国際水準の中国アニメ「神魄」が日本進出

中国の重慶市に拠点を置くアニメ制作会社「視美動画」が今月5日、新作アニメ「神魄」の完成記者会見を開き、「国際水準の作品」になったと自信満々のコメントを発したと報道されています
記事は簡単なもので、作品の内容や特徴を伝える部分はありません
ただ、日本市場に進出すると伝えています

“国際水準”の中国制作アニメ「神魄」が日本進出、重慶で完成発表記者会見

いったいどのあたりが国際水準なのでしょうか?
まずは動画をご覧ください

神魄1


最初にタイアップした玩具のCMがあり、続く本編はポケモンやらデジモンの亜流アニメです。これで堂々と「国際水準」だと宣言するところがいかにも中国らしいと感じます
日本のヒット作を穴が開くほど繰り返し視聴し、成功のノウハウを盗んで真似をし、遜色のない作品を作ったと言いたいのでしょう
日本市場に進出といってもこのアニメが地上波で放映されると決まったわけでもなく、詳細は不明です
もし日本のテレビ局の地上波で放送が決定したなら、中国メディアは「日本を圧倒した」とか、「日本を屈服させた」と書きまくるはずです
玩具を売って制作費を稼ぐビジネスモデルが成功し、商売繁盛となればそれはそれで結構な話なのでしょうが、アニメ自体に格別魅力があるとは思えません
さて日本市場でどれだけ「神魄」が大暴れするのか、生暖かい目線で眺めることにしましょう

(関連記事)
来年注目の中国アニメは「我的師父姜子牙」
中国 「夏はやっぱり抗日アニメ」
ちょっと驚く中国アニメ「岁城璃心-鬼蜮咒原篇」
「日本は国産アニメ保護のため外国作品を排除」と書く中国メディア
中国アクションアニメ「風雲決 ストームライダーズ」紹介
中国の怖くないゾンビアニメ「屍兄」
カンヌ映画祭参加の韓国アニメ「豚の王」 大コケ
アメリカの人気アニメ「ベン10」は実質韓国製ニダ
中国メディア 「中国アニメ界になぜ宮崎駿は生まれないのか」
中国アニメのいいわけ 「良質のシナリオさえ準備できれば」
中国が猛プッシュする劇場アニメ「昆塔」
中国の魔法少女アニメ「巴拉拉小魔仙」
「名探偵コナン」の人気を読み誤る中国メディア
日中韓共同制作アニメ「金玉鳳凰」は空中分解
中国アニメ産業、生産額1兆円の時代を迎える
「国家イメージまで創り上げた日本のアニメ」と報じる中国メディア
中国アニメ 美少女も結局日本風に
大和総研の「日中アニメ業界の比較研究」がひどい
中国メディアの陳腐な論評「日本アニメ、人気の秘密は民族文化」
中国では作れない春秋戦国時代アニメ「キングダム」
成功を焦る中国アニメ 世界的なヒット作はなく
中国のアニメ産業発展における3大問題
中日アニメ比較で見る国産アニメの発展 北京週報