「ミスター慶応」渡辺陽太 強姦や強盗の余罪

強姦の疑いで逮捕されている「ミスター慶応」候補だった渡辺陽太容疑者の余罪がボロボロ出てくる、と日刊ゲンダイが記事にしていますので取り上げます
渡辺陽太容疑者は仲間の学生と繁華街で女性をナンパし、カラオケに誘っては酒を飲ませて酔いつぶさせ、財布から現金を奪ったり、わいせつ行為をする手口を繰り返していたようです
ただし、渡辺容疑者は金に困って昏睡強盗やわいせつ行為をしていたのではなく、女性を貶め弄ぶのが目的だったと見て間違いないでしょう


「ミスター慶応」は連続性的暴行魔で、昏睡強盗犯だった。押収したスマートフォンに動かぬ「証拠」が残っていた。
今年9月、面識のない19歳の女性をレイプした上、路上で腹を蹴るなどの暴行を加え、10月16日、準強制性交の疑いで逮捕された「ミスター慶応」こと慶応大2年の渡辺陽太容疑者(22=東京都港区元麻布)。5月にも別の女性を酒に酔わせてわいせつな行為をし、財布を盗んだとして、準強制わいせつと昏睡強盗の疑いで、19日までに神奈川県警に再逮捕され、同大2年の光山和希容疑者(22=栃木県小山市)、当時19歳だった同大1年の男(20=東京都目黒区)も逮捕された。
5月10日未明、3人は渋谷で人材派遣業の女性(21)をナンパ。カラオケ店へ連れて行き、早朝4時半から6時45分ごろまで大量に酒を飲ませ、酔い潰れた女性の下半身を3人で触るなどもてあそび、動画で撮影。バッグから現金8000円が入った財布を盗んだ疑い。渡辺容疑者は容疑を否認、他の2人も一部否認している。
「女性が目を覚ますと、すでに渡辺容疑者たちは店からトンズラしていた。バッグを確認したら、財布がないことに気づいた。余罪については答えられないが、捜査は継続している」(捜査事情通)
(日刊ゲンダイの記事から引用)


どこまで立件できるかは不明ながら、同様の手口で被害に遭った女性が渡辺容疑者の仕業だったと知って警察に届け出る可能性があり、余罪は膨らみそうです
報道されている件だけでも十分悪質であり、実刑をくらうものと予想されます
執行猶予を付けたところで行状が改善されるとは思えず、執行猶予期間中に同種の犯行を繰り返すものと予想されるだけに刑務所に入れるのが相当でしょう
慶応大学は学生の逮捕が相次いでいる事態に対応して、学生に身を慎み学業に励むよう告知文を出しています。が、遅きに失した感があります
学生を放任してきた結果が「今」の現状です。広告学研究会のような、問題を起こすサークルを放置せず、関与した学生をビシバシ退学処分にするくらいの荒療治をして、引き締めを図る必要があったわけで
福沢先生もさぞ、苦い顔をしているのではないでしょうか?
義塾の精神を歪めたのは現在の大学関係者たちです

(関連記事)
イケメン慶大生の強姦事件 家族の素性も暴露
イケメン慶大生を強姦で逮捕 ミスター慶応候補
住友商事元社員(慶大出)を就活生への強制わいせつで再逮捕
住友商事社員(慶大出)が就活生を強姦
また慶大生 居酒屋トイレで強姦し逮捕
また慶大生 強制わいせつで逮捕
ミス慶応中止 広告学研究会メンバーに無期停学処分
ミス慶応中止 レイプ動画を拡散させる学生たち
ミス慶応中止 広告学研究会の集団強姦は以前から
ミス慶応中止強姦事件 広告学研究会の非道な所業
ミス慶応コンテスト中止 集団強姦事件の続報
ミス慶応コンテスト中止の事情 集団強姦事件があった
ミス慶応コンテスト中止 未成年飲酒問題で運営サークル解散処分
ミス慶応コンテスト中止の波乱
ミスター東大候補が強姦罪で逮捕・起訴
東大集団淫行事件 3人を退学処分に
東大生淫行事件 執行猶予付き有罪判決
東大生淫行事件 「飲み会での悪ふざけ」と弁明
東大生集団淫行事件 公判で明かされた鬼畜の所業


感情を生きる パフォーマティブ社会学へ (慶應義塾大学三田哲学会叢書) [ 岡原正幸 ]
楽天ブックス
パフォーマティブ社会学へ 慶應義塾大学三田哲学会叢書 岡原正幸 小倉康嗣 慶應義塾大学三田哲学会 慶


楽天市場