大韓航空機騒動 副社長に出頭要請も拒絶

アメリカから韓国へ向かう予定の大韓航空機の中で、キャビンクルーのサービスを「マニュアル違反」だと激高し、離陸寸前の機を引き返させてキャビンクルーの責任者を機内から降ろさせたという大韓航空副社長の行動が問題視され、大事件並みの扱いになっています
この副社長は大韓航空グループのオーナーの長女であり、権威を振りかざして独断専行する人物だったようですが、騒動後の態度にも反省の色は見られず批判を浴びています


韓国の航空会社、大韓航空の機内で、同社の趙顕娥(チョ・ヒョンア)副社長が客室乗務員のサービスに不満を抱き、離陸直前の旅客機を滑走路から引き返させ、客室サービスの責任者を機内から降ろしていた問題で、韓国国土交通省は11日、趙副社長に対し事情聴取のため出頭するよう伝えた。
同省では、12日午前10時に出頭するよう求めたが、韓国メディアによると、大韓航空側は「12日の出頭は困難ではあるが、聴取には誠実に応じる」と回答してきたという。
航空法によると、客室乗務員への指揮・監督権は機長にあり、国土交通省では、趙氏の行為が同法に違反していたかどうかを調べるという。
趙副社長は、大韓航空を傘下にする韓進グループの会長の長女。問題の責任をとり、10日に辞表を提出した。株主総会で取締役からも退く見通しだ。
趙副社長は5日未明、米ニューヨークのケネディ空港から韓国・仁川空港に向かう機内のファーストクラスで、客室乗務員がナッツを袋に入ったまま提供しようとしたことに激怒。責任者の男性パーサーを呼びつけた。
パーサーは、タブレット端末で接客マニュアルを確認しようとしたが、その操作に手間取ったことでさらなる怒りを誘引。趙副社長はパーサーを大声で叱責し、機内から降りるよう命じた。滑走路に移動していた旅客機は、搭乗口に戻り、担当責任者を降ろして遅れて離陸した。
問題をめぐって韓国国内では「客をさしおいて、越権行為ではないか」と批判が噴出。乗客の前でののしられた乗務員や、旅客機から降ろされた責任者への同情論も出ている。
(産経新聞の記事より引用)


指摘するまでもなく、キャビンクルーのサービスに問題があるなら、韓国に戻ってからその責任を問えばよいのであり、離陸寸前の機内で喚き散らす必要などありません。ましてや責任者を機外へ放り出すなど、八つ当たりと言うほかない行動です。副社長という立場にある者が、乗客に迷惑をかけているとの自覚を欠いているのですから、批判されて当然でしょう
さらに監督官庁からの呼び出しにも応じないという態度はいただけません
おそらくは大韓航空側が大臣らに働きかけ、副社長を航空法違反で処罰しないよう裏工作をする時間が必要だったのでしょう
韓国では財閥企業の経営者一族は特権階級扱いで、さまざまな犯罪の嫌疑があっても有耶無耶にされるのが常です。もちろん、財閥企業側から政治家や官僚に金が渡っているのですが
今回の騒動も、「すでに役職を辞任し、社会的な責任をとっているから」との理由で不問にされるものと推測されます

(関連記事)
大韓航空「ナッツ・リターン」事件 副社長に懲役1年判決
韓国仁川国際空港の没落 利用客離れ
アシアナ機事故 韓国はパイロット過失説を必死に否定
航空機事故「死者が中国人で幸い」と報道した韓国メディア
飛行機内で泥酔、暴行で懲役20年?
韓国フェリー事故 船長が真っ先に逃げる
韓国フェリー事故 477人の安否混乱
「韓国の野球選手、安田財閥令嬢と婚約」と報じた韓国メディア
韓国車を買わない日本 「島国だから」と説明する大学教授
「韓流で稼ぎまくる韓国」と報じる日本のメディア
「文明開化に失敗した李氏朝鮮」を認めない韓国史観


韓国財閥の興亡―癒着と相克のドラマ
時事通信社
池 東旭

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 韓国財閥の興亡―癒着と相克のドラマ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル