元祖ブラック企業 ウォルマート

日本経済新聞の片隅に、アメリカの大手小売業者ウォルマートがワシントン州の定める最低賃金以下の時給で従業員を雇用しているため、従業員がストライキをするなど問題になっているとの記事が掲載されていました
残念ながらウェッブ上では確認できませんでしたので引用できないのですが、ウォルマートは全米各地で州の定める最低賃金以下の時給で従業員を雇っており、訴訟に発展するのも珍しくありません
黒人やヒスパニックなど、州の定める最低賃金で仕事にありつけない人たちを、それ以下の賃金で雇って働かせるのがウォルマートのやり方です
以下は2012年5月のダウ・ジョーンズの配信記事です


米小売りチェーン大手ウォルマート・ストアーズ(NYSE:WMT)は1日、4500人以上の従業員の残業代の支払いを同社が怠ったと労働省が判断したことを受け、民事懲罰金46万4000ドルのほか、未払い賃金と損害賠償として従業員に480万ドルを支払うことに合意した
この罰金は、ウォルマートが2008年に、従業員に対して適切な休憩や食事時間を提供しなかった疑いで米国全体の訴訟63件で和解するため支払った3億5200万ドルと比べれば微々たるものだが、この和解は従業員の扱いを巡るウォルマートへの苦情が長引いていることを浮き彫りにしている。
今回の和解では、労働省はウォルマートに雇用された従業員、サムズ・クラブの警備員、あるいは店舗の視力部門のマネージャーらが04〜07年に、米公正労働基準法(FLSA)の残業をめぐる規定から免除されると過って分類されたことで、残業代の支払いを拒否されていたことを突きとめた


ちなみにウォルマートの最高経営者は年俸が21億円なのだとか
また、ウォルマートは労働組合の結成を認めない会社としても有名であり、組合を結成しようとした従業員をあの手この手で解雇し、訴訟に至るのもしばしばです
2012年時点でのアメリカの低賃金労働者の雇用数ランキング、というのがありますので、紹介しておきます。小売業、外食産業が上位を占めています
1、ウォルマート
2、ヤムブランド:タコベル、ピザハット、KFC
3、マクドナルド
4、ターゲット
5、シアーズ
6、バーガーキング
7、スターバックス
8、ダインエクイティ:アップルビー、IHOP
9、メイシーズ
10、ウェンディーズ
11、ダーデン・レストラン:オリーブガーデン、ロングホーン、レッドロブスター
12、JCペニー

さて、アメリカのオバマ大統領は経済振興策の1つとして、大手企業に最低賃金を引き上げるよう働きかけているのですが、対応は企業によってまちまちです
アメリカでは連邦が定める最低賃金と、各州が独自に定める最低賃金の2本建てになっています。最低賃金を引き上げると企業が他州へ移転してしまう可能性があるため、引き上げをためらうケースもあるようです
オバマ大統領の地元であるシカゴはかつての反映の面影も薄れ、不況にあえいでおり、ウォルマートの時給は8ドル少々なのだそうです(上記のワシントン州では最低賃金が時給12ドルに引き上げられていますが、ウォルマートでは時給11ドル)

(関連記事)
電通過労自殺事件で社長が辞任
電通女性新人社員、100時間残業で自殺の波紋
ブラックバイト 「しゃぶしゃぶ温野菜」を刑事・民事で告訴
ブラック企業「たかの友梨ビューティクリニック」の実態
ブラック企業名を非公開 擁護する国の姿勢
ワタミの居酒屋で店員がトイレを盗撮・逮捕
ワタミ過労自殺裁判はどうなったのか?
「ワタミ」赤字転落 ブラック企業ビジネスの限界
ワタミ過労死事件 「責任はないけど金は払う」態度
ワタミ渡辺会長 遺族に「1億円ほしいのか」と言い放つ
企業研修という名の異常行動が横行
ワタミ会長 ブラック企業呼ばわりに反論
ワタミ過労自殺 いまだ会社側は説明せず
居酒屋「和民」 労働時間管理はでたらめと発覚
ワタミ社員過労で自殺 会長は無責任な言い逃れ
ワタミ会長への批判 社員自殺事件
社訓を暗唱できない者はクビ、という会社
採用内定辞退を強要 「くら寿司」のブラック度
くら寿司アルバイト 動画で炎上騒動
「餃子の王将」 スパルタ研修で批判される
牛丼値下げ合戦 その報道
ワタミ、ゼンショーの給与下落はアベノミクス失敗のせい?
マンション杭データ偽装事件 危機意識の欠如


ブラック企業ビジネス (朝日新書)
朝日新聞出版
2013-11-13
今野晴貴

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ブラック企業ビジネス (朝日新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル