CoCo壱番屋廃棄カツ横流し事件2 Aマートアブヤス

カレーハウスCoCo壱番屋が廃棄処分に回したビーフカツなどが、廃棄物処理業者の手で転売されていた事件について2度目の言及です
話が前後しますが、発覚の経緯を振り返ってみましょう


カレーチェーン「CoCo(ココ)壱番屋」を全国展開する壱番屋(愛知県一宮市)の店舗用冷凍ビーフカツが、愛知県内のスーパーに並んでいた。壱番屋製と紹介するポップまであった。
津島市の「Aマートアブヤス」神守店。11日の買い物中に変だなと気づいたのは、「ココイチ」のある店にパートで勤める女性だった。ふだん厨房で調理するだけの食材が、なぜ――。壱番屋本社に伝わり、今回の問題が発覚した。
壱番屋が「異物混入の疑いがある」として産業廃棄物処理業ダイコー(愛知県稲沢市)に処理を委託した冷凍ビーフカツが、横流しされていた。東海3県の自治体などの17日までの発表によると、3県の34店で2万7千枚が店頭で売られたり、商品の弁当の材料に使われたりした。
全容はまだ見えない。ダイコーから横流しを受けたみのりフーズ(岐阜県羽島市)には17日も岐阜県の調査が入った。同社の実質的経営者(78)は、壱番屋の段ボール箱に入れたままにしないようダイコーから言われ、箱を詰め替えて転売したと話している。
壱番屋製であることを隠すはずだった。だが、みのりフーズから別の業者を経て仕入れた名古屋市の仲卸は、壱番屋製というポップを作って冷凍ビーフカツにつけ、Aマートアブヤスに売った。それが、神守店で「ココイチ」のパート女性が目にしたものだった。
(朝日新聞の記事より引用)


愛知県では以下の業者がこの廃棄処分品の冷凍カツを購入していたと公表されています(1月15日時点)


「Aマートアブヤス」の春田店(名古屋市中川区、販売枚数3415)、神守店(津島市、同1990)、「いちや」(愛西市)、「生鮮館やまひこ」の南大通店(稲沢市)▽小牧店(小牧市)▽勝川店(春日井市)。生鮮館やまひこの3店は計350枚をフライにし総菜として売ったという。
名古屋市は問題の冷凍カツを仕入れた市内の17店を把握し、うち店頭で販売したとして、「Aマートアブヤス春田店」と「フードパーク ウオダイ瑞穂店」(瑞穂区、販売枚数2280)の2店を公表した。
(朝日新聞の記事より引用)


名古屋市の、店頭で販売した店2ヵ所のみ公表という対応はどのような理由なのか、分かりません。他は弁当の仕出し業者なのでしょうか?
さて、名前の挙がっている店で、Aマートアブヤスはウェッブサイトに以下のような謝罪文を掲載しています


この度は、弊社の春田店及び神守店にて販売しました商品「ビーフカツ」に関して、お客様には多大なご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます。同商品を購入されたお客様にはお手元に商品が残っていても決して召し上がられずに弊社に御返品くださいますようお願い申し上げます。
同商品を購入されたお客様には商品代金はご返金致しますので、弊社春田店ないし神守店にご来店いただくか、弊社にご連絡いただきますようお願い申し上げます。
今回の経緯として、弊社は食品卸業者の「(株)素材屋巾辰 」社から、同商品を仕入しました。
今後は、再発防止に向けて、一層厳格に仕入先を選定し、商品チェック業務の改善に努めてまいります。
今後も、よろしくお願い申し上げます。


責任は卸業者にある、と言わんばかりの謝罪文です。「騙された。自分たちも被害者だ」と言いたげな様子が行間から垣間見えます
しかし、前回も述べたように出処やその経緯が不明な訳あり食品を安く仕入れて販売し、儲けようとするビジネスモデル自体に問題があり、とても擁護する気にはなれません

(関連記事)
CoCo壱番屋廃棄カツ横流し事件3 マルコメ製品も転売
CoCo壱番屋廃棄カツ横流し事件1 「廃棄物と知らなかった」
通販の2万円豪華おせち料理 腐っていたと苦情殺到
まだ続く、腐ったおせち料理販売騒動
腐ったおせち騒動4 批判するネットユーザーにホリエモンが激怒
腐ったおせち騒動5 食材偽装の疑いも浮上
腐ったおせち騒動6 商売人の矜持を問う
腐ったおせち販売のバードカフェ 社長が引責辞任
食材偽装 リッツ・カールトンでも発覚
楽天77%オフ優勝セールで不当表示
食中毒事件「焼肉酒屋えびす」の社長が自己破産
4人死亡の「焼肉酒家えびす」社長 土下座
食中毒焼肉店 日本テレビの番組が「イイ店」と絶賛していた
焼肉店食中毒 こどもに生肉を食べさせる親
「焼肉酒家えびす」食中毒から2年 賠償もなし
セブン&アイ会長を辞任した鈴木氏をやたら褒めるメディア