第153回芥川賞候補にピース又吉「火花」が

第153回芥川賞候補作が発表され、中でもピース又吉として活躍する芸人又吉直樹の「火花」が注目されています
芥川賞に先立つ三島賞の候補にも挙げられた「火花」ですが、受賞には至りませんでした。産経新聞の記事がその辺りの経緯を記事にしています


三島賞は1票差で逃す
「落ちるはずのない作品が落ちた、という感じです」
三島賞の選考会が行われた5月14日。選考委員の一人の作家、辻原登さん(69)は強く推したという「火花」に、最大限の賛辞を贈った。
今回の候補作は5作品。最終的に「火花」と上田岳弘さん(36)の「私の恋人」の2作品で5人の選考委員が決選投票を行い、3対2で「私の恋人」に決まったという。
「火花」は若手芸人の「僕」を語り手に、私淑する天才肌の先輩芸人との交流を通じ、夢に懸ける若者の泣き笑いの日々を描いた作品。これまでエッセー集や自由律俳句の句集(共著)を刊行してきた又吉さんが初めて書いた純文学作品で、掲載された文芸誌「文学界」2月号は創刊以来初の増刷を記録。3月に単行本化され、発行部数は42万部に達している。


今回の芥川賞候補は以下のとおりです
内村薫風 「ΜとΣ」(新潮3月号)
島本理生「夏の裁断」(文學界6月号)
高橋弘希「朝顔の日」(新潮6月号)
滝口悠生「ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス」(新潮5月号)
羽田圭介「スクラップ・アンド・ビルド」(文學界3月号)
又吉直樹「火花」(文學界2月号)

このうち、高橋弘希と滝口悠生は三島賞の候補にも挙がっていました
実績とネームバリューでは、今回が4度目となる島本理生が抜きん出ています
新人作家の登竜門である芥川賞の候補者、として扱うには実績がありすぎる感もしますが
一部のメディア(「とくダネ!」とか)では、芸人が芥川賞候補になったとまるでネタ扱いしており、不快感が湧きます
純文学だから上だとか、大衆芸能だから下だとか決めつける気はないものの、両者をごちゃ混ぜにして、「純文学の権威=芥川賞なんて、所詮はM-1グランプリと同じ」といった扱い方をするのは愚かしいにもほどがあります
何かの権威を暴いた気になって、してやったりと気取るのは中学生までなら許されるものの、大の大人がやるのを見ているとこちらが恥ずかしくなります

(関連記事)
芥川賞「火花」が映画化もコケる
芥川賞決定 又吉直樹と担当編集者
芥川賞候補「美しい顔」 講談社は盗作否定の強気
芥川賞候補作で盗作問題 北条裕子「美しい顔」
古市憲寿の芥川賞落選とは
三島賞受賞蓮實重彦 「はた迷惑」と批判
75歳で芥川賞 黒田夏子の受賞作は前衛的な実験小説
第147回直木賞は辻村深月「鍵のない夢を見る」
芥川賞作家田中慎弥 バカ売れ
第146回芥川賞決定 受賞者会見へのおかしな批判
芥川賞作家西村賢太のインタビュー 放言も味
第146回芥川賞・直木賞候補作発表
第145回芥川賞・直木賞候補作発表
第145回芥川賞該当なし、直木賞は池井戸潤「下町ロケット」
芥川賞受賞作 朝吹真理子「きことわ」を読んで
第144回芥川賞決定 朝吹真理子と西村賢太
第142回芥川賞、直木賞候補作決定
芥川賞該当なし 直木賞は佐々木、白石
第143回芥川賞・直木賞候補決定
第143回芥川賞、直木賞決定
第143回芥川賞・直木賞 選考の内幕
村上春樹はなぜ芥川賞が取れなかったのか?
芥川賞・直木賞候補決定
芥川賞・直木賞決定


火花
文藝春秋
又吉 直樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 火花 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル