札幌女児誘拐事件を考える1 なぜついて行ったか?

札幌で1月27日午後から行方不明になっていた小学生の女子児童を誘拐した男が逮捕され、女子児童は無事保護されました
最悪の結果も予想されただけに、まずは無事であったことを喜びたいと思います
逮捕された男は、「事実と違う」と誘拐・監禁を否認しているのだそうです
詳細な状況が判明していない現時点で決めつけるのは尚早ですが、今回の事件はわいせつ行為を目的とした卑劣な犯行と見て間違いないでしょう

「ちょっと来て」駐車場で声かけ自宅に連れ込む

「見知らぬ人に声をかけられてもついて行ってはいけない」と、家庭でも学校でも指導しているところですがこの種の犯行はなくなりません
「ふらふらとついていく方が悪い」との意見を吐く方もいます
しかし、こどもたちの側に立って考えると、こうした批判が随分と筋違いであるのが分かります
小学生のこどもたちが身近に接する大人は両親や学校の先生など限られた範囲に限られており、見知らぬ大人から声をかけられた場合にどう対応してよいのか分からないという現実があります
上記のように、「見知らぬ人に声をかけられてもついて行ってはいけない」と教えたとしても、ならばどう対応すべきかこどもたち相手に具体的なシミュレーションを行なったりする機会はほとんどないのです
よりはっきりと、「見知らぬ人に声をかけられたら全力で逃げろ。殺されるぞ」と教えた方がよいのでしょう。「ついて行くな」とか、「自分の身は自分で守れ」などと抽象的に教えるよりは
こどもたちは危機的場面に直接遭遇する経験がないのですから、大人の男性から刃物を突きつけられ「一緒に来い」と脅された場合、抵抗するのは困難でしょう
今回、逮捕された男が女児にどのように声をかけたのか、報道では明かされていませんが、雪の積もった道端で大人の男性が前に立ちはだかり「ちょっと来て」と言われた場合、その威圧感から逃れるのは難しかったのではないかと推測されます
あるいは雪道で足元が危うい中、目の前の男から逃げ切れるとは思わなかったとも考えられます
こどもたちの心情、大人との体格差、状況などを無視して「ついていく方が悪い」と批判したところで何も解決はしないのです

(関連記事)
新潟少女監禁事件を考える1 犯人の異常行動
新潟少女監禁事件を考える2 警察の失態
新潟少女監禁事件を考える3 佐藤宣行の精神鑑定
カリフォルニア少女監禁事件 禁固431年の刑
性犯罪被害者へ18億円の保証金支払い
若い女性を監禁した「監禁王子」事件を考える1 懲役14年
「監禁王子」事件を考える2 戻るべき場所
消防士3人が強姦で逮捕
女児86人をレイプした小児科医 アメリカ
ベルギーの連続少女監禁事件の受刑者が釈放?
広島小6連れ去り事件 初公判
バッグに女児を詰み誘拐した小玉被告の裁判
女児誘拐殺人犯小林薫 死刑執行
倉敷女児行方不明事件 「自分好みに育てたかった」
倉敷女児行方不明事件 犯人を岡山で確保
倉敷女児行方不明事件 公開捜査も手がかりなし


新潟少女監禁事件 密室の3364日 (朝日文庫)
朝日新聞出版
松田 美智子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 新潟少女監禁事件 密室の3364日 (朝日文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル