広瀬すず 映画「ちはやふる」爆死報道

人気マンガ、アニメを実写化するのが邦画では珍しくないのですが、大当たりとなるのはまれであり、むしろ「大コケ」、「爆死」と評される結果に終わるものが多いように感じます
同様に、過去のヒット作の安直なリメイクも疑問視されます
先日は橋本環奈の「セーラー服と機関銃」が大コケしたと、当ブログで取り上げました。薬師丸ひろ子主演で大ヒットした作品を、「1000年に1人のアイドル」と呼ばれる橋本環奈でリメイクしたのですから、関係者は大ヒット間違いなしと踏んでいたのでしょう。しかし、興行成績は惨憺たるものでした
今日は若手女優の中でも一番人気で、映画出演が途切れない広瀬すずの「ちはやふる」を取り上げます
アサヒ芸能の記事が、その興業不振ぶりを報じていますので紹介します


まさかの爆死!広瀬すず「ちはやふる」、ガラガラ閑古鳥で女優ロードに赤信号
「よもやの4位発進、まさかのガラガラぶりです」
エンタメ誌編集者がそう切り出しのは、3月19日に全国で劇場公開された、広瀬すずの主演映画「ちはやふる-上の句-」についてだ。
先日の日本アカデミー賞でも出演作の「海街diary」で新人女優賞を獲得して、女優ロードまっしぐらという印象をお茶の間に植え付けた広瀬。原作コミックはティーンの女子に大人気とあって、配給の東宝もこれ以上ない大々的な宣伝を展開していた。
「広瀬もテレビに出まくりで、3月に入り独走を続ける『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』に待ったをかけられるのではという大きな期待もかけられていました。ところが、フタを開けたら3週目に入ったドラえもんの約4割、有村架純出演の『僕だけがいない街』にも敗北しての第4位。このままでは興行収入10億円いくかどうか‥‥。前後編で合計40億円を目標にしていたと聞きますから、関係者も落胆しているでしょうね。おそらく大コケ映画の部類に仕分けされてしまうと思います」(前出・エンタメ編集者)
その後も集客は伸び悩んでいるようで、平日は空席率が90%以上と、鳴り物入りの新作映画としては大いに期待はずれの状況だ。この思いもよらぬ不入りの原因は何なのだろうか。
「映画の出来はけっして悪くない。むしろ最近の邦画界にあっては上出来の部類に入るのではないでしょうか。実際、観た人の大半が後編である『下の句』も観にいくはずです。ところが、それこそが問題で、一昨年は『寄生獣』が興収で期待を大きく下回り、昨年は『進撃の巨人』の後編が前編の50%と嘲笑レベルの失態を晒したように、公開前から前後編を売りにする“金目興行”に観客がウンザリしているんです。通常の一般料金なら合計3600円ですから、よほど面白そうでないと普通は二の足を踏みます。それと、ここにきて囁かれるのは、広瀬の女性からの不人気ぶり。これは業界の想像以上でしょう。テレビでの失言でイメージダウンしたことが、ここにきて足を引っ張っている可能性が高いですね」(映画関係者)
(以下、略)


初週の興行成績が4位ならば、次週以降さらに順位を下げます。つまり客の集まりが落ちるのであり、興行収入10億円には届かず6億円くらいで終了するのではないかと予想します
関係者にとっては制作費・宣伝費の回収もできない赤字興業という最悪の結果でしょう。それでも続編「下の句」を公開せざるを得ないのであり、観客動員はさらに減るため赤字は膨らみます
「海街diary」では脇役だった広瀬すずを主演にすえた映画ですから、彼女の出世作として大ヒットになるはずが、なぜこうも外してしまったか、考えましょう
漫画「ちはやふる」は大いに売れた人気作です。しかし、コアな原作ファンの多くは実写化に反対であり、映画館に足を運んだりしません。つまり、原作ファン層を取り込めないのですから、残るは純粋な広瀬すずファンか映画好きの層になります。あるいは春休みになった中高生目当ての青春映画として位置づけ、若者の関心を呼び込めると期待していたのでしょうか?
ならば若者向けにインターネットで先行有料配信でもして、話題作りをするべきだったと考えます
わざわざ映画館に足を運ぶより、手持ちのスマートフォンで簡単に見られるようにした方が、若い人にはウケるのでしょうし
何が何でも映画館で上映、というスタイルは捨てて、多様な売り方を考える必要があるのでは?
原作が漫画だろうとアニメだろうと、どの客層をターゲットにしていかに売るか、を工夫しないといつまでたっても進歩がありません。「封切りして駄目でした」では、同じ間違いを繰り返すだけでしょう

「ちはやふる -上の句・下の句-」予告



(関連記事)
広瀬すず 映画「チアダン」は興収11億と低迷
広瀬すず、アリス姉妹の兄を道交法違反で逮捕
西内まりや主演「キューティーハニー」公開間近
ファンキー加藤主演映画「サブイボマスク」大コケ
「鋼の錬金術士」山田涼介主演で映画化?
橋本環奈 「セーラ服と機関銃」大コケ
E-girls映画「ガールズ・ステップ]が壮絶大爆死
映画「ハダカの美奈子」大コケ
日本アニメ原作の映画「Blood:The Last Vampire」世界でコケまくる
香取慎吾映画大コケ3連敗 「LOVE まさお君が行く!」
香取慎吾 映画「座頭市 THE LAST」大コケ
香取慎吾の映画「こち亀」 大惨敗
「忍たま乱太郎」 なぜアニメを実写化するのか?
井筒監督「漫画を安易に映画化しすぎる」と批判
ハリウッド版忠臣蔵「47 Ronin」が大コケ 175億円の損失
キアヌ・リーブス主演のハリウッド版「忠臣蔵」がひどい
松本人志「R100」が大コケ
映画「苦役列車」は前田敦子出演で大コケ
映画「トータル・リコール」リメイクも米で大コケ
ハリウッドの大コケ映画「スーパーマリオ・ブラザーズ」
ジャニーズ映画 大コケ
キムタク主演映画「無限の住人」は大コケではないと主張するメディア
HKT48指原莉乃主演映画「薔薇色のブー子」大コケ
実写版「ジョジョの奇妙な冒険」大コケ
芥川賞「火花」が映画化もコケる

ちはやふる(31) (BE LOVE KC)
講談社
2016-03-11
末次 由紀

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ちはやふる(31) (BE LOVE KC) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル