北朝鮮ミサイル発射成功か? 周辺国が静観する愚

北朝鮮のミサイル開発については国連決議によってこれを禁止する旨が定めらているのですが、北朝鮮はまたも中距離弾道ミサイル「ムスダン」を日本海側に向け発射しています
着々とミサイル開発を推進する北朝鮮に対し、経済制裁くらいしか課していない国際社会の温い扱いが誤りであるのは明白です


北朝鮮は22日午前5時58分ごろと午前8時5分ごろ、日本海側の江原道元山付近から、ムスダン中距離弾道ミサイル(射程3千キロ以上)とみられる飛翔体2発を発射した。韓国軍合同参謀本部が明らかにした。軍事関係筋によれば、北朝鮮は同日午前8時10分ごろまでに、3発目のムスダンを発射したとの情報もある。
同本部などは、1発目が発射後間もなく空中で爆発して四散し、2発目が約400キロ飛行したことを明らかにした。日本海に着水した模様だ。
韓国国防省関係者は「性能の改善が多少見られるようだ」と語った。軍事関係筋によれば、3発目も空中で爆発した模様で、確認を急いでいる。
ムスダンは、日本列島を越えて米領グアムを直接攻撃する能力を持つ。韓国国防省によれば、ムスダンには約650キロの弾頭を搭載できる。移動発射台から発射できるため、事前探知が極めて難しい。今回の試射が成功だった場合、北朝鮮による核とミサイルの脅威が格段に高まる。
日米韓は、試射を成功とみるかどうかについて分析を急いでいる。日本の防衛省は2発目について、「高度が1千キロメートルに達し、一定の機能が示されたのは、我が国の安全保障に対する深刻な懸念だ」と発表した。北朝鮮は今年3月18日、中距離弾道ミサイルのノドン(射程1300キロ)の飛距離を調整し、800キロ飛行させたことがある。
韓国国防省によれば、北朝鮮は2007年にムスダンを実戦配備したが、発射は今年4月15日が初めて。その後も4月28日、5月31日と、4発連続で発射に失敗した。素材や組み立て技術、保管方法などに問題を抱えているとの見方が出ていた。
(朝日新聞の記事から引用)


上記の記事によれば、1発目と3発目が発射後すぐに空中で爆発・分解したようなので実戦投入レベルに到達しているとは言えません
しかし、発射実験を繰り返しているのですから開発を諦めてはおらず、今後も実験を継続させる気満々なのでしょう
日本政府は「北朝鮮に抗議した」と表明しているものの、何の実効もなく、北朝鮮の行動を牽制すらできない状態です
抗議だけでなく実効を伴った制裁を科すべきであり、朝鮮総連幹部とその家族を国外追放するといった措置が必要です
あるいは直接、北朝鮮のミサイル基地、開発拠点を空爆して叩く措置も検討するべきでしょう
日本やアメリカが北朝鮮に経済制裁を科しているとはいえ、中国はいまだに北朝鮮との貿易を続けているわけですから、経済制裁が効果を発揮しないのも不思議ではありません。中国が北朝鮮に厳しい態度を取れないのであれば、中国に対する制裁も考える必要があります
中国側にすれば、「北朝鮮の若造など、いつでも屈服させられる」と軽く見ていたのかもしれませんが、こうした対応が誤りだったのは明白です

(関連記事)
北朝鮮攻撃を「非現実的」と批判 山口二郎法大教授
北朝鮮への備え「PAC3」を批判する毎日新聞
「北朝鮮問題は対話で解決」と主張する野党
米軍がシリア空爆 北朝鮮攻撃もあり得る?
金正男暗殺 北朝鮮の冷酷
「北朝鮮のミサイルが原発を攻撃」と警告する政治学者
北朝鮮 「原発を攻撃すれば日本を消しされる」と豪語
北朝鮮ミサイル発射 社会党は「ロケット発射」と談話
北朝鮮が水爆実験と発表
北朝鮮が対日テロ計画 原発襲撃も
北朝鮮ミサイル「解体」情報を巡って大騒ぎをする韓国
北朝鮮がミサイル発射 韓国の反応
北朝鮮ミサイル発射中断 騒ぎを起こし利を求める
北朝鮮 再び弾道ミサイル発射に動く
北朝鮮ミサイル発射 日本政府の対応はまずかったのか?
北朝鮮ミサイル失敗 日本政府はなぜ公表に手間取ったのか?
森本拓大教授を防衛相に起用
懲りない北朝鮮 近日中に弾道ミサイル発射を計画
韓国メディア「ミサイル迎撃すると大口叩いた日本」と揶揄する報道
北朝鮮のミサイル失敗 発射直後ばらばらに
北朝鮮の「衛星」公開もはりぼてと指摘される


飢餓とミサイル―北朝鮮はこれからどうなるのか
草思社
西岡 力

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 飢餓とミサイル―北朝鮮はこれからどうなるのか の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル