佐世保高1女子殺害事件を考える9 児童相談所長ら懲戒処分

職務怠慢と言うほかない事案なのですが、佐世保市での女子高生殺害事件にからみ、犯人である女生徒を診察した精神科医が「人を殺しかねない」と児童相談所に通報したにも関わらず、児童相談所の課長が「放っとけ」と取り合わず事件発生まで何の動きもしなかったという事実があります
長崎県はようやくこの児童相談所の担当者の処分を決定しました(事件が発生したのは昨年7月です。この半年間、何をしていたのでしょうか?)


長崎県佐世保市の高1女子生徒殺害事件で、家裁送致された少女(16)への対応が不適切だったなどとして、同県は16日、県佐世保こども・女性・障害者支援センター(児童相談所)の所長(57)と幹部職員(52)を戒告の懲戒処分、別の職員(50)を文書訓告処分とした。
県によると、同センターは事件の約1か月半前、少女を診察していた精神科医から「人を殺しかねない」などと相談を受けながら、少女の支援につながる会議などを開かず、文書決裁にとどめていた。こうした対応について、県は「相談機関としての役割を十分果たさなかった」と判断した。
さらに幹部職員については、パワーハラスメント(職権による人権侵害)発言を職場で繰り返していたことから、県は「精神科医からの相談を受けた職員が、(上司である)幹部職員へ相談を求めることができなかった」などと、対応に影響を及ぼしたと結論付けた。
精神科医からの相談を受けた職員も、対応に不備があったとして訓告とした。
(読売新聞の記事から引用)


この処分も前例踏襲で、過去の処分案件を参照した上決定されたのでしょうか?
人命に関わる重大なミス(職務怠慢)でありながら、戒告で済ませるという長崎県の感覚が理解できません。停職処分でもおかしくないと思うのですが
特に課長相当の職にあった人物はパワーハラスメントで職員を萎縮させ、円滑な職務の遂行を妨げる原因を作っていたのですから、戒告で済ませるのは疑問です
別の報道によれば所長とこの幹部職員とも更迭が決まっているのだとか
2人とも別の部署へ異動となるのでしょうが、何とも釈然としない結果です
結局のところ事案の重大さなど無視され、過去の懲戒処分案件に準じるという公務員側の理屈で処理されてしまったわけです
県議会では県側の対応を厳しく追及すべきでしょう
なおこの事件に関しては長崎県が有識者検討会を設置し、ケース対応の問題点を洗い直しています。最終報告はまだ出されていませんが、児童相談所の対応に関しては「児童福祉法への理解が足りず、通報してきた精神科医に対し『要保護児童』に該当する事案に関しては医師が守秘義務違反に問われることないと説明し、女生徒に関する個人情報の提供を求めるべきだった」と、対応の不備を指摘しています
殺人事件に至ってしまった後では何とも虚しい限りですが、これで佐世保市の児童相談所は機能を取り戻すのでしょうか?
佐世保市の小学校で6年生の女子児童が同級生の首をカッターナイフで切りつけ、失血死させる事件が過去に発生しているのに、児童相談所職員がこの体たらくでは呆れるばかりです

(関連記事)
佐世保高1女子殺害事件を考える15 「責任を感じる」
https://05448081.at.webry.info/202007/article_26.html
佐世保高1女子殺害事件を考える14 謝罪の手紙
佐世保高1女子殺害事件を考える13 審判結果の是非
佐世保高1女子殺害事件を考える12 医療少年院送致
佐世保高1女子殺害事件を考える11 有識者の見解
佐世保高1女子殺害事件を考える10 家裁の判断は?
佐世保高1女子殺害事件を考える8 再逮捕の狙い
佐世保高1女子殺害事件を考える7 父親の自殺
佐世保高1女子殺害事件を考える6 精神鑑定
佐世保高1女子殺害事件を考える5 父親の再婚
佐世保高1女子殺害事件を考える4 サインを見逃す
佐世保高1女子殺害を考える3 「命の教育」とは
佐世保高1女子殺害事件を考える2 快楽殺人説
佐世保高1女子殺害事件を考える1 マンションに独り暮し
佐世保小6殺人から10年を問うノンフィクション
小学六年生女子児童による殺人事件
小学六年生女子児童による殺人事件 2
小学六年生女子児童による殺人事件 3
小学六年生女子児童による殺人事件 4
小学六年生女子児童による殺人事件 5
小学六年生女子児童による殺人事件 6
小学六年女子児童による殺人 7
佐世保小6殺害事件 事件の意味を読む
佐世保小6殺害 事件報告書を人権侵害だと申し立て
佐世保の小6女児殺害発生から8年 「マナーで人の心、優しく」
「14歳のエヴァは終っていない」 酒鬼薔薇聖斗のエヴァンゲリオン
精神鑑定
名古屋大女学生殺人を考える1 殺人願望
名古屋大女学生殺人を考える2 有識者のコメント
名古屋大女学生殺人を考える3 放火にタリウム
名古屋大女学生殺人を考える4 大内万里亜容疑者
名古屋大女学生殺人を考える5 ようやく刑事裁判へ
名古屋大女学生殺人を考える6 初公判で無罪を主張
名古屋大女学生殺人を考える8 無期懲役判決