「闇サイト殺人事件」神田司の死刑執行

ここしばらくの間、死刑の執行が途絶えていました。内閣改造後、松島法務大臣が団扇を配った問題で辞任に追い込まれた件が影響しているのでしょう
今日25日、法務省は平成19年に名古屋市で起きたいわゆる「闇サイト殺人事件」の犯人だった神田司の私刑を執行した、と発表しています
以下、産経新聞の記事を一部引用します


法務省は25日、平成19年に名古屋市内で起きた「闇サイト殺人事件」の神田司死刑囚(44)=名古屋拘置所=の死刑を執行したと発表した。第3次安倍内閣で初めて。上川陽子法相は就任直後の記者会見で「今の法の仕組み、枠組みを前提として行動するのが第一義。澄んだ心でこの制度に厳正に向き合うつもり」と死刑制度を維持する意思を表明していた。
これで未執行の確定死刑囚は、静岡地裁が平成26年3月に裁判のやり直しを決定するとともに刑の執行を停止した袴田巌さん(79)を除いて、129人となった。
(以下、略)


この事件は携帯電話の「闇の職業案内所」というサイトで知り合った3人が、互いに偽名を名乗って素性を知らないまま強盗を計画し、女性を拉致して現金を奪おうとしたものです。事件の詳細は長くなりますので、以下のまとめサイトを参照願います


闇サイト殺人事件まとめ


逮捕された3人は裁判で互いを責任を押し付け合い、「金を奪うつもりだったが殺そうとは思わなかった」などと釈明を繰り返していました。神田司被告は死刑、堀慶末被告は死刑から無期懲役へ減刑、川岸健治被告は警察に自首したという行動が反省の証として無期懲役になっています
しかし、川岸被告は被害者を2度、強姦しようと試みており、鬼畜であるのは変わりありません
また、控訴の結果裁判所が「犯罪傾向が進んでいるとは言えない」として死刑から無期懲役が確定した堀慶未被告はその後、1998年6月に起きた愛知県碧南市のパチンコ店店長宅の強盗殺人事件に関与していたと発覚しています(この事件で堀被告は2人を殺害しています)
「生活歴から犯罪性向が強いとは言えず、矯正可能性もある」と認定した裁判官はどこを見ていたのか、と言いたくなりますが堀被告が余罪を隠していた以上、どうしようもありません
死刑になった神田司被告よりよほど外道であるのですが
堀被告が碧南市の強盗殺人事件でどのような刑事処分が確定したのか、現時点では検索しても情報が見当たりません。後日、取り上げます

(関連記事)
碧南強盗殺人で死刑確定 闇サイト殺人の堀慶末懲役囚
闇サイト事件堀被告 別件強盗殺人で死刑判決
闇サイト殺人で無期懲役の堀被告 別の強盗殺人で死刑求刑
闇サイト強盗殺人事件 控訴審で心理鑑定を証拠採用
目黒夫婦殺傷事件を考える1 娘の医療費欲しさの犯行
目黒夫婦殺傷事件を考える2 日本と韓国の二重生活破綻
目黒夫婦殺傷事件を考える3 ヒットマン説
目黒夫婦殺傷事件を考える4 無期懲役の求刑
八王子スーパー強盗殺人事件 17年たっても未解決のまま
資産家夫婦殺害で死刑判決
加古川7人殺し事件 藤城被告死刑確定
武富士強盗放火殺人の小林死刑囚 死刑執行
死刑執行 坂出市3人殺しの川崎死刑囚
死刑執行 横浜中華街射殺事件の熊谷死刑囚
死刑執行 三島女子大生殺人の服部死刑囚
死刑執行 アパート大家殺人の津田死刑囚ら2人
前橋スナック殺人死刑囚が別件の殺人も告白
「黒い看護師」殺人の吉田純子 死刑執行
裁判員裁判で死刑執行を批判する朝日新聞 津田死刑囚
九頭竜湖殺人事件の林被告 2人殺害でも無期懲役
強盗殺人事件の田尻賢一死刑囚 死刑執行
小田島死刑囚 食道がんで病死


死刑肯定論 (ちくま新書)
筑摩書房
森 炎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 死刑肯定論 (ちくま新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル