高畑裕太事件で「被害者女性の問題」を書く週刊誌

不起訴処分で真相が有耶無耶となった元俳優高畑裕太の強姦事件ですが、週刊文春やFRIDAY、女性セブンといった週刊誌は、「事件の真相は、被害者とされる女性の側に問題があった」とする記事を掲載しており、これはセカンドレイプだとインターネットメディアLITERAが指摘しています
強姦致傷で逮捕されたものの、示談が成立して不起訴処分になるという曖昧な結末でしたので、週刊誌が事件の真相を求めあれこれ取材して回るのは理解できます。その上で、「真相は世間一般に信じられている内容とは真逆であり、実は被害者とされる女性の側にも問題があったのだ」と意外性を含んだ記事を書くのも、週刊誌を売るためにはありなのでしょう
ただ、LITERAは上記の高畑裕太による「強姦事件」を警察に通報した人物は暴力団関係者であり、被害者女性は暴力団と関係をもつ人物であり、強姦事件は仕組まれたものだった、とするこれら週刊誌の報道を疑問視し、警察の失態を隠すため群馬県警側がこうした情報を流したのではないか、と告発します
長文の記事であるため一部のみ、引用します。関心のある方はLITERAのサイトで全文を確認願います


高畑裕太事件で文春、セブン、フライデーが被害女性に"セカンドレイプ"的報道!合意匂わせ知人男性を暴力団と...
急転直下、不起訴処分となった高畑裕太事件。ワイドショーの過熱報道はようやく落ち着いた感じだが、本サイトが懸念していたのは、週刊誌がどう出るか、ということだった。
もちろん、週刊誌というメディアの性格上、事件の裏側を探り、記事にするのは当然の行動である。しかし、今回は一般女性が被害者の「強姦」事件であり、下手に動けば、被害者を晒し者にし、セカンドレイプのような事態を引き起こす。最近の週刊誌は、大手芸能事務所や大物政治家には弱いが、そのぶん、相手が反論のできない一般人となると書きたい放題となる傾向があり、今回の事件でもその可能性はかなり高いのではないか、そう危惧していたのだ。
そして、不安はやはり的中した。先週末から今週にかけて、強姦被害を否定し、被害者女性のプライバシー暴きを行う週刊誌が次々と出てきたのだ。
その先陣を切ったのが「女性セブン」(小学館)9月29日・10月6日合併号だった。同誌が悪質なのはまず、被害者女性の素性や容姿をかなり詳細に描いたことだ。
2次被害を防ぐため引用は避けるが、職歴や結婚歴、身長や髪型、住居を匂わす情報などを掲載し、周囲の人間なら容易に特定できるような状況をつくり出してしまった。
一方、年齢についても「差別」意識が丸出し。知人の間で冗談として言われていたという「49歳」という虚偽の年齢をタイトルにデカデカと打ち、「こんな年齢の女性と」とでも言いたげな、差別的な煽りを繰り広げた。
これだけでも、女性誌とは思えない配慮のなさだが、「女性セブン」は犯行についても、合意の可能性があることをこう匂わせている。
(中略)
さらに、「文春」は「フライデー」が報じた、知人男性についてももっと詳しいプロフィールを暴いていた。東京に本部を構える暴力団に所属していた元組長だったこと、
そして2度の逮捕歴。そのうえで、この人物が「500万円」「1千万円」といった示談金の金額を口にし、最終的に高畑サイドは被害者女性に「1500万円」を支払ったと書くのだ。
本サイトは率直に言って、これらの報道は明らかにやりすぎだと考えている。たしかに、高畑裕太が被害者の告訴なしに立件できる「強姦致傷」という非親告罪で逮捕されたにもかかわらず、被害者との間で示談が成立して、釈放されたことは不可解だ。冤罪の可能性はゼロではないし、ある程度の事実解明も必要だろう。
しかし、そのために、女性を特定できるようなプロフィールを暴き、セックスのディテールまで書く必要があるのか。これは明らかに“セカンドレイプ”だろう。
しかも、その内容はミスリードに満ちている。はっきりさせておくが、女性は性行為に合意などしていない。高畑に押し切られて部屋にいっしょに行ったのは事実のようだが、高畑の誘いには最初から一貫して拒否の言葉を言い続けていた(これは高畑も認めている)。そのあとも、立場上、騒ぎになるのを恐れて大声をあげたりしなかっただけで、高畑に強引に迫られ、性行為をさせられた可能性が高い。それを、強い拒否がなかったことをもって合意があったかのように主張する高畑の言い分は、完全に男の身勝手な理屈である。
(以下、略)


と、ここまで書いた上でLITERAは週刊誌に調書の中にしか存在しない高畑裕太の供述内容を漏らしたのは群馬県警であり、警察の失態(起訴に至らなかった)を隠蔽するため、ことさら「暴力団関係者による仕組まれた事件」であるかのような印象を植え付けようとしているのではないか、と読み解いています
ただし、LITERAがどこまで独自に取材したのかは不明です
週刊誌の報道で示談金は1500万円とか、1800万円とか言われています
しかし、被害者女性が周囲の好奇の目にさらされるのを理由にホテル勤務を続けられなくなると考えれば、数十万円で和解するのは無理であり、年収相当額を要求するのは当然でしょう。さらに加害者が芸能人となれば、口止め料込みで1000万円を超える額が提示されるのもあり得る、と思います
真相は藪の中であり、不起訴になったからには白とも黒ともつかない状態のままです。少なくとも高畑裕太側が示談金を支払った事実がある以上、何らかの強姦行為があったと見るのは当然であり、「事件ではなかった」などと強弁しても無駄です
ですから週刊文春がいかに「真相」を書こうと、それで世間が納得し高畑裕太こそ被害者だと同情したりはしません
高畑淳子はこうした週刊誌報道から「息子裕太の無罪」が世間に認知され、芸能界復帰の芽が生じると目論んでいると書く週刊誌もありますが、決してそうはならないでしょう

(関連記事)
強姦事件不起訴の高畑裕太はどうなったか?
高畑裕太の芸能界復帰説が繰り返される訳
高畑裕太 不起訴も弁護士戦術は完敗
高畑裕太は子どもの頃、発達障害と診断されていた
高畑裕太不起訴 弁護士は「そもそも事件性なかった」発言
高畑裕太容疑者の発達障害説への批判
逮捕された高畑裕太容疑者を「おバカな2世タレント」と決めつける報道
俳優高畑裕太を強姦容疑で逮捕
女性を平手打ち AAAの浦田直也逮捕
女性を平手打ち AAA浦田直也は「記憶ない」
俳優新井浩文強姦、逮捕の影響
俳優新井浩文 強姦事件公判で「合意があった」と主張
https://05448081.at.webry.info/201909/article_2.html
俳優新井浩文第2回公判 「暴力行為、脅迫行為はしていない」
https://05448081.at.webry.info/201909/article_25.html
TOKIO山口達也の淫行事件を考える アルコール依存
TOKIOの山口達也不起訴も損害は5億円
俳優小出恵介 未成年者と淫行の波紋
小出恵介示談成立もくすぶる噂
小出恵介問題 示談後も収拾つかず
女性を平手打ち AAAの浦田直也逮捕
押尾学に懲役2年6月の実刑判決
押尾学「ジョニー・デップみたいに復活してやる」発言
「まるで平家の落人」 押尾学控訴審に母親出廷
高知東生(高島礼子の夫) 覚醒剤で逮捕
高部あい コカイン逮捕の波紋
みのもんた次男逮捕の影響
三田佳子次男 覚醒剤で4度目逮捕
女優三田佳子の息子 元乃木坂46への暴行事件
女優黒木瞳の娘が主犯 青山学院いじめ事件
大人の発達障害 会社で問題社員扱いされる人
社会学者古市憲寿の炎上騒ぎを考える
AKB襲撃犯のプロフィールを考える 発達障害
発達障害で姉を刺殺した男性 控訴審で減刑も
学習塾殺人事件を考える1 京進ゼミが9900万円賠償
学習塾殺人事件を考える2 アスペルガー障害と殺人の関係
千葉大医学部集団強姦事件を考える 容疑者の氏名発表
レッサーパンダ帽男殺人を考える1 発達障害
レッサーパンダ帽男殺人を考える2 不幸な誤解


性犯罪被害にあうということ
朝日新聞出版
小林 美佳

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 性犯罪被害にあうということ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル