日本が月面探査に乗り出す

日本が月面探査機を打ち上げる可能性が出てきました。宇宙航空研究開発機構(JAXA)はイプシロン・ロケットを利用して無人探査機を2018年度に打ち上げる計画です
以下、J-CASTニュースの記事を引用します


宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、日本初の月面着陸を目指す無人の小型機を2018年度に打ち上げる計画を進めているという。月面の環境や資源を利用できるか調査する構え。政府の宇宙政策委員会が正式決定すれば、文部科学省が関連費用を16年度予算の概算要求に盛り込む見通しだ。日本経済新聞などが伝えている。
計画案では、月面探査機「SLIM(スリム)」を小型ロケット「イプシロン」で打ち上げる。無人機の月面着陸は旧ソ連、アメリカ、中国が達成しているが、目標地点に対し数キロの誤差があった。スリムは誤差を100メートルまで縮め、ピンポイントで目標地点に軟着陸する技術を実証する。
07年に打ち上げた月周回衛星「かぐや」が月面に縦穴を見つけており、スリムはこの中への着陸も目指す。縦穴は月内部を探る手がかりでもあり、将来の有人探査の際には基地になる可能性もあるという。
05年には小惑星探査機「はやぶさ」が小惑星イトカワに着陸したが、重力は小さかった。月のような比較的重力の大きい天体への着陸は初めてとなる。将来の火星探査も見据え、技術の蓄積につなげる。


さて、このニュースに衝撃を受けているのはお隣の韓国でしょう
韓国は前任の李明博大統領の計画で2022年に月面探査機を打ち上げる、とブチ上げていました。朴大統領はこれを前倒しし、2020年に実現させると発表しています
ところが月面探査に乗り出す素振りのなかった日本が、ここにきて2018年に実行するとなれば韓国の計画は霞んでしまいます(どちらの国が先に実現するさせるか、を日本人はあまり気にしませんが、韓国人はプライドを傷つけられる思いでしょう)
探査機を打ち上げるためのロケットを開発中の韓国に比べ、日本はすでに月を周回する探査機「かぐや」を成功させた実績があり、その技術力の差は歴然としています
韓国のロケット開発計画については前にも当ブログで紹介したところです。技術不足、予算不足、経験不足と制約だらけなのですが、それでも「やればできる」と開発担当者は豪語しています(そう発言しないと韓国では無能呼ばわりされるからなのでしょう)
関心のある方は中央日報の記事を参照願います


韓国の「2020年月探査」 実現可能性めぐり論争


さて、隣国が何を思うかに関わらず、日本は粛々と計画を進めてもらいたいものです。韓国側の反応は後日、取り上げます

(関連記事)
インドの月探査機 着陸失敗、月面で大破
日本の有人月面着陸計画
迷走する韓国の宇宙計画
中国の無人月探査機 着陸に成功
韓国 月面探査が2030年以降へ大幅遅延
月探査機「かぐや」 全長50キロの空洞発見
韓国「偵察衛星が必要ニダ」といまさら騒ぐ
ロケット開発焦る韓国 トラブル続出で打上げを10ケ月先送り
韓国大統領訪米も成果なく手ぶらで帰国
日本の月面探査計画に怒る韓国
2020年に月面着陸を目指す韓国
韓国の2016年月面探査計画
日本に負けない韓国の宇宙開発?
月周回衛星「かぐや」の映像
科学の意義 衛星「かぐや」
日本の月面探査ロボット 走行試験
朝日新聞 情報収集衛星を役立たずと批判
日本の情報収集衛星を羨む韓国軍
韓国のレーダー偵察衛星 8月22日に打ち上げ
日本の偵察衛星打ち上げに神経を尖らせる韓国
情報収集衛星レーダー3号機打ち上げ 韓国メディアの反応
日本の情報収集衛星を敵視する中国
韓国のロケット、3度目の挑戦で打ち上げ成功
北朝鮮のロケット技術に嫉妬丸出しの韓国
ロケット打ち上げに執念を燃やす韓国
韓国テレビ H2Aロケットから日の丸を削除し放映
韓国衛星「アリラン3号」成功後の韓国の反応
水循環変動観測衛星「しずく」の打ち上げ成功
韓国 ロケット打ち上げ失敗
中国がロケット打ち上げに失敗 残骸が村に落下
気象衛星打ち上げで日本の鼻を折ったと書く韓国メディア
「あかつき」金星周回軌道投入成功 韓国の反応
金星探査機「あかつき」を羨む韓国
予測か妄想か? 20年後の韓国は火星を目指す
ロシア宇宙船プログレス制御不能で地球落下の危機
国際宇宙ステーションへ 「こうのとり」5号来月打ち上げ
こうのとり5号打ち上げ成功 韓国の反応
欧露合同の火星探査機着地に失敗