14年前の廿日市女子高生殺害事件で容疑者逮捕

2004年に広島県廿日市市で女子高生が刺殺され、現場に駆け付けた祖母も切り付けられて重傷を負う事件がありました
現場から逃走した二十歳くらいの若い男の似顔絵が作成され、捜査が進められたものの未解決のままになっていました。ところが、山口県宇部市で起きた暴行事件の捜査で、任意で取り調べを受けていた男の指紋が、八日市市の現場に残された指紋と一致すると判明し、容疑者の逮捕に至ったと報じられています


広島県廿日市(はつかいち)市で2004年10月、県立廿日市高校2年の北口聡美さん(当時17)が自宅で殺害された事件で、広島県警は13日、山口県宇部市の会社員、鹿嶋学容疑者(35)を殺人の疑いで逮捕し、発表した。県警は同日朝、男に任意同行を求めていた。
捜査関係者によると、廿日市市の事件の現場に残された指紋やDNA型が、別の暴行事件で書類送検された男のものと一致したという。
事件は04年10月5日午後3時ごろに発生。北口さんは、廿日市市上平良の自宅の離れ2階にある自室で、侵入してきた男に刃物で首や胸などを刺されて死亡した。北口さんの悲鳴を聞いて駆けつけた祖母も刺され、一時重体となった。
北口さんは当日、高校の定期試験のため普段より早い午後2時ごろ帰宅。家族に「午後4時ごろまで寝る」と言って離れの自室に上がっていた。現場に物色したような形跡は見られなかった。犯人のものとみられる指紋やDNA、スニーカーの跡が残されていたが、捜査はその後、難航していた。
(朝日新聞の記事から引用)


逮捕された鹿嶋学容疑者は35歳であり、事件当時は21歳です。ですから、目撃証言の「二十歳くらいの男」に当てはまります
14年前鹿嶋容疑者が何をしていたのか、その後、どのように生きてきたのかは今後の報道で明らかになるのでしょう
この14年間自首することもなく過ごしてきたのですから、「自分は捕まらない」との自信があったのかもしれません
事件は侵入盗が目的であったのか、それとも強姦目的であったのかは不明です。しかし、凶器となる刃物を所持していたのは確かなのであり、離れの2階で寝ていた聡美さんに気づかれてしまたっため、気が動転して刺した(傷は胸や腹部など十か所)と思われます
通常、十か所もの刺し傷があれば、犯人が恨みの感情を抑えきれず、執拗に攻撃を加えたと解釈されるのですが、鹿嶋容疑者と聡美さんが知己関係にあったかどうかはまだ断定できませんし、怨恨説は保留です
もし知己関係にあったなら、警察は鹿嶋容疑者をリストに挙げて取り調べたでしょう
犯罪者に相応の報いを受けさせるためにも、逮捕に漕ぎつけたのは朗報です

(関連記事)
廿日市女子高生殺害事件 無期懲役判決
廿日市女子高生殺害事件 初公判で犯行を認める
https://05448081.at.webry.info/202003/article_4.html
岡山女児殺害事件を考える 未解決の女児殺害事件にも関与か
岡山女児殺害事件を考える 性犯罪防止プログラムは役に立たないか
岡山女児殺害事件を考える 岡山、兵庫県警で連携なし
岡山女児殺害事件を考える 勝田容疑者の異常性癖
岡山女児殺害事件を考える 14年目で犯人特定
島根女子大生遺棄事件を考える42 容疑者死亡で送検
島根女子大生遺棄事件を考える43 矢野容疑者のプロフィール
島根女子大生遺棄事件を考える44 捜査本部会見
島根女子大生遺棄事件を考える45 矢野容疑者のmixi
島根女子大生遺棄事件を考える46 矢野容疑者の前科
島根女子大生遺棄事件を考える47 犯人扱いで大学中退者も
広島女児殺害事件を高裁に差し戻し 最高裁判決