亀岡暴走事故 被告が判決を不服として控訴

京都府亀岡市で登校中の小学生の列に車で突っ込み、引率の保護者を含む3人を死亡させ、7人に重軽傷を負わせた事件で、運転していた被告少年に懲役5年以上8年以下(求刑・懲役5年以上10年以下)の不定期刑の判決を言い渡されたと、先日当ブログで取り上げました
しかし、被告少年は上記の実刑判決を不服として、3月1日に大阪高等裁判所に控訴したと報じられています
(引用元記事が削除されました)
3人の命を奪うという重大な事故を起こしたにも関わらず、懲役5年以上8年以下の不定期刑は重すぎると言いたいようです
そこに真摯な反省があるとは感じられません
暴走族を結成して遊び呆けていた少年ですから、頭が悪すぎて反省もできないのか、と思ってしまいます
彼の身の回りには、教え、諭し、導くような人格の持ち主はいないのでしょう
事故の結果を受け止めるのならば潔く刑に服するべきであり、「未成年だから保護処分が当然。少年院送致でも2年くらいで出れるはず」と甘い考えにすがっているように見えます
被害者家族への謝罪や、損害賠償に誠実に取り組む気があるのかさえ疑問です
前にも述べたので簡単に済ませますが、本来ならば危険運転致死罪を適用し懲役20年の実刑を言い渡してしかるべき事件です
これだけ悪質な事件にも関わらず、懲役5年以上8年以下の不定期刑の判決なのですから、誰もが「軽すぎる」と感じるでしょう
控訴審でいまさらながら「事件は保護処分が相当」との判断が下されるわけもないのですが、甘い見通しを被告に吹き込む弁護士もどうか、と言いたくなります

(関連記事)
亀岡暴走事故 懲役5年以上8年以下の実刑判決
亀岡暴走事故 小学校教頭が電話番号を漏らす
無免許運転で児童の列に突っ込む 懲役は7年前後
亀岡暴走事故 被害者の近況と少年法
京都の暴走事故 てんかん患者が運転
飲酒運転で幼児3人死亡事故 懲役20年確定へ
クレーン車事故で児童6人死亡 運転手は「てんかん」の持病
クレーン車事故を考える2 「てんかん」隠していたと母親が謝罪
クレーン車事故で運転手起訴 危険運転致死罪は見送り
クレーン車事故 6人殺害して懲役7年の求刑
中国人女ひき逃げで逮捕 5人死傷
浜松中国人ひき逃げ事故 同乗の夫も書類送検
浜松暴走死事件 中国人被告に懲役8年判決
小樽の飲酒ひき逃げ 危険運転で懲役22年判決
歌川5人殺傷交通事故 懲役23年の実刑判決
大津園児死傷裁判 被告が主張変更で判決延期
つがる4人死亡事故 懲役20年判決


家裁調査官のスケッチブック―私が出会った子どもたちと少年法
日本評論社
寺尾 絢彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 家裁調査官のスケッチブック―私が出会った子どもたちと少年法 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル