仙台警察官刺殺事件を考える 21歳男学生の犯行

交番を襲撃して警察官の拳銃を奪おうとする…既視感漂う事件が再び起きています
仙台市のR東北線東仙台駅近くの交番に午前4時頃、白いマスク姿の男が「金を拾った」として訪れ、対応した警察官に所持していた刃物で切り付けた、と報じられています
男は別の警察官によってその場で射殺され、捜査の結果仙台市内に住む大学生、相沢悠太容疑者(21)と判明しました


19日午前4時5分ごろ、仙台市宮城野区東仙台2の宮城県警仙台東署の東仙台交番で、清野裕彰巡査長(33)が訪ねてきた男に刃物で刺された。別の部屋にいた男性巡査部長(47)が巡査長と男が倒れているのを発見。男が刃物と機関銃のようなものを持って向かってきたため、巡査部長は男に向かって拳銃の弾3発を発砲した。
巡査長と男は同市内の病院に搬送後、死亡が確認された。県警は殺人容疑で捜査を始めた。
仙台東署などによると、男は午前4時ごろ、「現金を拾った」と交番を訪ねてきた。最初は清野巡査長と巡査部長の2人で対応していたが、巡査部長が別の仕事で奥の部屋に移った後、怒鳴り声が聞こえ、清野巡査長が血まみれで倒れていた。巡査部長は男に「刃物を捨てろ」と警告した後に発砲したといい、県警は「拳銃の使用は適切だった」としている。
現場の交番に防犯カメラは設置されていなかった。当時、交番には他に2人の警察官が当直でいたが、仮眠室で休憩中だった。
男が所持していた刃物は1本とみられ、全長約30センチ。男は身元の特定につながるようなものを持っておらず、身元確認を急ぐ。
死亡した清野巡査長は2013年10月、県警に入り、昨年4月から東仙台交番で勤務していた。松岡亮介県警本部長は「将来ある警察官が職に殉じたことは痛恨の極みであり、ご家族に心から哀悼の意を表します。引き続き、県民の安全安心に努めてまいります」とのコメントを出した。
(毎日新聞の記事から引用)


被疑者がすでに死亡していますので、動機を解明するのは難しいと見られます
日記やメモなどに犯行の計画など書き残してあるならともかく
長さ30センチの刃物がどのようなものかは不明ですが、グルカ兵が使うククリナイフのようなものかもしれません。軍事オタクが手を出しそうな大型のナイフです
加えて、自動小銃のようなモデルガンも所持していたと伝えられていますので、相沢容疑者は銃器やナイフに特別な思い入れを抱く、テロリスト未満の犯罪者、と推測されます(情報が少ないため、現段階であれこれ決めつけるべきではありませんが)
さらに、交番を襲撃して拳銃を入手し、それで何をしようとしていたのかも問われなければなりません
交番襲撃の事件では、「自殺するため拳銃を手に入れたかった」と供述するケースがあるのですが、それを鵜飲みにはできないのであり(自殺したいなら手段は他にもあるわけで)、安易に決めつけるのは避けるべきでしょう

(関連記事)
仙台警察官襲撃事件を考える 自宅に5丁のモデルガン
仙台警察官刺殺事件を考える 物静かな少年時代
大阪交番襲撃 拳銃強奪狙い
大阪交番襲撃 容疑者確保し拳銃発見
大阪交番襲撃 異常な言動
大阪交番襲撃 同級生への執着はなぜ?
大阪交番襲撃 飯森裕次郎容疑者を起訴
富山交番襲撃犯 2人を殺害し逮捕
富山交番襲撃犯 島津容疑者取り調べ難航か
19歳警察官が上司を射殺 書類の書き直しが不満
19歳警察官が上司を射殺 不適格者を採用するなと社説
19歳警察官が上司を射殺 パワハラか?
中国人容疑者を射殺した警官に正当防衛判決
石灯籠で襲ってきた中国人を撃った警官に無罪判決
容疑者射殺の警察官に無罪判決 当然の判断
秋田市の弁護士刺殺事件 警察対応の不手際
You Tuber西坂大治 罰金刑不服で正式裁判へ
警察官の前に白い粉 You Tuber西坂大治逮捕


年鑑ナイフマガジン2018 (ワールドムック№1169)
ワールドフォトプレス
2018-03-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト