オウム裁判終結 死刑判決は松本ら13名

オウム真理教事件で逮捕、起訴されていた元信者高橋克也被告の裁判で、最高裁は上告を棄却する決定を言い渡し、無期懲役の刑が確定したと報じられています
一連のオウム真理教による事件で教祖麻原彰晃が逮捕されて以来23年を経て、ようやく起訴された192人の裁判が終結したわけです
このうち死刑判決を受けたのが麻原彰晃(本名松本智津夫)ら13人にもなります
日本を震撼させたサリンによる無差別殺人など、彼らの犯行は容赦のない苛烈な凶行であり、当然のこととして死刑は粛々と執行されるべきです


一連のオウム事件の裁判が全て終結することを受け、法務省は教団の代表だった松本智津夫死刑囚(62)ら元幹部13人の死刑執行について、本格的に検討を始めるもようだ。再審請求中の元幹部も多いが、法務省は請求中は執行を控えるこれまでの「慣例」にとらわれない姿勢を見せている。
刑事訴訟法は、判決確定の日から6カ月以内の執行を定めているが、公判に証人として出廷する可能性があるため、法務省は共犯者の刑が確定するまでは執行しない運用をしている。最後となった元信者高橋克也被告(59)の判決が近く確定することで、執行のハードルは事実上なくなった。
松本死刑囚は2004年2月に一審東京地裁で死刑判決を受けた。弁護人が控訴趣意書を提出しなかったことから控訴審は一度も開かれず、06年9月に死刑が確定した。
確定後、松本死刑囚の家族は再審請求を繰り返し申し立てており、現在は4回目の請求中。他の死刑囚12人のうち、遠藤誠一死刑囚(57)ら少なくとも7人が請求中で、井上嘉浩死刑囚(48)も準備しているという。
再審請求中は執行しないのが「慣例」となっていたが、法務省は17年7月、請求中の死刑囚の刑を18年ぶりに執行した。関係者によると、この死刑囚は10回目の請求中で、同年12月に執行した2人もそれぞれ3、4回目の請求中だったとされる。
収容中の死刑囚122人のうち94人が再審請求しているが、上川陽子法相は「再審請求を行っているから執行しないという考え方はとっていない」と明言している。
(時事通信の記事から引用)


死刑執行を免れるため、何度でも再審請求を繰り返すのが常套手段かしているのですが、それを許さないとの判断は当然でしょう
坂本弁護士一家殺害事件ではわずか1歳のこどもまで容赦なく殺し、土の中に埋めた連中です
カルト教団の狂信的な犯行だからとか、洗脳されていたからとか、そんな弁解は通用しません
坂本弁護士一家殺害に加担した村井秀夫は殺害されていますが、早川紀代秀、岡﨑一明、新実智光、中川智正、林泰男らは死刑判決が確定しています
事件に決着をつけるためにも、執行を先送りするような真似は避けるよう政府に求めたいところです

(関連記事)
「オウム真理教死刑が令和改元前だった理由」とする珍説
オウム真理教死刑執行をいまだに批判する人たち
今月2度目 オウム真理教幹部ら6人の死刑執行
オウム死刑囚2人の残した手記
「オウム大量死刑は安倍のせい」と書くジャーナリスト
大雨で麻原死刑 「日をずらせ」と宮根誠司発言
麻原彰晃らオウム幹部7人 死刑執行
オウム真理教死刑確定者移送 執行へ
麻原彰晃の死刑執行の可能性
オウム裁判終結 麻原彰晃の死刑は執行されるのか?
オウム裁判 菊地直子被告に逆転無罪判決
オウム真理教平田容疑者逮捕を門前払いした警察
麻原死刑囚の再審請求退けられる
平岡法務大臣 自らの問題発言を謝罪
千葉景子法務大臣 死刑を執行
死刑を執行しない民主党政権への疑問
4人を射殺した永山則夫を聖人視するメディア
死刑囚に感情移入する愚かさ
連合赤軍永田洋子死刑囚と「更級日記の少女」
警察庁長官銃撃事件時効成立に思う
警察庁長官銃撃事件時効成立に思う その2


アンダーグラウンド (講談社文庫)
講談社
村上 春樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アンダーグラウンド (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル