中学で卒業式 生徒遺族に証書授与

学校側とすればこれで一区切りなのでしょうが、何とも言い難い不全感が残ります。卒業証書の授与は美談でもありませんし、何も解決していないのですから
いじめ事件を隠蔽し、事実解明に取り組もうとしなかった皇子山中学校の校長は懲戒処分(減給10分の1、1カ月)を受け、今年の2月に依願退職しています
犯罪を隠蔽した責任の重大さを考えれば、随分と軽い処分です
この校長は退職するにあたって、「自分の指導不足。遺族に十分な対応ができず申し訳ない」と述べたそうですが、このいじめ事件への対応でどこをどう間違えたのか、十分な検証が行われたのかすら疑問です
公教育の現場を預かる校長という立場なのですから、退職するにあたって記者会見を行い、十分な説明責任を果たすくらいの対応があってしかるべきです
何もかも放り出して逃げ出すように退職するのが責任の取り方ではありません
さらに、自殺した生徒の担任教師は病気を理由に休職しており、こちらも取材に応じていません。まさに逃げ隠れしている状態です
大津市教育委員会は、「回復後、事実関係を確認できれば処分も検討する」としてます。呆れたことに、これだけの事件であるにも関わらず大津市教育委員会は担任教師から十分な事情聴取ができていないのでしょうか?
懲戒審査を行うには本人から直接釈明を聞く必要があるので、病気休職が終わって復職するまでは懲戒処分ができません
ちなみに教頭や学年主任らも文書訓告などの処分を受けていますが、事案の重大さから見れば軽すぎる処分です
校長だけでなく教頭らも更迭すべきでしょう
教育委員会の何とも手ぬるい対応が、より一層後味を悪くしています

(関連記事)
京都地裁 体罰教師の氏名公開を命じる判決
暴言を吐いて児童を追い詰める女性教諭
大津の中学生自殺 橋下市長「いじめをなくすのが行政の仕事」
大津の中学生自殺 いじめを放置した学校の言い分
大津の中学生自殺 教育委「いじめた側にも人権がある」
大津市の中学生自殺 いじめ主犯の氏名が明らかに
大津の中学生自殺 校長は「自殺の練習」を否定
大津の中学生自殺 加害者の親はPTA会長
大津の中学生自殺 学校側はいじめを把握
いじめ4年後に自殺、学校側に賠償命令
大津の中学生自殺 加害者たちの現在
大津市教育長 ハンマーで殴られ負傷
大津市いじめ事件 生徒が女性教諭へ暴行するも隠蔽
大津のいじめ事件 正義を批判する哲学者の珍説
大津中学生自殺 教師への傷害で学校が被害届
大津の中学生自殺 犯人を書類送検へ
大津市の中学生自殺 第三者委員会がいじめを認定
大津いじめ訴訟 逃げ得を許さない
大津いじめ訴訟 元同級生に賠償命令
大津いじめ訴訟 隠蔽工作失敗し、事件化
大津いじめ訴訟 高裁は保護者側の過失と相殺し減額する判決
広島・中3自殺 学校の杜撰な対処
広島・中3自殺 誤った万引き容疑で進路指導
広島・中3自殺 学校側の対応見えず新学期か
福井中学生自殺 担任の?な釈明
福井中学生自殺 生徒を死に追いやった教師
旭川いじめ凍死事件2 疑惑の数々
旭川いじめ凍死事件1 週刊誌が事態解明を促す
熊本高3いじめ自殺 当時の同級生を提訴へ


いじめとは何か―教室の問題、社会の問題 (中公新書)
中央公論新社
森田 洋司

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by いじめとは何か―教室の問題、社会の問題 (中公新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル