林眞須美死刑囚長男インタビュー

和歌山毒入りカレー事件で死刑判決を受けた林眞須美死刑囚の長男が、MBSテレビの開局65周年記念番組「激撮! 直撃!! スクープ 秘蔵映像全て見せます」で、インタビューに応じたと報じられています
事件当時こどもだった長男は29歳になります。正式な取材に応じてこなかっただけに注目されるのでしょう
ただし、そこで語られる内容にどれだけ真実が含まれているのか疑問です
日刊スポーツ掲載記事から引用します


林真須美死刑囚の長男が語った家族…札束の山
1998年7月25日、和歌山市園部の夏祭り会場でカレーを食べた4人が死亡、63人が急性ヒ素中毒になった和歌山毒物カレー事件。当時、10歳だった林真須美死刑囚(55)の長男(29)が初めてテレビのインタビューに応じた。
高く白い壁が取り囲み、敷地360平方メートルを超える林家の豪邸には大きな金庫があった。金庫には大量の札束があり、億単位のお金が入っていた。長男は言う。
「子どもながらになんでこんなにお金があるのか、不思議だった」。父の健治氏はギャンブルで大金を手にすると、部屋で頭上から金をばらまいた。定職を持たない両親の口癖は「おれたちはお金のないところから取っているのではない。あるところから取っているからいいんだ」。
初めて長男への直撃インタビューをしたのはMBSテレビの開局65周年記念番組「激撮! 直撃!! スクープ 秘蔵映像全て見せます」(20日午後1時55分放送、関西ローカル)。同番組はMBSがカメラに収めてきた幾多のニュース映像を基に「あのとき何かあったのか」「あの人はどうなったのか」に迫る約4時間の生放送番組だ。
同番組内の「和歌山毒物カレー 林真須美死刑囚の長男が語る19年目の真実」で、長男は事件前に「林家」で何が起こっていたのかを語り、事件後には「犯罪者の息子」と陰口をたたかれ、生活が大きく変化したことを明かす。豪邸での暮らしを支えていたのは「保険金ビジネス」だった。もちろん、幼い長男にはわかるはずもない。あれから18年の時を経た。和歌山市内の運送会社で働く長男は「いま思えば両親はお金にとりつかれていたんだなとわかる」。
両親が逮捕後、4人の子どもは養護施設に預けられ、壮絶ないじめにあった。乾燥剤が故意に入れられたカレーを口にした長男はアワをふいて倒れたこともあった。「あれ、林真須美の長男やで」。居酒屋で働いているとき、客が店主に伝えた。店主からは「衛生的に悪いからやめてもらえるか」と告げられた。
真須美死刑囚はカレー事件の無罪を主張し最高裁まで争ったが、2009年5月に死刑が確定。長男が21歳のときだった。
年に1度だけ母のもとに行く。昨年6月に面会したときは、歯がすべて抜けてなくなっていた。「歯はどうしたん? 治療してもらっていないねん」。
それでも強気な性格は昔のままだ。「ちょっと早めに老人ホームに入ったと思っているよ」と話したという。
死刑が確定した真須美死刑囚は09年7月に裁判のやり直しを求めて和歌山地裁に再審請求した。弁護団は被害者の毒物中毒を起こしたヒ素の鑑定手法に問題点があり、再審開始要件の「無罪を言い渡すべき新証拠」と主張。和歌山地裁は今月29日に再審請求について可否の決定をする。
(以下、略)


林眞須美が死刑を求刑され、裁判が続く間に夫である林健治は保険金詐欺事件で有罪判決を受け、服役しています
一部の市民団体は和歌山毒カレー事件を冤罪であるとし、林眞須美死刑囚の再審を支援してきました
が、林眞須美が夫と共謀し保険金詐欺で財を成していたのは明らかであり、カレー事件はともかく犯罪者であることに変わりはないのです
そして逮捕前、林夫妻がテレビの取材に何度も応じ、カレー事件や保険金詐欺を否定するふてぶてしい態度を示した結果、世間の顰蹙を買ったのであり、息子や娘に対するいじめという報復に結びついてしまったわけです
林眞須美や夫である健治が反省を口にし、被害者に謝罪していたなら違った経過をたどったかもしれません
現在でもなお林眞須美は無罪を主張し、謝罪もしていません。家族を犠牲にしてでも無罪だと言い張る、その業の深さにはほどほど呆れます
刑務所を出た林健治はヒ素中毒の後遺症で歩行が困難、との事情もあり生活保護を受けて暮らしています。ヒ素中毒は己の所業の結果であり、保護の対象なのかと疑わしく思うのですが(一説には、林眞須美が夫の死亡保険金を狙い、ヒ素を飲ませて殺害しようとした、とされます。林健治自身は自分でヒ素を飲んだと主張)
そんな父親を長男が避け、扶養しないのも因果応報でしょうか?
上記番組の中で、長男が母親や父親について何を語るにせよ、同情する気にはなれません

(関連記事)
和歌山カレー事件再審請求 大阪高裁も棄却
和歌山カレー事件 「20年目の真実」と称する幻想譚
https://05448081.at.webry.info/201909/article_21.html
和歌山カレー事件 林死刑囚に動機はないのか?
和歌山実業家怪死事件に口出す和歌山カレー事件林健治
林眞須美死刑囚の長男が語る「家族」
和歌山毒カレー事件 再審請求を棄却
毒入りカレー林真須美の息子と淫行事件
和歌山毒カレー事件 林真須美冤罪説への疑問
和歌山カレー事件を冤罪と決め付けるメディア
和歌山毒入りカレー事件から15年
毒入りカレー事件 林真須美の再審請求
和歌山毒入りカレー事件の判決を聞いて
和歌山毒入りカレー事件判決 その後
毒入りカレー事件被告を悲劇のヒロインにする「週刊金曜日」
和歌山カレー事件林真須美を支援する人たち
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える1
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える2
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える3
女児誘拐殺人犯小林薫 死刑執行
土浦8人殺傷事件犯金川真大 死刑執行
岡山派遣OL殺害事件 死刑判決
死刑執行 霊能者を自称した江藤幸子死刑囚
日本に死刑廃止を要求するEU
死刑執行 三島女子大生殺人の服部死刑囚
名張毒ぶどう酒事件 再審請求認めず
名張毒ぶどう酒事件奥西死刑囚が病死