共産党が小学生から署名を集め「安保法反対」を演出

夏の参議院議員選挙に向けて各政党が走りだしているのですが、中には随分となりふり構わぬ活動にのめり込み、小学生を脅して安全保障法案反対の署名をさせていた、という悪質な事例もあります
共産党は、「組織的に行っているわけではない」と釈明し、小学生からの署名を集めたのはあくまでも党員個人がやったことだと主張しているのですが
ダイヤモンド・オンラインに掲載された記事から引用します


共産党の「小学生に署名活動」に透ける組織の焦り
(前略)
まずは、昨年六月。足立区で安全保障関連法案への“反対署名”を集めていた共産党の運動員が、帰宅途中だった小学一、二年生約十人に声をかけ、署名を求めた。児童に署名を求めるあたりからして共産党のセンスを疑うが、その際、運動員は児童らにこんなことを言ったのだという。
「戦争になればお父さんの母さんが死ぬよ。お父さんやお母さんが戦争で死んだら嫌でしょ。戦争になったら爆弾が落ちてくる。それは困るよね」
運動員に言われるまま数人が署名したとのことだが、中には帰宅後、恐怖のあまり泣き出した児童もいたという。保護者から連絡を受けた小学校は急きょ教員を現場に向かわせ、駆けつけた保護者とともに抗議したところ、運動員は謝罪。署名活動をやめたというが、この運動員は自分が何をしたかわかっているのだろうか。
共産党の男性区議は、組織的にやったわけではなく、署名を集めたいという気持ちが“高じて”やってしまったのだろうと産経新聞の取材に応えた。だったら、武力革命を起こしたいという気持ちが高じたら、共産党員は何をするのだろう……、考えただけで背筋に冷たいものが走ってしまう。足立区の教育委員会が言う。
「子どもは、『両親が死ぬ』と言われれば怖くなって署名する。本来の署名活動の目的から外れたものだ。一定の知識を持った段階になってから是非を判断させるべきで、子どもへの署名活動には配慮してほしい」
元共産党幹部の筆坂秀世氏も言う。
「大人でも難しいのに、『戦争は嫌』という印象だけで署名させているのだろう。とんでもない話だ。共産党は若者の支持を得たいという思いは強いが、組織的ではなく、自分たちは正しいとの思い込みから行き過ぎが起きるのだと思う」
思いッきり思い込んでますね。もはや共産党の青年下部組織と言ってもいい『SEALDs』の主張などを見ているとそのへんがよ~くわかる。
“お父さんお母さんが死んじゃうよ署名”は組織ぐるみではないと共産党は言うが、やはり昨年六月、福岡県水巻町でも帰宅途中の児童を呼び止め、同様の署名活動を行なっている。やったのは共産党の女性町議だった。
(以下、略)


小学生からの署名を集め、それをどう利用するつもりだったのか気になります
それを「活動の成果」だと一部の共産党員が誇示したなら、全国各地で同時多発的に下校途中の小学生を狙った署名活動という名の恫喝が繰り返されたのではないかと懸念します
共産党員は自分たちの活動の正しさに酔っていますので、こうした行為が小学生の心情をかき乱し、圧迫する行為だとは思い至らないわけです
これは悪質な恫喝であり人権侵害であり、犯罪行為と見做すべきでしょう
同じように共産党の操り人形である「SEALs」やその子分である「T-nsSOWL(ティーンズソウル)」といった団体も高校生への働きかけを強め、「戦争反対」や「憲法を守れ」といったスローガンで議論を覆い隠し、一方的な思想へ誘導しようと行動しています
高校生が政治に感心を抱くのは結構ですが、「戦争反対」や「憲法を守れ」との単純なスローガンは複雑な問題を隠蔽してしまうのであり、そこに議論は成り立ちません。彼らは政治について議論しようとしているのではなく、自分たちの主張の正しさを押し付け、議論を封じ込めようとしているだけです。その上で「戦争反対」→「野党へ投票」という図式に高校生をはめ込もうと活動しているわけです
5月13日の国会前で開かれた「T-nsSOWL」の集会について、以下のように報じられています


民進党の山尾志桜里政調会長と共産党の吉良佳子参院議員が13日夜、安全保障関連法廃止と安倍晋三政権の退陣を求める高校生グループ「T-nsSOWL(ティーンズソウル)」が国会正門前で開いた集会に参加した。「安倍はやめろ」「憲法読めない総理はやめろ」などと叫ぶ高校生らを前に、山尾氏は「安保法制の憲法違反は私たちが皆さんとともに必ず廃止に持っていきます」と約束。吉良氏も「力を合わせて安倍政権を打倒しようではありませんか」と呼び掛け、夏の参院選への支援を求めた。
集会は、ティーンズソウルが毎週金曜日夜に国会前で開催しているもので、今回が3回目。高校生らは「野党はがんばれ」とエールを送り、具体的な批判の根拠も示さずに「国民なめんな」「勝手に決めんな」「憲法守れ」「戦争したがる総理はいらない」などと訴えた。
安倍首相を呼び捨てにして、「安倍はここに来い」「安倍晋三から未来を守れ」「安倍晋三は憲法読めよ」などと叫ぶ場面も。「なんか自民党感じ悪いよね」「原発いらない」との訴えもあった。こうした掛け声を発したのは高校生だったが、集会参加者の大多数は高校生には見えない「大人」たち。
(以下、略。産経新聞の記事から引用)


「安倍はここへ来い」などと叫んでいますが、対話などする気はさらさらなく、罵倒したいだけでしょう。こうした行動は政治などではなく、主義主張に凝り固まった示威活動です。民主主義を否定しようとしているのは彼らの方だ、と思うばかりです

(関連記事)
SEALDsを賛美した佐野元春のポエム
SEALs解散 活動を自画自賛
窪塚洋介「徴兵制始まる」と陰謀論展開
共産党「人を殺す予算」発言の藤野政策委員長を更迭
「防衛費は人殺しの予算」と言う日本共産党
「フジロックに政治を持ち込むな」で炎上騒動
SEALs高校生デモの参加者は中高年が目立つ
「安倍は人間じゃない」発言で野党結集を煽る山口二郎法政大学教授
SEALDsの高校生 安全保障関連法反対の理由
SEALs奥田愛基をカリスマ視する週刊朝日
石田純一の「反知性主義」発言を考える
SEALDsと野党共闘を大絶賛する「週刊金曜日」
瀬戸内寂聴がSEALDsデモを題材に恋愛小説を発表
民主党岡田代表 シールズや共産党と組む?
SEALDsの奥田愛基 国会で安保法案に反対の意見陳述
8月30日国会前デモに多くの著名人参加、と浮かれる報道
安保法案反対デモ 「フランス革命前夜」と自画自賛
安保法反対で学生ハンスト 夏休みの思い出づくり?
北朝鮮ミサイル発射 社会党は「ロケット発射」と談話
都知事選 立候補を口走る石田純一に批判殺到


SEALDs 民主主義ってこれだ!
大月書店

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SEALDs 民主主義ってこれだ! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル