大コケした統一教会制作の朝鮮戦争映画「仁川(インチョン)」

以前、映画史上最も大コケした映画として劇場版「ファイナルファンタジー」を紹介しました。「ファイナルファンタジー」よりも前に大コケ映画として語られていたのが、マイケル・チノミ監督の「天国の門」と統一教会が制作した映画「仁川(インチョン)」です
今回は朝鮮戦争を舞台にした映画「インチョン」を紹介します
かつてこの映画はビデオ化もさせず、DVDも発売されていないため視聴が難しい幻の作品だったのですが、現在はYouTubeで全篇が視聴可能となっています
制作費約130億円と5年の歳月をかけて制作された「インチョン」は、1982年に公開された映画であり、朝鮮戦争における仁川(インチョン)上陸作戦にタイトルは由来しています
007シリーズで有名なテレンス・ヤングが監督し、ローレンス・オリヴィエ、ジャクリーン・ビセット、三船敏郎といった大物スターが共演していますが内容はグダグダで、興行収入は世界全体で20億円少々にとどまりました。実に110億円もの赤字を生んだわけです
映画は元々上映時間3時間という超大作だったのですが、一般公開では編集して短縮した140分のバージョンが提供されています。このため、映画の展開が余計に理解不能となり、観客に受け入れられなかったとも言われます


1982 Inchon! 1/14


以下、続きはYouTubeで御覧ください
当然、統一教会はこれを韓国国内向けに作ったのではなく、世界各国で上映して北朝鮮批判を煽る狙いがあったのでしょう
しかし、政治宣伝映画としても成功せず、無駄な投資に終わりました
外国人を主役にし、外国人目線で朝鮮戦争を描くという試みが妥当であったのかどうか、疑わしくさえ思います
朝鮮戦争を部隊にした映画としては、1970年に公開されたアメリカ映画「M★A★S★H マッシュ」の方が遥かにインパクトがあり、そのブラックなジョークが戦争の狂気を如実に反映していたように思います
アメリカ人目線から見た朝鮮戦争なので、当然、現地の事情などすっぱりと無視し、やりたい放題なのですが、それがかえってアメリカの傲慢な姿勢を如実に反映していました


MASH (1970) Movie Trailer


(関連記事)
日本人暗殺を描く韓流映画「暗殺」 7月に東京で公開
韓国映画「マイウェイ」大コケ
対日勝利を描いた映画「鳴梁」が韓国で大ヒット
BoAのハリウッド進出映画 3年で完成、公開
日本を核攻撃する韓国映画「ムクゲの花が咲きました」
2007年の最低映画 韓国の「D-WARS ディー・ウォーズ」
韓国が勝手に映画化した「北斗の拳」実写版
韓国のパクリ映画「リザレクション」
日本アニメ原作の映画「Blood:The Last Vampire」世界でコケまくる
韓国映画「シュリ」大成功の光と影
「東洲斎写楽は韓国人ニダ」説の映画化
史上もっとも大コケした映画「ファイナルファンタジー」


朝鮮戦争―金日成とマッカーサーの陰謀 (文春文庫)
文藝春秋
萩原 遼

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 朝鮮戦争―金日成とマッカーサーの陰謀 (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル