「82円豪華おせち」騒動 ヤフー・ショッピング

北海道夕張市の業者の業者がヤフーのショッピングサイトにタイムセールとして、三段重ねのおせちを82円で売り出すと告知したものの、数量制限の表示がなかったことから注文をキャンセルする騒ぎになったと、J-CASTニュースが報じています
これだけなら単なる店側の表示ミスで済むところですが、この夕張市の業者は以前、楽天の優勝セールでシュークリームを「77%OFF」と表示しながら実際には定価で販売して騒ぎになった過去があり、どうにも胡散臭い話です

「82円おせち」業者の都合でキャンセル 設定間違いと釈明するが、「前科」も判明

この業者は「お取り寄せグルメ産直食卓」とか、「おもてなしグルメ」、「夕張産直センター」などと幾つもの名称を使い分け、商売をしているようです。すでにヤフーや楽天の店は閉鎖したようですが、また別の名前で商売を始めるのでしょう
このおせちを注文し、クレジットカード払いを選択した客には返金を約束しているそうですが、実際に返金されるまでは安心できません
なお、昨年の楽天優勝セールでの二重価格問題ですが、楽天の社員18人が出店者側に二重価格表示を持ちかけたと社内調査の結果を明らかにしています
しかし、楽天側は「(会社としての)組織的な関与はなかった」と断定し、18人の社員がそれぞれ個人の思惑によって出店業者に働きかけをしたものと説明しています。驚くべきことに楽天は18人の社員は責任を問わない方針で、代わりに執行役員の監督責任を認め、報酬カットをしています
出店業者の問題も大きいのですが、インターネットでのショッピングモールを運営する企業のモラルにも疑問が湧きます
今年もまたグルーポンのスカスカおせち騒動のようなトラブルが繰り返されるのかもしれません

(関連記事)
通販の2万円豪華おせち料理 腐っていたと苦情殺到
腐ったおせち販売のバードカフェ 社長が引責辞任
まだ続く、腐ったおせち料理販売騒動
腐ったおせち騒動4 批判するネットユーザーにホリエモンが激怒
腐ったおせち騒動5 食材偽装の疑いも浮上
腐ったおせち騒動6 商売人の矜持を問う
グルーポンの2万円おせち 2203円で作れた?
あのグルーポンが中国へ進出
グルーポンおせち騒動 高級食材はニセ物だったと判明
グルーポンの腐ったおせちがフィギアになった
イオン偽装米販売事件 週刊文春記事を裁判所が認める判決
イオンVS週刊文春 中国米偽装で訴訟
食材偽装 リッツ・カールトンでも発覚
楽天77%オフ優勝セールで不当表示