千葉ベトナム女児殺害を考える 他の少女殺害と比較

少女殺害というのは性犯罪の1つの結果であるのですが、そこへ至る道筋は決して単一ではなく、犯人の嗜癖や人生観、価値観などによりさまざまな形態があるように思います
千葉県でベトナム国籍の小学生を殺害した渋谷容疑者の場合は、いかにして小児性愛者となり、殺人を犯すに至ったのでしょうか?
今回は過去に起きた少女殺害事件を例に考えてみます
1つは2004年3月に群馬県高崎市で起きた小学校1年の浜名愛ちゃん(当時7歳)の殺害事件です。この事件では同じ県営住宅に住む野木巨之がすぐに逮捕されており、いわゆる北関東の未解決少女殺害事件とは異なります


調べによると、野木容疑者は同日午後2時40分ごろ、自宅の部屋で愛ちゃんの首を絞めて殺害した疑い。野木は「部屋に入れていたずらしようとしたが、玄関前で騒がれそうになったので室内に連れ込んで殺した」と話しているという。
野木はこの日、午後4時からの勤務で、仕事に行こうと家を出たところ、エレベーターを降りた愛ちゃんを見つけた。エレベーター内の防犯カメラには午後2時36分、愛ちゃんが10階でエレベーターを降りる姿が映っていた。
愛ちゃんは同日午後2時半過ぎ、自宅の県営住宅のエレベーターで同級生と別れた後、行方が分からなくなり、母祐子さん(36)が同3時半ごろ、「子供が帰ってこない」と110番通報した。
行方を捜していた捜査員が午後6時半ごろ、愛さんと同じ階に住む野木方を訪れた際、野木は不在で、母親が対応した。その後、母親が仕事先にいた野木に電話で「女の子がいなくなったらしいが、何か知らないか」と尋ねたところ「家に戻る」と言って、午後7時20分ごろ野木が帰宅。捜査員が事情を聴いたところ、「自分がやった」と話した。愛ちゃんは野木の部屋で、布団に仰向けで横たわった状態で見つかった。


野木巨之は殺人罪などで無期懲役判決を受けたのですが、公判中に趣味で集めた「美少女フィギュア(人形)」を廃棄するかどうか検察官に問われた際、感情を乱して泣き崩れ、「端から見れば汚い人形だが、自分をささえてくれた大切なもの」と言って泣き出し、「遺族の気持ちも分かるが、私が(被害者を殺害)してしまったように、相手から大切なものを奪ったら後悔するだろう。そんなことしてほしくない」などと叫び出し注目を浴びました
この事件から少女殺害=ロリコン=フィギュア族=オタクという図式をメディアがでっち上げるに至った、とされます
少女をまるで人形のように弄ぶとのイメージが作られ、人間性を欠いた若者と決めつけられるのですが
野木受刑者は高校生時、成績優秀で生徒会長も務めた人物です。高校卒業後は漫画家を目指し専門学校へ進むのですが挫折し、自動車部品会社で働いていました。知的障害や精神障害はないものの、部屋は乱雑で足の踏み場もなかったとの報道を見ると、どこか人格的に破綻しているように感じます
殺害した愛ちゃんを部屋に残したまま仕事へ出かけており、遺体の処分までは考えてもいなかったのでしょう。衝動的に愛ちゃんに襲い掛かったものの、後先どうするかまでは考えていなかったと思われます
渋谷容疑者のように人目につかぬよう拉致し、遺体を遺棄する手口とは異なっており、ゆえに渋谷容疑者の手慣れた犯行がより際立って見えます
もう1つの事件は当ブログでも取り上げた今市の少女殺害事件で、小学生の女児を全裸にし粘着テープで口を塞き、刃物で10か所以上も切り付け失血死させたものです。これは少女を生きたまま切り刻むような犯行であり、性交が狙いというより少女を傷つけて快楽を味わおうとする犯行です
詳細な動機について勝又被告は供述していませんので不明のままです
勝又被告は一時期、使用していた車にランドセルをいくつも載せていた、との証言がありますので、吉田有希ちゃん以外の小学生を襲い、ランドセルを奪った可能性も考えられます(被害届の出ていない暴行事件もあるわけで)
ただし、古物商をしていた勝又被告がランドセルを買い取り、所有していた場合もあり得ます
ランドセルへの執着は女児への執心の現れ、とも解釈できます
小学生時代に台湾から来日し、日本で育った勝又被告は小学生女児への異常な執心と歪んだ性的嗜好を内に抱えていたのかもしれません
凶器や有希ちゃんの衣類は発見されておらず、動機についても語らないままなのですから、それ以上の解明は困難です
渋谷容疑者の場合も、小児性愛から少女殺害に至るまで何らかの力動があったと推測されるのですが、口を閉ざし何も語らないまま終わらせようとする展開もあると思われます
わずか2例ですが、それでも少女殺害事件では犯人の人格、嗜癖、経歴に大きな違いがあり、犯人像をただちに特定できるものではありません
犯罪の種類により、犯人は特定の人格、性癖の持ち主だと書割のように決めつけると事件を読み誤る危険があります。性犯罪=ロリコンと決めつけたところで何も解決などしないのですから

