教科書検定を批判する東京新聞の社説

日本が学校の教科書に竹島や尖閣諸島を「日本の領土」だと明記するのを批判している東京新聞の社説を取り上げ、紹介します
そもそも何をもってこの教科書を批判し、否定しようと企図しているのか、東京新聞の魂胆が理解できません
「竹島や尖閣諸島は日本の領土ではない」と東京新聞は言いたいのでしょうか?
以下、引用した社説の中では「(教科書の記述の中に竹島や尖閣諸島を自国の領土だとする)中国や韓国の主張がない」と指摘しているのですが、中国や韓国の教科書には日本側の言い分が正しく掲載されているのでしょうか?
そのような事実はありません


来春から中学校で使われる社会科教科書は、日本の領土に関する記述が豊富になる。安倍政権の意向が反映された形だ。中身をうのみにさせるのではなく、なぜなのかを考えさせる授業が大切だ。
文部科学省は一年前、社会科教科書の検定基準を見直した。例えば、近現代史では政府の統一見解や最高裁の判例があれば、それに基づいて記述するとした。
教科書作りの指針となる中学校と高校の学習指導要領の解説書も改めた。地理や歴史、公民の分野で、北方領土のみならず、竹島と尖閣諸島を「固有の領土」などと明記するよう求めた。
日本を悪者扱いばかりする。国益を損ないかねない。そうした偏った見方を排し、愛国心を養うといった教育基本法の目標にかなう教科書にそろえる狙いからだ。
合格しないと日の目を見ないから教科書会社は従うほかない。竹島と尖閣諸島の領有権を取り上げたのは三分野の全十八点に上り、日本編入の経緯も記された。
バランスの取れた教科書に仕上がったといえるのだろうか。教科書会社の考え方によって扱い方の大小に差が出るのは当然としても、気がかりなのは中身だ。
日本の立場については、竹島は「韓国が不法占拠している」、尖閣諸島は「領有権の問題は存在していない」などと横並びの表現をしている。外務省のホームページを参照したケースも多いという。
ところが、韓国や中国の主張も、対立の歴史的背景も見当たらない。これでは子どもたちに政府見解ばかりが刷り込まれ、敵対心をあおりかねない。なぜ問題になっているのかという素朴な疑問を素通りしては教育とはいえまい。
竹島について韓国は「朝鮮の古い文献や地図に載っている」、中国は尖閣諸島をめぐり「日本が日清戦争を通じてかすめ取った」などと反論している。先生は授業で取り上げ、子どもたちと共に調べ、議論する工夫が欠かせない。
歴史では、新規参入の教科書会社が初めて一九九三年の河野談話を載せた。自虐史観批判を受けて、十年前に教科書から消えた慰安婦問題が再び登場した。
無論、軍や官憲による強制連行を示す資料は発見されていないとする政府見解も、併せて紹介している。検定の決まりを守れば、題材選びは自由と心得たい。
重要なのは、子どもたちに正確な素材を多く与え、考える機会をつくり出すことだ。大人の萎縮は教育の放棄につながりかねない。


東京新聞はおそらく「日本は中国や韓国に謝罪し、その言い分をすべて受け入れるべきだ。竹島や尖閣諸島の領有権など主張すべきではない」との考えなのでしょう
そうした変態的な歴史認識に浸って自己満足するのは勝手ですが、多くの日本国民はそんな歴史認識を持ちあわせてなどいません
日本が自国の領土について主張し、その見解を教科書に反映させて何が悪いのかと呆れてしまいます
おそらくはかつて「歴史教科書」が政治問題化した事案の再来を期待し、中国や韓国の激しい反発の前に日本政府がこれを撤回する事態を東京新聞は望んでいるとしか思えないのです
日本は堂々と竹島の領有権を主張し、韓国の違法な占拠を批判して何の不都合があると言うのでしょうか?

(関連記事)
教科書に竹島、尖閣を「領土」と明記
有田芳生批判の「日之丸街宣女子」がベストセラーに
韓国人歌手 羽田で入国拒否され激怒
竹島での観光施設建設を取りやめた韓国政府
島根地裁 韓国人の竹島訴訟を門前払い
NHK動画をパクって竹島領有権を宣伝する韓国
「竹島の日」に韓国が抗議
韓国大統領「竹島訪問日本が右傾化したから」発言
「竹島の日」見送りは誤ったメッセージの発信
週刊朝日「日本の領土主張こそが問題だ」と日本を批判
竹島問題 韓国メディアの稚拙な主張
韓国大統領の竹島訪問 日本はあらゆる対抗措置を
韓国メディア「韓日関係悪化は日本のせい」としか書けない論説
日本の制韓論を警戒する韓国
ウォン高に揺れる韓国 日本への恨み節
「日本の鎖国主義を罰せよ」と書く韓国メディア
新大久保韓流タウンの衰退を嘆く韓国メディア
韓国メディアの安倍首相叩きとその屁理屈
韓国新大統領「被害者と加害者」を強調 反日路線継承


歴史教科書 何が問題か -徹底検証Q&A-
岩波書店

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 歴史教科書 何が問題か -徹底検証Q&A- の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル