五輪エンブレム 「誰が佐野研二郎を殺すのか?」と書くメディア

いささか刺激的なタイトルです。産経新聞のウェッブサイトに、「誰が『佐野研二郎』を殺すのか? 捜査の手緩めぬネットの人々」と題する記事が掲載されていますので、それを引用します
五輪の公式エンブレム盗作疑惑に関しては、インターネットで無名の人々による追及が始まり、新聞やテレビなど既存のメディアはそれを後追いする形で乗っかり、報じてきました
オリンピック組織委員会の事務局が佐野氏デザインのエンブレム使用を撤回すると発表した記者会見には、多くの記者が詰めかけ当初の予定を大幅に越えて質問が続きました(まるで自分たちが疑惑を追求してきたかのように…)


オリンピックのエンブレムからサントリーのトートバッグに至るまで、佐野研二郎氏を取り巻くデザイン疑惑が絶えない。しかし、それを追求しているのが、マスメディアではなく、ネット上における無数の無名の人々だ。彼らはなぜ、そこまでしてネット上の捜査の手を緩めないのだろうか?
新国立競技場の建築費用の疑惑に始まり、その疑惑の空気をまるごと継承してしまったのが、佐野氏のデザインしたオリンピックエンブレムだ。まさに2020年東京オリンピックは疑惑に呪われていると言っても過言ではない。ベルギーのリエージュ劇場のロゴをデザインしたオリビエ・ドビ氏の元にデザインが似ていると伝えたのは友人だった。当初、ドビ氏のコメントは「第一印象は、偶然としか思えませんでした。僕と同じアイデアを持っている、日本人デザイナーがいるんだなと」という穏やかなものだった。
そしてスペインのデザイン事務所からも、東日本大震災の復興支援で寄付を募るために作ったデザインとも似ているという指摘が登場した。海を越えて伝わる情報も、電波や紙の時代では、希少であったが、ネットが介在することによって、言語の壁はあれど、距離の壁はほとんど、なくなったのだ。
単なるアルファベットという、たった26文字しかないデザインエレメントの組み合わせで重複する可能性があってもおかしくないデザイン領域の世界。佐野氏は記者会見にのぞみ、盗作の疑惑は「事実無根」と宣言した。本当は、佐野氏は1人でその責任を負う必要はない。コンペで選ばれたのだから、そのエンブレムを選んだ選考会のメンバーやオリンピックの責任者も共に出席すべきだった。今回の東京オリンピックが呪われている原因は、それらが決定されるプロセスが社会に可視化されておらず、密室でおこなわれてきた経緯がある。
(以下、略)

誰が「佐野研二郎」を殺すのか? 捜査の手緩めぬネットの人々


未成年者による犯罪について、インターネットのユーザーが被疑者の顔写真をアップしたり、実名を掲示板に書き込む行為を、「インターネットによる無責任なリンチ」だと既存のメディアは批判してきました
ところがこのエンブレム盗作疑惑では、そうした発言が潜めています(わずかに佐野氏個人や家族を中傷する書き込みを咎める報道はありますが)
結局、メディアは利用したい情報を自分たちの都合に応じて利用するだけであり、都合が悪ければ「無責任なリンチ」だと批判するだけなのでしょう(いまさら指摘するまでもない話ですが)
疑惑追及がメディアだけの特権であるかのような、古臭い観念に取り憑かれている業界関係者は、そろそろ認識を改めるべきでしょう
さて、佐野氏デザインによるエンブレムは、もう既にスポンサー企業によって広告に使用されています。ENEOS(JX日鉱日石エネルギー)と野村ホールディングスは8月22日から、テレビCMで公式エンブレムを使用中です
このためCMを中止し、差し替える必要に迫られるわけで、数百万もの損失が生じると思われます。テレビCM以外の、看板やポスターなど印刷済みなら、その差し替えも必要になってきます
当然、オリンピック組織委員会にその賠償を求める展開になるのでしょう
事務総長ら、組織委員会のメンバーがどれだけの報酬を手にしているのか、メディアにはその辺りを取材してもらいたいものです

(関連記事)
五輪エンブレム 盗作疑惑で撤回するドタバタ劇
http://05448081.at.webry.info/201509/article_2.html
渡辺直美をブタに 東京五輪演出家佐々木宏とは?
https://05448081.at.webry.info/202103/article_42.html
渡辺直美をブタに 五輪開会式演出騒動の不快感
https://05448081.at.webry.info/202103/article_39.html
東京五輪 経費爆増3兆円
東京五輪でサマータイム導入 批判殺到
リオ五輪 400mリレーで日本に負けた中国の恨み節
リオ五輪 日本のメダル獲得に嫉妬する韓国
五輪問題 下村文部大臣が辞意表明

新国立競技場問題 文科省が担当局長更迭
韓国冬季五輪開催危機 日本に助けを求める?
メダルを逃した選手を税金泥棒と批判する風潮
猪瀬都知事 徳洲会から借りた5000万円
オリンピック誘致と皇族の役割
オリンピック誘致失敗でオバマ大統領批判される
オリンピック国母選手騒動は何だったのか?
猫ひろし 五輪カンボジア代表取り消し
猫ひろし批判 カンボジアのメディア
橋本聖子と高橋大輔のキス騒動
キス騒動橋本聖子 スケート連盟会長居座り


佐野研二郎のWORKSHOP
誠文堂新光社
佐野 研二郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 佐野研二郎のWORKSHOP の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル