韓国文大統領訪中も冷遇、踏んだり蹴ったり

韓国国民から、「外交の天才」と称賛される文在寅大統領が国賓として中国に招かれているのですが、格に見合わぬ冷遇を受けていると報じられています
国賓として迎えたからには習近平との首脳会談後、共同声明の発表やら共同記者会見があってしかるべきですが、今回はそれもありません
李克強首相と文大統領の昼食会も見送られ、中国滞在中に文大統領が食事をする機会が12回ある中で、中国政府首脳とテーブルを共にするのは2回だけなのだとか
さらに文大統領の取材をしていた韓国メディアのカメラマンが、中国側の民間警備員から殴る蹴るの暴行を受け負傷した、との報道まであります
韓国メディアはこの事件に反発し、中国を批判する記事、社説を掲げています


中国を国賓として訪問中の韓国の文在寅大統領を、習近平政権が冷遇している。懸案の初訪中を果たした文氏だが、韓国側からは、習氏は今後も「韓国を格下とみる外交政策を駆使するのでは」(朝鮮日報)との不安の声が上がっている。
13日、北京の空港で文氏を出迎えたのは中国の孔鉉佑外務次官補(朝鮮半島問題特別代表)だった。「昨年秋のフィリピンのドゥテルテ大統領の際は王毅外相が出迎えた」などと、14日付の韓国各紙はその冷遇ぶりを驚きをもって伝えた。
(中略)
韓国側が中国にここまで気を使うのは、今回の訪中を成功させて、米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備問題で悪化した中韓関係の修復をアピールしたい思惑があるためだ。
一方、文氏を迎えた中国側の事情は異なる。「THAAD問題は区切りがついた」と都合良く解釈する文氏の頭を冷やし、「日米韓の協力を軍事同盟に発展させない」などの“約束”を守るよう直接、くぎを刺す機会ととらえている。
(産経新聞の記事から引用)


そして14日午前中、北京市内で開かれた中韓貿易関連の式典出席を終えた文大統領を追って移動していたところ、中国人の警備担当者と取材陣が言い争いになった末、カメラマンの1人が警備員から殴る蹴るの暴行を受け、別の場所にいた韓国日報の記者も胸ぐらをつかまれ、投げ飛ばされたと韓国メディアは伝えています
韓国の外交部は中国側に抗議し、関係者の処罰を求めたとの話ですが、中国が応じるかどうかは分かりません
別の報道では、文大統領が街中の食堂で夫人らとともに豆乳と揚げパンという朝食を摂る様が伝えられ、「大統領を観光客以下の扱い」にしていると、その冷遇振りを嘆く内容を配信しています
仮にも大統領ですから、朝食は中国政府の要人か、中国経済界の大物と相席するのが当たり前なのですが
文在寅大統領のかつての政治的盟友でもあった故廬武鉉大統領は、外交の優先順位を度外視し、国賓として迎えてくれる国だけを訪問して回り、しかもその国の政府要人との会見より現地に住む韓国人との面会や会食を優先するという倒錯振りでした
また、安倍首相が韓国を実務訪問した際、朴槿恵大統領は首脳会談後に昼食会を設定せず、安倍首相ら一行はソウル市内の焼肉店で食事をするという外交上の非礼があったのですが、韓国メディアはこの非礼を拍手喝采し、安部に思い知らせてやったと称賛していたのが記憶に新しいところです
他国には平気で非礼を働き、しかし自国の大統領が非礼な扱いを受けると激怒するのが韓国です
かつては中国とアメリカを天秤にかける韓国の外交を、韓国メディアは「最高のバランス外交だ」と称賛していたのですが、中国にもアメリカにも媚を売るような真似がいつまでも通用しないのだと、今回の中国訪問は示しています

(関連記事)
安倍・トランプ会談を腐す韓国メディア
一転 安倍・トランプ会談を称賛する韓国メディア
日米韓首脳会談実施
韓国大統領訪米も成果なく手ぶらで帰国
外務省HP「韓国とは価値を共有できない」宣言
韓国大統領が米議会演説で日本批判
韓国メディア「韓日関係悪化は日本のせい」としか書けない論
「アベノミクスよりクネノミクスが上」だと誇示する韓国メディア
「文明開化に失敗した李氏朝鮮」を認めない韓国史観
日本の制韓論を警戒する韓国
「米中首脳会談に日本が嫉妬」と書く中国メディア
ウォン高に揺れる韓国 日本への恨み節
「日本の鎖国主義を罰せよ」と書く韓国メディア
韓国メディアの安倍首相叩きとその屁理屈
韓国新大統領「被害者と加害者」を強調 反日路線継承
韓国「南北統一で日本を抜き先進国へ」
「安倍政権」誕生を畏怖する韓国メディア
日米首脳会談に嫉妬する韓国
オバマ大統領の広島訪問を危ぶむ中国・韓国(1)
オバマ大統領の広島訪問を危ぶむ中国・韓国(2)
オバマ大統領の広島訪問を危ぶむ中国・韓国(3)
オバマ大統領の広島訪問 その成果を否定しまくる韓国メディア
韓国メディアによる「オバマ大統領広島訪問批判」の数々
アメリカ訪問 韓国大統領と野田首相の待遇の差
バイロイト音楽祭 2003年


プロトコールとは何か 世界に通用する公式マナー (文春新書)
文藝春秋
寺西 千代子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by プロトコールとは何か 世界に通用する公式マナー (文春新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル