堺あおり運転裁判 殺人罪認め懲役16年判決

あおり運転が社会問題化しているのですが、これまで犯罪として裁かれたケースは氷山の一角にすぎないのでしょう。昨年夏、大阪の堺市で起きたバイクを煽って転倒させ大学生を死亡させた事件は、殺人罪で起訴され、裁判所がこれを認めるかどうかが注目されていました
大阪地裁堺支部は中村精神寛被告に対し、殺人罪の成立を認め、懲役16年の判決を言い渡しています


堺市で昨年7月、乗用車であおり運転した後にバイクに追突し、男子大学生を死亡させたとして殺人罪に問われた同市南区の元警備員、中村精寛(あきひろ)被告(40)の裁判員裁判の判決公判が25日、大阪地裁堺支部で開かれ、安永武央(たけひろ)裁判長は懲役16年(求刑懲役18年)を言い渡した。
あおり運転による死亡事件が殺人罪で立件された異例の公判。検察側は「(自分を追い抜いた)被害者に怒りが収まらず、猛スピードで追いかけた」と運転の乱暴さを指摘。「追突が確実な状況を認識したのに回避を試みていない」などとして殺人罪が成立すると主張し、「まれに見る殺人運転」と懲役18年を求刑していた。
一方、中村被告は「あえて追突したわけではない」と起訴内容を否認。弁護側も「被害者に追い抜かれた際に激情にかられておらず、追突前にブレーキをかけている」とし、殺人罪の成立を否定、自動車運転処罰法違反(過失致死)罪の適用を求めた。
論告などによると、中村被告は昨年7月2日、堺市南区の府道で、同市西区の大学4年、高田拓海(たくみ)さん=当時(22)=のバイクに追い抜かれたことに腹を立て、死なせるかもしれないと認識しながらバイクに接近し追突。頭蓋骨骨折などのけがをさせ、死亡させたとしている。
(産経新聞の記事から引用)


判決文の中で、ドライブレコーダーに残された中村被告の「はい、終わり」とのつぶやきを、「内容から(衝突は)想定内の出来事だったと推認される。軽い口調からは(自分への)悲しみや嘆きを吐露したと思えない」と指摘た上で、「人の命を軽んじる度合いが大きい。怒りに身を任せて衝突し、殺害した」などと指弾しています
被害者の遺族は殺人罪が認められながらも懲役16年という、割り引かれた判決には納得できず、悔しさを露わにしています
「拓海は何も悪くないのに、あおられ、殺された。なのにたった16年で…。悔しいです」と母親は涙で言葉を詰まらせ、この日、傍聴席から見た中村被告を「ひとごとだというふうで、怒りしか感じなかった」と口にしています。妹も「反省しているようには見えず、反省するふりをしようともしていなかった」と切り捨てています

(関連記事)
堺市あおり運転裁判 殺意を否認
堺あおり運転 二審も懲役16年の判決
東名あおり運転裁判 懲役18年判決
東名あおり運転裁判 懲役23年求刑
東名あおり運転裁判 危険運転を否認
小樽市3人死亡事故で最高裁判決 懲役22年確定
小樽の飲酒ひき逃げ 危険運転で懲役22年判決
歌川5人殺傷交通事故 懲役23年の実刑判決
飲酒運転で幼児3人死亡事故 懲役20年確定へ
小学校教頭 飲酒ひき逃げ死亡事故で逮捕
浜松暴走死事件 中国人被告に懲役8年判決
浜松中国人ひき逃げ事故 同乗の夫も書類送検
中国人女ひき逃げで逮捕 5人死傷
亀岡暴走事故 被告が判決を不服として控訴
亀岡暴走事故 懲役5年以上8年以下の実刑判決
亀岡暴走事故 小学校教頭が電話番号を漏らす
無免許運転で児童の列に突っ込む 懲役は7年前後
亀岡暴走事故 被害者の近況と少年法
京都の暴走事故 てんかん患者が運転
クレーン車事故で児童6人死亡 運転手は「てんかん」の持病
クレーン車事故を考える2 「てんかん」隠していたと母親が謝罪
クレーン車事故で運転手起訴 危険運転致死罪は見送り
前橋女子高生死亡事故 運転に固執した85歳
前橋女子高生死亡事故 公判で責任能力なしと主張


要約交通事故判例140 (要約判例シリーズ) [ 高野真人 ]
楽天ブックス
要約判例シリーズ 高野真人 学陽書房BKSCPN_【biz2016】BKSCPN_【高額商品】 ヨウ


楽天市場