新潟連続強姦殺人事件を考える3 無期懲役に不満、控訴

新潟県新発田市周辺で発生した連続強姦殺人事件の犯人として起訴されていた喜納尚吾被告に対し、新潟地方裁判所は検察の求刑どおり無期懲役の実刑判決を言い渡しています


新潟県新発田市で当時10~30代の4人の女性を次々に襲い、うち1人を死亡させたとして強姦(ごうかん)致死罪などに問われた喜納(きな)尚吾被告(32)の裁判員裁判の判決公判が10日、新潟地裁で開かれた。竹下雄裁判長は「被告人の刑事責任は極めて重い」として、求刑通り無期懲役を言い渡した。弁護側は判決を不服として即日控訴した。
喜納被告は、昨年4月にパート従業員の女性=当時(22)=が遺体で見つかった強姦致死事件について、関与を否認していた。竹下裁判長は判決理由で、被害者の着衣に付いたDNA型などから「被告が犯人と推認できる」と説明し、無罪とする弁護側の主張を退けた。さらに「犯罪傾向は極めて根深く、非常に長期の矯正教育が必要」とした。
喜納被告は、他の強姦事件や地裁からの逃走未遂事件など4つの事件は起訴内容を認めていた。


喜納被告は3人の女性を強姦、殺害している疑いがあるのですが、立件できたのは強姦致死罪に問われた1件のみです。これらも立件できたなら死刑は免れなかったでしょう(裁判所から逃走を企てたのも、死刑になるかもしれないという恐怖からだったのではないか、と推測されます)
しかし、それでも喜納被告にとって無期懲役の判決は不満であり、即日控訴しています。「強姦致死は証拠不十分。あとは強姦と地裁からの逃走で懲役8年くらい」と見積もっていたのでしょうか?
裁判には丸坊主にして臨んだ喜納被告ですが、反省など微塵もなく、己の所業と向き合う気などなかったと思われます。「頭を丸刈りにすれば反省しているように見える」との理由でやっているだけで
これまでにも強姦殺人事件については何度も言及していますので繰り返しになりますが、付け加えておきます
犯人によって言い分はさまですが、多くの場合は「性欲を満たすためにやった」と述べ、「騒がれたので殺した」とか、「抵抗されたので首を締めたら死んでしまった」などと犯行について弁明します
しかし、こうした供述が必ずしも犯人の心境を正確に反映したものだとは限りません。強姦した上でさらに殺害するのは、相手をとことん陵辱し、踏みにじろうとする暴力的な衝動の発露です。これがさらに過剰になれば、遺体を切り刻む行為となって現れます
しかし、上記の喜納被告は己の中にあるそうした暴力的な衝動(それは性的な快楽とも結びついているわけですが)を、どこまで認識できているのかは不明です。おそらくはほとんど自覚していないのではないか、とさえ言いたくなります繰り返した犯行の、その源となった暴力的な衝動を自覚してもいない人間が口先だけ反省を語っても虚しいだけです
判決後、喜納被告の内にあるのは自分を逮捕した警察への恨み、起訴した検察官への恨み、判決を下した裁判官への恨みであり、被害者やその遺族に対する謝罪の念など欠片もないと言って間違いないでしょう

(関連記事)
新潟連続強姦殺人事件を考える4 余罪で再逮捕
https://05448081.at.webry.info/202003/article_1.html
新潟連続強姦殺人事件を考える2 無期懲役求刑
新潟連続強姦殺人事件を考える1 初公判で否認
死刑執行 三島女子大生殺人の服部死刑囚
光市母子殺害事件 最高裁も死刑判決支持
光市母子殺害事件を考える 最低の弁護団
松戸女子大生殺人事件を考える 「女は強姦されたがっている」
松戸女子大生殺人事件を考える7 最高裁も死刑を否定
松戸女子大生殺人事件を考える8 裁判員制度を否定
千葉女子大生遺棄事件を考える1 遺体を捨てる理由
千葉女子大生遺棄事件を考える2 殺害の動機
千葉女子大生遺棄事件を考える7 無期懲役判決
元Jリーガーを逮捕 強姦事件を繰り返す
殺人道化師ジョン・ゲーシーの数奇な人生
自分を捨てた父親を探したら殺人鬼だった 「ゾディアック事件」
「切り裂きジャック」研究者が売春婦殺害で逮捕
現代の切り裂きジャック事件に終身刑の判決 英国
「切り裂きジャック」事件 125年目の真相
血圧測定と偽りわいせつ行為 懲役17年判決
座間9人殺害事件を考える 犯行自供も動機は語らず
座間9人殺害事件を考える 犯罪心理学者の見解
座間9人殺害事件を考える 被害者8人が女性
座間9人殺害事件を考える 白石容疑者逮捕


黒い迷宮: ルーシー・ブラックマン事件15年目の真実
早川書房
リチャード ロイド パリー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 黒い迷宮: ルーシー・ブラックマン事件15年目の真実 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル