韓国自慢の高速鉄道が脱線事故 負傷者も

韓国が独自の技術で開発したと称する高速鉄道KTX(実はフランスのTGVをそのまま導入したもの)が脱線事故を起こし、その影響があれこれと噂されています
事故は冬季オリンピックのため開通させた新規路線で起こり、先頭車両が横転したほか、すべての車両が線路から脱線するという大規模なものです
現場を訪れた韓国鉄道公社の社長は「寒さでレールが異常をきたしたためだろう」と発言し、その素人振りで轟々たる批判を浴び辞任を表明しました。この社長は元々、文在寅大統領の友人であり労働組合の闘士だった人物で、鉄道業務に関してはまったくの素人です
そんな人物を「お友達人事」で鉄道公社の社長に据えた文在寅大統領の責任も、あらためて問われるはずです


(韓国訪問で金正恩はKTXに乗る、とのイベントが密かに企画されていた話)
同国北東部、江陵市で8日に発生したKTXの脱線事故は、そうした企画があったからこそ、文政権にとって「大ショック」になったのではないか。
負傷16人-。「危険不感症国家・韓国」では、何ということもない鉄道事故だ。それなのに、大統領まで乗り出してきて「原因究明、対策遂行」を指示したことは異様でもある。
正恩氏の妹である金与正(キム・ヨジョン)労働党第1副部長は、平昌冬季五輪で訪韓した際、KTX江陵線に乗った。4月に電撃的に行われた板門店(パンムンジョム)での南北首脳会談では、正恩氏が「平昌五輪に行った人たちは『KTXがいい』と言っていた」「文大統領が(北朝鮮に)来られたら、北側の交通が不備で不便を感じさせそうだ」などと述べた。
文氏は「北側と鉄道が連結されれば、南北がともに高速鉄道を利用できる」と応じた。この流れが、「正恩氏が韓国に来たら、大統領とともにKTXに乗り込む」との観測に結びついた。KTXの輸出に腐心する韓国としては、絶好のPRになる。
そこに脱線事故だ。KTXの脱線は3回起きているが、「危険不感症国家」では徹底した原因究明すらなかった。
今回はなぜ大統領まで乗り出してきたのか。江陵線は開通1年とたっていない新線だからか。いや、「北朝鮮の最高尊厳」(=正恩氏のこと)をお乗せするつもりでいたからだろう。
ところで、脱線原因は何なのか。目下のところ「線路を切り替えるための信号装置の接続が間違っていたため」とされる。それなら同種の事故が多発していたはずだと問い詰められると、「誰かが接続部分をいじったのだろう」となった。
そんな大切なシステムを「誰か」が簡単にいじれるのかとなると、事故調査委員会の関係者から出た発言は「設計からして間違っていた」。
国会議員の一括補選と統一地方選の大惨敗で、仮死状態だった保守勢力は「鉄道公社への天下り人事、天下りした社長による過激派組合員の復職措置などが背景にある」と始めた。
鉄道公社社長は元国会議員で、文氏の“お友達人事”で社長に就いた。今回の事故では現場に到着するや、「寒さでレールが異常をきたしたためだろう」との珍説を打ち上げて恥をかき、11日には辞任を表明した。
(夕刊フジの記事から引用)


鉄道事故の原因究明が有耶無耶にされるのは、現場の労働組合員の反発(メンテナンス作業を適切に実施せず、さぼっていたと露見するのを恐れて過激に原因究明に反対する)と、事故原因を特定するだけの技術がないためと推測されます
線路切り替えシステムの接続が間違っていたなら、これまでにも線路切り替えミスで脱線事故が起きていなければなりません。今回だけ異常を起こしたのであれば、他に原因があるのでしょう
「KTX脱線事故に見せかけ、金正恩を暗殺する計画があった」と、陰謀論を唱える人もいますが、事前に事故が起きたのでは金正恩は警戒してKTXに乗らないのであり、陰謀にしてはお粗末すぎます


韓国は高速鉄道を輸出し、大儲けする腹積もりでいたものの、これまでに輸出実績は皆無であり、この事故によって売り込み成功の可能性は遠のいたといえます
そのほか、高速走行のままトンネルに入ると車両が壊れるという根本的な問題も解決されておらず、トンネルに入る際は減速して対処しているのが現実です
最近の日本の新幹線の先頭車両の、異常なほどのロングノーズを見れば、高速走行に対応するため空力特性を考えた形状にする必要があると分かるはずです
しかし、KTXは先頭車両の形状を変えようとはしません
さて、今回の事故から何か教訓を引き出し、改善できるのでしょうか?
できるとは思えません

(関連記事)
「韓国高速鉄道は新幹線より上」とマレーシアへ売り込み
韓国鉄道 2階建車両開発に失敗
高速鉄道輸出ゼロ 韓国の焦り
中国の鉄道輸出相次ぐ失敗は「日本のせいだ」
中国高速鉄道の大赤字 解消困難?
高速鉄道自慢も中国の鉄道は借金58兆円
インドネシア高速鉄道 着工できず放置状態
中国 「高速鉄道を埋めたのは正しい措置」と強弁
インドの高速鉄道は「日本の新幹線」導入決定
韓国「シルクロードエクスプレス構想」の虚妄
鉄道インフラ輸出 メイド・イン・ジャパンの逆襲
プーチン首相 「海底トンネルで日本まで鉄道をつなぐ」と構想を語る
シベリア鉄道で「みかじめ料」を要求するロシア政府
プーチン首相「日露海底トンネル構想」を批判する韓国の反応
日韓海底トンネル 韓国政府が断念
中国鉄道事故 「日本のレベルに追いつくのは簡単」と豪語していた
上海地下鉄事故に呆れる中国人
中国 科学技術政策を自画自賛
中国のパクリ新幹線、トラブル頻発

世界の鉄道 ヴィジュアル歴史図鑑 [ フランコ・タネル ]
楽天ブックス
ヴィジュアル歴史図鑑 フランコ・タネル 黒田眞知 河出書房新社BKSCPN_【高額商品】 セカイ ノ


楽天市場