(関連記事)
千葉ベトナム女児殺害を考える 控訴審でも無罪主張
千葉ベトナム女児殺害を考える 控訴審は9月に
千葉ベトナム女児殺害を考える 無期懲役判決
千葉ベトナム女児殺害を考える 死刑求刑
千葉ベトナム女児殺害を考える 「面倒くさい事件と思った」発言
千葉ベトナム女児殺害を考える 釣りの準備をしていたと否認
千葉ベトナム女児殺害を考える SM用手足錠で拘束した
千葉ベトナム女児殺害を考える 初公判で全面否認
千葉ベトナム女児殺害を考える 渋谷被告のこどもは養護施設に
千葉ベトナム女児殺害を考える 殺人罪で起訴
千葉ベトナム女児殺害を考える 軽乗用車から尿反応
千葉ベトナム女児殺害を考える 殺人容疑で再逮捕
千葉ベトナム女児殺害を考える 車からDNA検出
千葉ベトナム女児殺害を考える 渋谷容疑者の母親
千葉ベトナム女児殺害を考える 未解決少女殺害事件
千葉ベトナム女児殺害を考える 渋谷容疑者に別の女児殺害の疑い
千葉ベトナム女児殺害を考える 渋谷容疑者に前科あり
千葉ベトナム女児殺害を考える PTA会長を逮捕
千葉ベトナム女児殺害を考える 目撃証言なし
千葉ベトナム女児殺害を考える 元刑事の推理
千葉ベトナム女児殺害を考える 不審人物の映像
千葉ベトナム女児殺害事件を考える 全裸で遺棄
茨城女子大生殺害事件を考える モリ容疑者逮捕
茨城女子大生殺害事件を考える モリ容疑者起訴
TBS報道局部長 警察「性的犯罪前歴者名簿」閲覧
神戸小1女児不明事件 容疑者逮捕
神戸小1女児不明事件 犯人の沈黙
神戸小1女児不明事件 わいせつ目的で起訴
神戸小1女児不明事件 初公判でわいせつ目的否定
神戸小1女児不明事件 死刑判決
今市女児殺害事件 犯行の状況
今市女児殺害事件 逮捕まで8年半
今市女児殺害事件 「物色中に偶然見つけた」
今市女児殺害事件 犯行を自供した男
女児誘拐殺人犯小林薫 死刑執行
ベビーシッタ-殺人 ペニスに執着したペドフェリア
ベビーシッター殺人 無期懲役求刑
ベビーシッター殺人控訴審 小児性愛ではないと主張
福岡女児遺棄事件を考える4 公判でも殺意を否認
福岡女児遺棄事件を考える5 無期懲役判決
宮崎勤死刑囚の嘘と偽装 ネズミ人間は思いつきか
ネズミ人間
女児2人殺害の飯塚事件(1992年)再審なるか?
女児2人殺害の飯塚事件(1992年) 再審認めず
新潟女児殺害事件4 女子中学生連れ回しも
新潟女児殺害事件3 20代男性が重要参考人
新潟女児殺害事件2 黒い服の男に追われた
新潟女児殺害事件1 轢死に見せるため線路に放置