インドネシア高速鉄道 着工できず放置状態

中国と日本が受注を競ったインドネシアの高速鉄道は、破格の条件を提示した中国が受注を勝ち取りました。中国メディアは、「日本に勝った」と大はしゃぎし中国の技術力が認められたと大々的に報道していました
しかし、受注はしたもののいまだ正式な事業契約も締結できない状態であり、もちろん着工の目処すら立たないと報道されています


インドネシア・ジャワ島の高速鉄道整備工事が、監督官庁の許認可が下りず、足踏みを続けている。中国が日本との受注合戦に競り勝ち、21日に着工式典が開かれたが、提出書類が中国語で担当官が理解できないなど準備不足が露呈。事業契約もまだ調印できず、工事の“出発”にすらこぎ着けられない状況だ。
■空軍基地の敷地に駅を予定
整備計画では、首都ジャカルタと西ジャワ州バンドンの約140キロを結び、2019年前半の開業を目指す。事業費約は55億ドル(約6420億円)でインドネシア政府は負担や保証はしない。事業権期間は50年で終了後は政府に引き渡される。
着工式典で、インドネシアのジョコ大統領は「インドネシア、中国の両国政府が協力して着工に至った」と胸を張った。だが、式典を欠席したジョナン運輸相は26日、議会公聴会の質疑で、「評価が終わっていない」として、建設許可はまだ出していないとした。
運輸省幹部は、地元英字紙ジャカルタ・ポストに、「5キロ区間の式典向け使用だけ許可した」と説明。必要書類が未提出なうえ、提出された書類も多くはインドネシア語や英語ではなく中国語で記載されており、「評価のしようがない」とし、事業契約も調印できない状況を明かした。
(産経新聞の記事から引用)


中国が鉄道の建設だけでなく、用地買収までも請け負うような契約のようですが、果たしてうまくやれるのでしょうか?
中国国内であれば有無をいわさず住民を追い出してでも、鉄道用地を確保できるわけですが、インドネシアではそんな真似が通用しません。反対運動でも起これば建設はさらに先延ばしになります
それにしても鉄道の整備計画書をインドネシア語や英語ではなく、中国語で提出して平然としているのですから驚きます
「相手国に配慮する」との考えがまったくないのであり、これは「我々が高速鉄道を建設したやるのだ。感謝しろ」との態度です
ですから、インドネシア政府の幹部を懐柔し、あるいは買収し、脅せば簡単に事業が進められると簡単に考えていたのでしょう
今年中に正式契約、着工に踏み切れるのでしょか?
自分としてはこのインドネシア高速鉄道事業はさまざまな障害が噴出し、結局事業中断に追い込まれると予想します。どうなのやら

(関連記事)
韓国自慢の高速鉄道が脱線事故 負傷者も
韓国鉄道 2階建車両開発に失敗
中国の鉄道輸出相次ぐ失敗は「日本のせいだ」
「韓国高速鉄道は新幹線より上」とマレーシアへ売り込み
中国高速鉄道の大赤字 解消困難?
高速鉄道自慢も中国の鉄道は借金58兆円
中国 「高速鉄道を埋めたのは正しい措置」と強弁
中国鉄道事故 「日本のレベルに追いつくのは簡単」と豪語していた
上海地下鉄事故に呆れる中国人
中国 科学技術政策を自画自賛
中国のパクリ新幹線、トラブル頻発
中国 時速4000キロのリニアモーターカーを目指す
鉄道インフラ輸出 メイド・イン・ジャパンの逆襲
高速鉄道輸出ゼロ 韓国の焦り
韓国 無謀な中韓海底トンネル計画を検討
韓国「シルクロードエクスプレス構想」の虚妄
インドの高速鉄道は「日本の新幹線」導入決定
プーチン首相 「海底トンネルで日本まで鉄道をつなぐ」と構想を語る
シベリア鉄道で「みかじめ料」を要求するロシア政府


ヴィジュアル歴史図鑑 世界の鉄道
河出書房新社
フランコ タネル

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヴィジュアル歴史図鑑 世界の鉄道 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル