マツタケ輸入で朝鮮総連を強制捜査

北朝鮮産のマツタケを中国産と偽装して輸入したとして、朝鮮総連トップの許宗萬議長の次男許政道容疑者らが逮捕されています
産経新聞の記事ではこれが単なるマツタケの不正な輸入などではなく、朝鮮総連の秘密資金解明を目指した捜査だと説明しています


北朝鮮産マツタケの不正輸入事件に絡み、朝銀信用組合の破綻時に北朝鮮に駆け込みで巨費を貸与した見返りとしてマツタケ利権を独占する密約を、金正日総書記と在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の許宗萬(ホ・ジョンマン)議長が交わしていた疑いが強いことが13日、関係者への取材で分かった。強制捜査された傘下企業がマツタケ利権を一括管理し、逮捕された宗萬氏次男らが采配していたという。宗萬氏が持つ債権は「120億円」との証言もある。朝鮮総連が返済すべき資金をマツタケ利権に変えたことになる。
中央本部転売問題でも、この債権を盾に出資を引き出したとの見方もあり、今回の捜査が、解明が困難だった朝鮮総連の裏資金の流れに迫る可能性がある。
公安関係者が複数の朝鮮総連幹部から得た証言によると、宗萬氏は1990年代の巨額送金について「貸し付け」として借用書作成を金総書記に願い出て2000年代初頭までに2回、秘密資金を管理する朝鮮労働党39号室の下、契約書が作られたという。
「後で(破綻の)責任を本国に追及されるのを恐れ、証文を取った」(朝鮮総連関係者)とされる。
契約は、北朝鮮産マツタケの販売権を宗萬氏側に譲り、売り上げで毎年、北朝鮮側の債務を相殺する内容。経費を除く収益の約50%を金一族に上納し、残りが朝鮮総連側に配分されたが、多くが許一家の秘密資金となっていたという。


朝鮮総連系の信用組合が乱脈融資(北朝鮮への資金提供を目的としたものも含まれる)の結果、相次いで経営破綻し、日本政府はその収拾のために約1兆円もの公的資金の投入を余儀なくされました
つまり朝鮮総連の資金操作の後始末のため、国民の税金が1兆円も使われたのです
当然、今回の捜査は北朝鮮への圧力を狙ったものであり、拉致事件の再調査結果を回答しないまま放置しているのは許さないという日本政府の意志表明です
北朝鮮にとっては朝鮮総連潰しは看過できない問題ですから、何らかの対応を検討するのでしょう
日本人拉致被害者を帰国させる、との選択に結びつけばよいのですが
民主党選出の有田芳生参議院議員はツイッターでこの事件に触れ、「事件捜査の背景には、外務省主導の日朝交渉を妨害しようとする者たちの意図が隠されていると判断しています。拉致問題を解決したくないというのが本音です」と発言しています
しかし、外交交渉のために複数のカードを用意するのは当然であり、北朝鮮との交渉は外務省を窓口としながらも、朝鮮総連に圧力をかけるのもありでしょう

(関連記事)
アントニオ猪木「拉致解決で幸せか?」と詭弁
「めぐみさんはとっくに死んでいる」発言の石井元議員を許さない
北朝鮮 叔父をも処刑する金正恩の残忍さ
拉致問題を解決したくないのか 週刊朝日
拉致被害者はすでに死亡と田原総一郎が発言
「靖国参拝で拉致被害者が落胆」と虚偽の発言 民主党議員
飯島訪朝を非難する韓国政府
戦争宣言の北朝鮮 挑発したけど成果なし
「靖国参拝で中国・韓国・北朝鮮を怒らせるな」とする主張
「拉致問題で日本と協議するな」金正日の遺言
「北朝鮮はアメリカも敵わない金融強国」と書く元外交官
ミサイル発射で恫喝する北朝鮮は戦略もない?
朝鮮学校への補助金 各自治体が見送り決定
「北工作員、拉致問題解決で民主政権に接触」との報道
元専属料理人が講演「正恩氏、拉致解決に前向き」
菅首相の北朝鮮電撃訪問作戦
北朝鮮訪問を企てる落ち目政治家


北朝鮮とは何か 〔思想的考察〕
藤原書店
小倉紀蔵

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 北朝鮮とは何か 〔思想的考察〕 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル