「ケンブリッジ数学史探偵」を読んで呆れた

ここ最近、数学史からみの本を読んでいます。「ガロアの時代、ガロアの数学」(シュプリンガー・フェアラーク東京)、「数式に憑かれたインドの数学者」(日経BP社)、「高木貞治とその時代」(東京大出版会)、「無限に魅入られた天才数学者たち」(早川書房)などなどです
今回は新潮選書から出ている「ケンブリッジ数学史探偵」を取り上げます
帯には、「我々が歴史探訪に出かける先は、今から4世紀ほど遡った17世紀である。(中略)数学が、日本、西洋、中国と個別の文化の中でどのように培われてきたのか。異なった数学文化が出会った時、どのような吟味、対応、変化が起こったのか。その軌跡をたどっていくことはそのまま、ナショナルなファクターに影響されない世界史を描く作業となる」と印刷されています
著者は北川智子という歴史学者です。カナダの大学で数学を専攻し、プリンストン大学の大学院で歴史に転じ、ハーヴァードで日本史を教えていたという経歴の持ち主なのですが、数学史への言及より彼女自身の華麗な学歴への言及が目立つという、アレな本でした(笑
随所に「グローバルな視点から歴史を語る」とのフレーズが登場し、プリンストン大からハーヴァード大へ移り、さらにケンブリッジ大での研究をするという「グルーバルな私ってすごい」を語りたいだけの本です
ただでさえページ数の限られた新書版なのに、著者の学歴自慢に多くのページを費やしており、数学史を語るという当初の目的はどこかへ消し飛んでいいます
そもそも和算ならばその関連本が出ています。それらに比べ、和算への造詣は乏しく、初歩的な入門書と呼ぶにも不足です
また、17世紀ヨーロッパのライプニッツ、ニュートンらの活躍する時代についても、おざなりの言及のみであり、「グローバルな視点」から数学史を語ろうとすると、これほどまで希薄な内容になってしまうのか、と言いたくなります
日本、西洋、中国の17世紀の数学事情を羅列しただけで、何も見えてはこないのです。ただ、著者の学歴自慢が目につくだけで
この著者の前著は「ハーバード白熱日本史教室」であり、あの有名なサンデル教授の「ハーバード白熱教室」の真似です
サンデル教授の授業のひどさについては以前、当ブログでも取り上げました
この種の本を、「知的創造のナンタラ」と持ち上げる人たちがいるのですが、自分にはさっぱりその価値が分かりません
ちなみにこの「ケンブリッジ数学史探偵」は、Amazonのレビューでも酷評されています。興味のある方はそちらも御覧ください

(関連記事)
トロッコ問題」授業で児童が不安を訴える 岩国
マイケル・サンデル「白熱教室」のデタラメ
「天才数学少女」 大学合格証偽造の異常行動
天才少女の行方 虚言症だった可能性
フィールズ賞を期待される韓国の天才少年
高校生数学オリンピク優勝でフィールズ賞を夢見る韓国
「数学のノーベル賞」 フィールズ賞を渇望する韓国
韓国の元祖天才少年 その後
韓国人学者が数学の難問「「ヤン-ミルズ方程式と質量ギャップ問題」を解決
「日本は英語が苦手でもノーベル賞を取る」と説く韓国人学者
15歳で博士号 韓国の天才少年はその後
韓国の天才少年 博士論文盗作バレてる
博士論文盗作がバレた韓国天才少年 その背景
天才少年少女の憂鬱 14歳でケンブリッジ入学
ノーベル賞学者の息子は天才ハッカー 下村努
数学ブームと呼ばれるもの
同性愛数学者に恩赦 英女王
高校生の国際科学オリンピック 今年の結果
高校生の物理オリンピック 日本は金3銀2
少年革命家ゆたぼんを考える
中国は日本より「数学強国」だったという記事
ABC予想望月教授を廃人と書く週刊新潮
岩井圭也「永遠についての証明」


ケンブリッジ数学史探偵 (新潮新書)
新潮社
北川 智子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ケンブリッジ数学史探偵 (新潮新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル