宮崎駿の後継者を論じる中国メディア

鳴り物入りで登場したもののさっぱり注目されない新時代のメディア「ハフィントン・ポスト」ですが、あまりに憐れなのでそこから記事を1つ紹介します
中国の新聞「新京報」が、「次の宮崎駿になるのは誰か」という記事で日本のアニメ監督9名の名前を挙げていると紹介する内容の記事です

誰がふさわしい? 中国メディアが予想する「次の宮崎駿」

記事には高畑勲、大友克洋、細田守、庵野秀明、渡辺信一郎、湯浅政明、押井守、新海誠、宮崎吾郎の名が挙げられているのですが、なぜこの9名なのか不思議です
強いて推測すれば、「中国で名前の知られたアニメーション監督を列挙してみた」というところでしょうか?
スタジオジブリとの縁が強い監督もいれば、縁が薄い監督もいます
また、作風やアニメーションに対する考え方が必ずしもスタジオジブリのそれと合致しているとは思えない人物もいます
大友克洋などその代表でしょう。すでに大友節とも言える独自の作品世界を確立しているだけに、ジブリに入っていまさら宮崎駿風アニメを制作する可能性など考えられません
あるいは高齢の高畑勲を後継者に据えるなどありえないのであり、後継者問題はすなわち世代交代問題であると理解すべきでしょう
だとすれば、「コクリコ坂から」で前作の失敗を払拭した宮崎吾朗と、記事では名前が挙がってはいませんが、「借りぐらしのアリエッティ」で監督を務めた米林宏昌が有力候補と考えます
部外者である庵野秀明をジブリが招き入れるかは不明ですが、「風の谷のナウシカ」をリメイクして完全版を制作させるためなら起用もあり得るでしょう
上記の記事から宮崎駿の後継者問題に中国メディアが関心を示している事実は伝わってきますが、彼らが有用な情報を持ち併せていない事実も明らかであり、日本のアニメーション事情に通じているとは言い難いようです
中国メディアの中には日本のアニメーションについて自在に語れる人材はまだいない、と見て間違いありません

(関連記事)
宮崎駿をアジア主義と決めつける誤り
宮崎駿「風立ちぬ」批判を振り返る2
宮崎駿「風立ちぬ」批判を振り返る
スタジオジブリ解散騒動を考える
中国メディア 「宮﨑駿を語る8つのキーワード」
アメリカ人批評家(韓国系)が「風立ちぬ」を猛批判
「宮崎駿引退」を語りまくる岡田斗司夫
「風立ちぬ」を批判する韓国の大学教授
「風立ちぬ」を語り倒そうとする岡田斗司夫の怪説
「風立ちぬ」を褒める岡田斗司夫
中国メディア 「中国アニメ界になぜ宮崎駿は生まれないのか」
「日本の伝統と現代を融合させた宮崎駿」と誤解する中国メディア
宮崎駿監督 引退会見ライブ
宮崎駿引退と「仕事の流儀」
押井守監督「風立ちぬ」を語る
「風立ちぬ」の公開を悔しがる韓国
「風立ちぬ」への批判が続く韓国
「風立ちぬ」 宮崎駿の思想を論じる中国メディア
「宮崎駿こそ日本のジレンマと矛盾」と書く論評
黒澤明・宮崎駿対談映像
ディズニーと宮崎アニメ ヒロインから見た文化論
ジブリの新作は「コクリコ坂から」に決定
スタジオジブリの新作「コクリコ坂から」は7月16日公開
「紅の豚」 18年目にしてイタリアで初上映
ジブリの新作は「紅の豚」続編という噂で騒動に
ドキュメンタリー「ジブリ 創作のヒミツ」
「アリエッティ」韓国で公開 「ジブリのアニメ製作に学べ」
宮崎アニメに対する中国メディアの批評
「火垂るの墓」を語る
映画「火垂るの墓」 海外での反応
映画「火垂るの墓」を極右映画だとして上映中止にした韓国
「ナウシカ解読」
映画「耳をすませば」
スタジオジブリ 女性に監督は無理と語り批判浴びる(2016年)
https://05448081.at.webry.info/202003/article_10.html
新海誠監督作品「君の名は。」 興収100億円を突破


ジブリの哲学――変わるものと変わらないもの
岩波書店
鈴木 敏夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ジブリの哲学――変わるものと変わらないもの の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル