「K-POPからKカルチャーへ」 韓流押し売りに執着する韓国

相変わらず、「日本で韓流は成功した。すでに定着した文化だ」と発言しているのが、韓国のコンテンツ振興院です
単なる歌やドラマのブームで終わらせるのではなく、「K-POPからKカルチャーへと発展させ、さらに日本に浸透させるべきだ」と力説しています
反日を国是とする国が、自国の低俗な文化を押し売りしようという何とも呆れた企てです


「K-POPからKカルチャーへ発展」冬ソナから10年、日本では反韓が漂い一方通行式の交流に懸念
(前略)
このように持続性に対する不安はあるが、日本の韓流ブームは単なるブームにとどまらず今や一つのジャンルとして定着したとの見解が支配的だ。
そのため、次の10年に向けた「ポスト韓流」に備える必要があるという声も高まっている。
韓国コンテンツ振興院日本事務所のキム・ヨンドク所長は韓流動向分析協議体の報告書の中で、「われわれが『冬のソナタ』や『K-POP』のブームを予想できなかったように、そして、香港映画ブームが10数年にわたり維持され消えた例からも分かるように、10年の節目を迎える日本の韓流の未来を占うことは難しい。韓流が好況の今こそ『ポスト韓流』に備える努力と試みに取り組むべきだ」と指摘した。
韓国の芸能プロダクションも日本は韓流が文化的、経済的に活性化された戦略地だけに、今後の韓流のためには変化が必要だと認識している。
人気アイドルグループが所属するあるプロダクションの代表は「K-POPの場合、アイドル歌手が無分別に進出し、供給過剰の状態だ」と指摘した。
その上で、「似たようなコンセプトの歌手らが雨後のたけのこのように日本でファンミーティングや公演を行っているため、数年以内に飽きられてしまう可能性が高い。
ロックやヒップホップなどジャンルを多様化し、公演なども上質のコンテンツを提供すべきだ。また、日本との共同事業の開発も活発に行われなければならない」との認識を示した。
韓国文化産業交流財団のキム・ギョンヒ事務局長は「これからは韓流の主軸を、ドラマやK-POPからKカルチャーへと発展させなければならない。
エンターテインメントだけでなく観光、ファッション、韓国料理などさまざまな派生ビジネスへとつなげるべきだ」と強調した。


省略した前段部分ではいかに韓流が成功を収めてきたかを紹介し、自己陶酔する内容です
日本にK-POPを好む人、韓国ドラマを好む人がいるのは事実であり、それを批判したり揶揄するつもりはありません
他人とは違った趣味を持つことで、個性を主張したい人もいるのですから
ただ、個人の趣味の領域とは別に、韓流の押し売り状態は不快なものです
その代表的な例がフジテレビの番組内での韓流宣伝でしょう
さまざまな番組の中で、必要も必然性も感じられない韓流宣伝を繰り返し、これを売り込もうと画策していました。その結果、視聴者の反感を買ったわけです
そんな批判に耳を傾けようともせず韓流に執着した結果、フジテレビの視聴率は低迷し、回復の兆しは見えないままです
また、無料で見れる地上波の韓国ドラマとは違い、映画館で上映される韓国映画はヒットせず、宣伝が空回りする状態です
日本に追いついたと言い張るアニメーションも、日本でテレビ放送が実現した作品は数えるほどしか存在しません
韓国の小説が日本で翻訳され、ベストセラーになったという現象もありません
一部の熱狂的なマニアを除外すれば、韓流とは手軽で無料で楽しめる娯楽だからこそ、一時的な人気を得ただけなのでしょう
雨後の筍のように登場する男性や女性のアイドルグループが、今後とも人気を獲得していけるとは誰も思わないはずです
果たしてKカルチャーなるものを売り込もうとして、それが日本人に歓迎されるのかどうか考えようとせず、文化とはともかく売り込めば勝ちという発想しかないのは呆れてしまいます

(関連記事)
K-POP 今年は日本で儲けるニダ
「K-POPの次はK文学ブームを」と書く韓国メディア
韓流テーマパーク頓挫もヘイトスピーチのせい?
キムチのユネスコ文化遺産登録は間違い
日本の酒文化に嫉妬する韓国
「大衆文化の日韓戦争」と煽る韓国メディア
「日本アニメは文化侵略だ」と書く産経新聞
韓国メディア「日本の韓流禁止はコンプレックスの証拠」
「韓流をまねてJ-POP展開へ」と書く韓国メディア
K-POPの紅白出場なしを懸念する韓国メディア
世界を席巻するK-POP「江南スタイル」
「日本は滅亡する」と書く韓国メディア
文化とは輸出して儲けること 韓国メディア
チャン・グンソク主演映画「君はペット」コケる
韓国映画「マイウェイ」大コケ
韓国のパクリ映画「リザレクション」
日本アニメ原作の映画「Blood:The Last Vampire」世界でコケまくる
文化財を返還せよと叫ぶ韓国の珍妙な主張
本を読まない韓国 政府の振興策?
韓国は村上春樹をどのように読んだのか
「韓国文学がブーム」と煽るメディア


韓流旋風 2013年 03月号 [雑誌]
コスミック出版
2013-02-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 韓流旋風 2013年 03月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル