高畑裕太 不起訴も弁護士戦術は完敗

元俳優高畑裕太は不起訴となり、治療のため精神病院に入院中です
しかし、所属事務所を解雇されたため芸能界復帰の道は事実上閉ざされており、今後の身の振り方がどうなるのでしょうか?
日刊サイゾーの記事では、弁護士の戦術の誤りを指摘し、かえって高畑裕太を追い詰める形になったと述べています


高畑が所属する石井光三オフィスは、釈放当日に報道各社に謝罪のファックス。その中で「関係者の皆さまに多大なるご迷惑とご心配をお掛けしました事実を重く受け止め、本日、高畑裕太とのマネジメント契約を解除いたしましたことをご報告申し上げます」と解雇を発表した。
「芸能界では、事務所の解雇というのは起訴よりもデカいんです。芸能界の身元保証がなくなったということですから。容疑のシロクロは裁判にもなっていないので我々にはわかりませんが、芸能の仕事を続けられるなら、事務所が解雇することはないですよ。ハッキリ言えば、事務所の解雇は『仕事をさせられる人ではない』ということを暗に示されたようなものなんです」と日テレ関係者。
同様に、ほか民放2局の局員に見解を聞いてみたが、ひとりは「事務所を解雇になったら、基本、使わない方針になる」と同回答で、もうひとりは「弁護士の見解が、イメージ悪すぎる」と言っていた。
「悪質な事件ではなかった」
「裁判になっていれば、無罪主張をしたと思われた事件」
不起訴となった当日、担当弁護士の渥美陽子氏、小佐々奨氏の2名から出された見解は、容疑自体を「なかった」とするようなものだが、これは世間で大きな物議を醸しており、結果的に「高畑を使わない」という方針のダメ押しとなったようだ。
ある放送作家は「弁護士はイメージ回復のために全力を尽くすつもりで出したんでしょうけど、芸能界や人気商売というものをまったく理解してないです。あれでは逆効果で、むしろイメージはさらに悪化したと思います。戦略は大失敗でしょう」とまで言っている。
仮に高畑側の話の通りなら、警察による誤認逮捕という可能性が出てきてしまうが、放送作家は「事実関係より重要なのが、立場の構図」だという。
(以下、略)


無罪請負人と称される弘中惇一郎の「法律事務所ヒロナカ」所属で、美人と評判の渥美陽子弁護士ですが、今回ばかりは対応を誤ったと言われても仕方がないのでしょう(東京大学法科大学院出の才媛です)
強姦事件でイメージがもともと悪くなったところに、あのような弁護士の「悪質な事件ではなかった」発言ですから、世の反発に追い打ちをかけただけで逆効果でした。が、渥美弁護士は決して「イメージ戦略に失敗した」とは認めず、不起訴を勝ち取ったのだから成功報酬を手にして当然、と開き直ると思われます
さて、一部のメディアは高畑裕太側が今回、被害者に支払った示談金を8千万円だと報じています
事件のついて今後一切、メディア等に漏らさない約束付きの示談ですから、相当の金額を支払っていると推測しますが、本当に8千万円なのでしょうか?
被害者が勤務していたビジネスホテル名は伏せられたままですが、特定するのは困難ではなく、被害者が今後も継続して勤務するのは無理でしょう。つまり退職せざるを得ないのであり、その分を加味すれば示談で支払われた金は1千万円を超える額になると考えられます
これにメディア対策としての口止め料も加算されますので、少なく見積もっても2千万円くらいは支払っているのかもしれません
腕の立つ弁護士を雇ったからといって、必ずしも得をするわけではないと言えます

(関連記事)
強姦事件不起訴の高畑裕太はどうなったか?
高畑雄太の芸能界復帰説が繰り返される訳
高畑裕太事件で「被害者女性の問題」を書く週刊誌
高畑裕太は子どもの頃、発達障害と診断されていた
高畑裕太不起訴 弁護士は「そもそも事件性なかった」発言
高畑裕太容疑者の発達障害説への批判
逮捕された高畑裕太容疑者を「おバカな2世タレント」と決めつける報道
俳優高畑裕太を強姦容疑で逮捕
女性を平手打ち AAAの浦田直也逮捕
女性を平手打ち AAA浦田直也は「記憶ない」
俳優新井浩文強姦、逮捕の影響
俳優新井浩文第2回公判 「暴力行為、脅迫行為はしていない」
俳優新井浩文の強姦事件 懲役5年の判決
俳優新井浩文控訴の行方 高畑裕太は芸能界復帰
TOKIO山口達也の淫行事件を考える アルコール依存
TOKIOの山口達也不起訴も損害は5億円
俳優小出恵介 未成年者と淫行の波紋
小出恵介と淫行の女子高生江原穂紀
小出恵介と淫行の17歳 週刊誌暴露を後悔
小出恵介示談成立もくすぶる噂
小出恵介問題 示談後も収拾つかず
押尾学に懲役2年6月の実刑判決
押尾学「ジョニー・デップみたいに復活してやる」発言
「まるで平家の落人」 押尾学控訴審に母親出廷
高知東生(高島礼子の夫) 覚醒剤で逮捕
高部あい コカイン逮捕の波紋
みのもんた次男逮捕の影響
三田佳子次男 覚醒剤で4度目逮捕
女優三田佳子の息子 元乃木坂46への暴行事件
女優黒木瞳の娘が主犯 青山学院いじめ事件
大人の発達障害 会社で問題社員扱いされる人
社会学者古市憲寿の炎上騒ぎを考える
AKB襲撃犯のプロフィールを考える 発達障害
発達障害で姉を刺殺した男性 控訴審で減刑も
学習塾殺人事件を考える1 京進ゼミが9900万円賠償
学習塾殺人事件を考える2 アスペルガー障害と殺人の関係
レッサーパンダ帽男殺人を考える1 発達障害
レッサーパンダ帽男殺人を考える2 不幸な誤解


私が弁護士になるまで (文春文庫)
文藝春秋
2015-01-05
菊間 千乃

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 私が弁護士になるまで (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル