佐世保高1女子殺害を考える3 「命の教育」とは

佐世保市で高校1年の女子生徒が同級生に殺害された事件を連日取り上げていますが、今回は2004年に起きた小学6年生による同級生殺害事件から10年に渡って続けられてきた「命の教育」に言及します
今回の事件が学校関係者や児童の健全育成に取り組んできた自治体関係者に大きな衝撃を与え、「命の教育」が果たして有効だったのかとの問いを突きつけられたように感じていると、読売新聞が記事にしています


「命の教育」の十年は何だった?高1殺害で波紋
高校1年の同級生を殺害したとして、長崎県佐世保市の少女(16)が逮捕された事件は、2004年に同市で起きた小6女児殺害事件を機に、命の教育を実践したり見守り活動を行ったりしてきた人たちにも、重い課題を突きつけた。「自分たちの取り組みは正しかったのか」と悩みながら、子供たちの命を守るための方法を模索している。
04年に事件が起きた大久保小で、子供たちの見守り活動を続けている民生委員、一山信幸さん(74)は今回の事件に「まさかと思った。市を挙げて子供たちに命の大切さを伝えてきて、少しは心に響いていると思っていたが……」と話す。そして「逮捕された少女が住む地域の住民も、同じような悩みを抱いたのではないか」とため息をついた。
(中略)
04年の事件後、校長として4年間、大久保小で勤務した三島智彰さん(60)は、今回の事件に「非常に悔しい」と唇をかんだ。
同小赴任後、命の大切さを訴え、児童らが孤立しないよう、家族や学校、地域住民との連携を重視した取り組みに奔走した。来月22、23日にはPTAの大会で、事件後の学校の取り組みについて紹介する予定だった。
「今回の事件は真摯(しんし)に受け止めなければならず、大会でも触れざるを得ない」と表情を曇らせたが、「地域ぐるみで子供の居場所をつくるという狙いは間違いだったとは思わない」。
(読売新聞の記事より引用)


「命の教育」の取り組みを今回の事件だけで全否定するのは早計ですし、あまりに短絡的でしょう
佐世保市で未成年者による猟奇的な殺人事件の発生を約10年間抑止してきた事実を考慮すれば、「命の教育」に効果があったと言えます
ただし、「命の教育」は万能ではありませんから、それだけで自殺やいじめ、殺人などなど防ぎきれるものではありません
不足していたのは多数の児童・生徒に働きかける「命の教育」ではなく、個別的な関わりや働きかけでしょう
事件を起こした少女については当初、成績優秀でスポーツもこなす優等生と紹介されていましたが、その後は小学校の給食時に特定児童の食事に漂白剤を混入させるといった問題行動があったと報道され、教育現場では「要指導」の問題を抱えた生徒であると判明しています
担任の教師や学校カウンセラーがこの少女とどのように関わり、何を理解し、何を理解していなかったのかは不明です
少なくとも関わる機会があったのですから、少女の内に抱える問題を読み取る可能性はあったわけです。その機会がありながら、読み取れなかったのでしょうか?
担任の教師や学校カウンセラーを責めるつもりはありませんが、そこいらはきちんと検証すべきでしょう(学校関係者を傷つけないため、踏み込んだ検証はしないというのでは何の進展もありません)
付け加えて指摘すると、「命の大切さ」と少女が抱えていた思春期の嵐は異なる次元の問題であり、いかに「命の大切さ」を説いたところで少女の「人を殺してみたい」衝動を防ぐのは無理です。「人を殺してみたい」衝動は無意識の領域から発するものであり、「命の大切さ」は意識の領域に働きかけるものだから、です

(関連記事)
佐世保高1女子殺害事件を考える15 「責任を感じる」
https://05448081.at.webry.info/202007/article_26.html
佐世保高1女子殺害事件を考える14 謝罪の手紙
佐世保高1女子殺害事件を考える13 審判結果の是非
佐世保高1女子殺害事件を考える12 医療少年院送致
佐世保高1女子殺害事件を考える11 有識者の見解
佐世保高1女子殺害事件を考える10 家裁の判断は?
佐世保高1女子殺害事件を考える9 児童相談所長ら懲戒処分
佐世保高1女子殺害事件を考える8 再逮捕の狙い
佐世保高1女子殺害事件を考える7 父親の自殺
佐世保高1女子殺害事件を考える6 精神鑑定
佐世保高1女子殺害事件を考える5 父親の再婚
佐世保高1女子殺害事件を考える4 サインを見逃す
佐世保高1女子殺害事件を考える2 快楽殺人説
佐世保高1女子殺害事件を考える1 マンションに独り暮し
佐世保小6殺人から10年を問うノンフィクション
小学六年生女子児童による殺人事件
小学六年生女子児童による殺人事件 2
小学六年生女子児童による殺人事件 3
小学六年生女子児童による殺人事件 4
小学六年生女子児童による殺人事件 5
小学六年生女子児童による殺人事件 6
小学六年女子児童による殺人 7
佐世保小6殺害事件 事件の意味を読む
佐世保小6殺害 事件報告書を人権侵害だと申し立て
佐世保の小6女児殺害発生から8年 「マナーで人の心、優しく」
「14歳のエヴァは終っていない」 酒鬼薔薇聖斗のエヴァンゲリオン
名古屋大女学生殺人を考える1 殺人願望
名古屋大女学生殺人を考える2 有識者のコメント
名古屋大女学生殺人を考える3 放火にタリウム
名古屋大女学生殺人を考える4 大内万里亜容疑者
名古屋大女学生殺人を考える5 ようやく刑事裁判へ
名古屋大女学生殺人を考える6 初公判で無罪を主張

少年犯罪と向きあう (岩波新書)
岩波書店
石井 小夜子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 少年犯罪と向きあう (岩波新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル