都議会セクハラ野次 不問のまま閉幕

東京都議会で「早く結婚しろ」などの野次が問題視された件で、自民党所属の鈴木章浩議員が自分の発言であると認めた件は先に取り上げたところです
しかし、他の野次を飛ばした議員は特定されないまま、都議会は「一部議員から女性議員に対し、人権侵害と言われかねない不規則発言が発せられ、都民の信頼を損ねた。今回の事態を真摯に受け止め、二度とこのようなことが起こらないよう、都議会の信頼回復及び再発防止に努めるべく、決意する」との信頼回復決議という不可解な自民党案を賛成多数で可決し、この件に幕引きを図りました
結果、塩村議員に対するセクハラ発言は不問とされ、都議会としてはこれ以上追及しないとの姿勢を固めたものです
野次を認めた鈴木議員に対する懲罰も議論されないままです
一刻も早く終わったことにしたい自民党の意向のまま、議会が動いた格好ですが、これでよかったのでしょうか?
自民党が他のセクハラ発言をした議員を特定する気がないのは明らかで、これでは議会の自浄作用などないも同然です
みんなの党は声紋鑑定を行い発言者を特定する構えですが、それで発言者が特定されても都議会は取り上げない姿勢です
ならば都民ならびに国民は声を上げ、自民党都議会団の横暴を追及し、責任を問うのが民主主義でしょう。有権者は決して議会の横暴を許してはなりません
塩村議員に関してはテレビのバラエティ番組「恋のから騒ぎ」での発言を問題視し、批判する向きもあるのですが、だからと言って都議会の場での露骨な野次が許されるべきではなく、発言者の責任を問うべきでしょう
一部ではセクハラ発言をしたのが自民党都議会のベテラン議員と中堅議員の2名であると、取り沙汰されれいます
この2名はまんまと逃げおおせた形になるわけで、卑劣にもほどがあります

(関連記事)
都議会セクハラ野次 録音されていた発言の数々
都議会セクハラ野次 5日目に名乗りでた犯人
都議会セクハラ野次 自民党の迷走
都議会セクハラ野次 「産めないのか」
柔道金メダリスト内柴正人 セクハラで大学を懲戒解雇
立命館大でセクハラ 准教授ら相次いで処分
早稲田大教授、セクハラでクビ
セクハラおやじ
号泣県議 野々村竜太郎に執行猶予付き有罪判決
号泣野村元県議 身柄を拘置されて初公判
号泣野々村元県議 初公判をすっぽかす
号泣会見県議の疑惑続々
デタラメ出張で号泣記者会見 野々村兵庫県会議員
大阪市公募校長パワハラで更迭
政界失楽園 中川郁子政務官路上キス事件
秋篠宮夫妻を国会で怒鳴りつけた民主党中井議員
さくらパパ 横峯議員が賭けゴルフ報道裁判で敗訴
さくらパパ 横峯議員強制起訴の可能性
さくらパパ 横峯議員は政治資金でゴルフ観戦
参議院出馬の谷亮子 父親に逮捕歴あり
鴻池内閣官房副長官が女性問題で辞任
韓国人エロ牧師 セクハラで賠償命令
滋賀学園に「1回戦負けしろ」発言の吉田県議に非難殺到
「甲子園で負けろ」発言の県議 謝罪


壊れる男たち―セクハラはなぜ繰り返されるのか (岩波新書)
岩波書店
金子 雅臣

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 壊れる男たち―セクハラはなぜ繰り返されるのか (岩波新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル