酒井法子の元夫、高相祐一 今度は実刑判決か

酒井法子の元夫、高相祐一が違法ドラッグ所持で逮捕されていましたが、ようやく裁判が始まりました
これまでにも薬物犯罪で逮捕されながら、執行猶予付き判決で刑務所行きは免れてきた高相被告に、さらなる温情をかける必要があるのか大いに疑問です


「PV8」などと呼ばれている危険ドラッグを所持・使用したとして医薬品医療機器法違反罪に問われた、酒井法子(45)の元夫・高相祐一被告(49)の初公判が13日、東京地裁(佐々木一夫裁判官)で開かれた。高相被告は起訴内容を認めた。検察側は懲役1年6月を求刑した。
高相被告は昨年11月、東京・渋谷区内のマンションで危険ドラッグを使用、所持したとして逮捕、起訴されていた。グレーのジャケットにパンツ、ネクタイを締めて入廷した高相被告は「間違いありません」と認めた。
高相被告は1998年に酒井と結婚、翌年に長男が生まれたが、2009年に夫婦揃って覚醒剤取締法違反容疑で逮捕された。高相被告、酒井とも有罪判決を受け、翌年に離婚した。高相被告は12年に麻薬取締法違反容疑で再び逮捕されるも、この時は処分保留で釈放されていた。
高相被告は薬物依存からの脱却を目指す支援組織「日本ダルク」に10年3月から1年間、また昨年春から10月まで2度にわたって入所していた。
昨年ダルクを出所した後、建築関係の仕事についたが3週間ほどたったころ「疲れとかモヤモヤしている中で(危険ドラッグを)使ってしまった。その後連続して使ってしまいました」という。
自分のことを「流されやすい人間」と分析する高相被告は被告人質問で“3度目の正直”としてダルクに骨をうずめる考えを明かした。「(ダルクに)いつまでも居続けたい。もう出ても大丈夫だよ、と言われても(更生)プログラムを利用し続けたいと思います」。さらに薬物依存から立ち直った時は「(薬物乱用者を)サポートする側に回って一生骨をうずめたい。二度と社会に出よう(外で仕事をしよう)なんて考えていない。ダルクに骨をうずめたい」と職員のような形で居続けるつもりだという。この日、情状証人として日本ダルクの職員が出廷した。
高相被告は「ラストチャンスをいただけたらありがたいと思っています」と執行猶予付きの判決を求めた。判決は3月3日に言い渡される。
(東スポの配信記事から引用)


高相被告の父親は東京の有名なスキーショップの経営者です。息子の生活を支援しているのかどうかは不明ですが、おそらく没交渉なのだと思われます
なので高相被告もいまさら父親に世話をしてもらう気などないのでしょう
「ダルク」に身を寄せると言いつつ、本当にそうなのかは分かりません。過去にも「ダルク」に入所しておきながら、そこを飛び出しています。施設に拘束されるのが嫌で、あくまでも気ままに生活したい高相被告が、この先「ダルクの職員になりたい」などと口走るのですから、耳を疑います
ラストチャンスなどと言わず、まずは刑務所に入って己の犯罪と向き合うべきではないのか、と思うばかりです
刑務所を出てから「ダルク」に行けばよいわけで…
刑務所に4年くらい服役すれば、その間は薬物に手を出さずに済むのですから高相被告には最適でしょう

(関連記事)
酒井法子に逮捕状
酒井法子はなぜ逃げ続けるのか?
酒井法子逮捕で会見した事務所社長
酒井法子容疑者起訴を考える
酒井法子は覚醒剤をやめられるか
酒井法子の告白本 まったく売れず
酒井法子事件をモデルにした映画「刹那」公開
酒井法子 中国訪問のギャラは9600万円
酒井法子 更生施設に入らず自力で薬物から立ち直る方針
芸能人お受験 2012 酒井法子の息子中高一貫校合格
訂正芸能人のお受験2012 酒井法子の息子は
清原和博テレビ出演の謎
清原和博被告公判(2) 黒い交際は不問のまま
清原和博被告公判(1) お涙頂戴話を連発
元プロ野球選手清原 覚醒剤で逮捕
芸能人お受験戦争 清原の息子は慶応幼稚舎合格


依存性薬物と乱用・依存・中毒―時代の狭間を見つめて
星和書店
和田 清

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 依存性薬物と乱用・依存・中毒―時代の狭間を見つめて の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル