高畑裕太は子どもの頃、発達障害と診断されていた

強姦致傷容疑で逮捕されたものの、不起訴処分になった高畑裕太に関する報道の中で、女性セブンの記事が「幼少期に発達障害と診断されていた」と触れていますので紹介します


発達障害と診断の高畑裕太 一般の職業人も苦労するもの
(前略)
本誌前号で報じたが、高畑は過去のインタビューで、裕太が幼少期に「発達障害」と診断されたことを打ち明けている。1秒もじっとしていることができず、教室の机はゴミだらけ。かばんを忘れて学校に行くことも日常茶飯事。
「目を離したら何をするかわからない」という恐怖から、高畑はがんじがらめの子育てをしてきた。
「幼少期から“あれをやれ、これをやれ”と全てを手取り足取り指示し、日常生活を丸ごと管理してきたそうです」(別の芸能関係者)
10人に1人の子供が発達障害とされている現代において言葉だけが広く浸透し、少しの成長遅れでも「もしかしてうちの子も…」と心配する母たちが増えた。一方で「大人の発達障害」についての無理解が指摘されている。児童心理司の山脇由貴子氏が語る。
「発達障害は生まれつきのもので、本人の努力で改善するものでも、大人になったら自然と消えるものでもありません。物忘れが激しい、衝動的に動いてしまう、空気が読めない、他者を傷つけることに鈍感など、成人後もさまざまな面で向き合っていかなければならないのです」
◆俳優という職業が鬼門だった
発達障害には「衝動性」「不注意」「多動性」を特徴とするADHD、コミュニケーション障害と共感性の欠落を特徴とするアスペルガー症候群、学習能力に障害があるLD等が挙げられる。
複合的に発症する場合もあり、山脇氏の言うように、先天性の上、成長と共に解消されるものではない。自身もADHDと診断された元メーカー社員のAさん(41才男性)が話す。
「いつまでにこれをやるといったスケジュール管理ができず、エクセルでプレゼン資料を作っていても、別のことが頭をよぎるともう気を取られて集中できない。机の整理も全くダメ。昔からこうだったのですが、あまりにも上司に怒られることが多く、見かねた同僚がすすめてくれたんです。“一度医者に診てもらった方がいい”って。結果はADHD。ショックでした。診断結果を上に伝えた直後に異動を命じられたこともあり、おれはもうダメなんだと自分を追い詰めてしまって…。結局退社しました」
Aさんは以後、派遣社員として働くも、うっかりミスの多さは変わらず、どこに行ってもなじめないまま、入退社をくり返しているという。同様の声はネット上にも多数あり、一様に生きづらさが吐露されている。
(以下、略)


記事が指摘するように「発達障害」との呼称は世間一般に認知されつつありますが、同時に「発達障害を言い訳にしている人」とのイメージがついて回り、生きづらさとか苦労は必ずしも理解されていない部分があります
当然ながら、高畑裕太の行動も「発達障害だから仕方がないよね」で済まされるものではなく、余計に印象が悪くなるだけなのかもしれません
加えて前回取り上げた弁護士のコメントなど、擁護していると言うより世間に喧嘩を売るに等しい内容であり、かえって事態をややこしくするだけでしょう
成人に達して以降、自分の行動には責任を持つべき、というのが世間一般の考えなので「発達障害だから」と説明したところで同情されこそすれ、責任を免除されたりはしないのです
上記の記事の引用部分では省略しましたが、芸能界の先達たちは「挨拶ができない」、「礼儀を知らない」などなどと高畑裕太を叱責したり、不快感を表明しています
いくら発達障害だったとしても、「目上に礼儀を欠いたのでは芸能界ではやっていけない」のであり、共演を断られても文句は言えません
高畑裕太が芸能界に復帰する可能性は皆無でしょうが、だからと言って他の仕事が務まるはずもなく、母親に生活の面倒を見てもらうしかないのが実情です
そのうち、また何らかの事件を起こすものと予想されます

(関連記事)
強姦事件不起訴の高畑裕太はどうなったか?
高畑裕太の芸能界復帰説が繰り返される訳
高畑裕太事件で「被害者女性の問題」を書く週刊誌
高畑裕太 不起訴も弁護士戦術は完敗
高畑裕太不起訴 弁護士は「そもそも事件性なかった」発言
高畑裕太容疑者の発達障害説への批判
逮捕された高畑裕太容疑者を「おバカな2世タレント」と決めつける報道
俳優高畑裕太を強姦容疑で逮捕
女性を平手打ち AAAの浦田直也逮捕
女性を平手打ち AAA浦田直也は「記憶ない」
俳優新井浩文強姦、逮捕の影響
俳優新井浩文第2回公判 「暴力行為、脅迫行為はしていない」
俳優新井浩文控訴の行方 高畑裕太は芸能界復帰
TOKIO山口達也の淫行事件を考える アルコール依存
TOKIOの山口達也不起訴も損害は5億円
俳優小出恵介 未成年者と淫行の波紋
小出恵介と淫行の17歳 週刊誌暴露を後悔
小出恵介問題 示談後も収拾つかず
押尾学に懲役2年6月の実刑判決
押尾学「ジョニー・デップみたいに復活してやる」発言
「まるで平家の落人」 押尾学控訴審に母親出廷
高知東生(高島礼子の夫) 覚醒剤で逮捕
高部あい コカイン逮捕の波紋
タレント清水良太郎 覚醒剤使用で逮捕
みのもんた次男逮捕の影響
三田佳子次男 覚醒剤で4度目逮捕
女優三田佳子の息子 元乃木坂46への暴行事件
女優黒木瞳の娘が主犯 青山学院いじめ事件
大人の発達障害 会社で問題社員扱いされる人
レッサーパンダ帽男殺人を考える1 発達障害
レッサーパンダ帽男殺人を考える2 不幸な誤解
社会学者古市憲寿の炎上騒ぎを考える
AKB襲撃犯のプロフィールを考える 発達障害
発達障害で姉を刺殺した男性 控訴審で減刑も
学習塾殺人事件を考える1 京進ゼミが9900万円賠償
学習塾殺人事件を考える2 アスペルガー障害と殺人の関係
千葉大医学部集団強姦事件を考える 容疑者の氏名発表
つくば路上刺殺事件 18歳少年裁判で犯行認める

発達障害の僕が 輝ける場所を みつけられた理由
KADOKAWA
2016-10-05
栗原 類

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 発達障害の僕が 輝ける場所を みつけられた理由 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル