門真4人殺傷事件を考える3 懲役30年判決も不服で控訴

2016年秋、大阪府門真市の民家に押し入り世帯主である川上幸伸さんを殺害し、長女や長男にも重傷を負わせた小林裕真被告の裁判について、取り上げるのを失念していましたので、あらためて言及します
2018年4月、大阪地方裁判所は小林被告に対し、懲役30年の判決(求刑は死刑)を言い渡しています
弁護側は統合失調症による心神喪失を主張し、無罪にすべきとして争ってきました


大阪府門真市で平成28年10月、大工の川上幸伸(ゆきのぶ)さん=当時(43)=が殺害され子供3人も重軽傷を負った事件で、殺人や殺人未遂罪などに問われた元定時制高校生、小林裕真(ゆうま)被告(25)に対する裁判員裁判の判決公判が13日、大阪地裁で開かれ、浅香竜太裁判長は懲役30年を言い渡した。検察側は死刑を求刑していた。
最大の争点は小林被告の刑事責任能力。弁護側は、起訴前後の2回の精神鑑定でいずれも妄想型統合失調症と診断されているとして、「迫害妄想によって、行動をコントロールできなかった」などと述べ、心神喪失状態だったことによる無罪を主張した。
一方、検察側は、事件の約2カ月前から凶器の短刀を購入し、殺害方法を検索していたとして、「一連の行動は計画的。取り調べで黙秘したり、嘘をつくなど善悪の判断ができている」と完全責任能力を主張。その上で、「川上さんを容赦なく約30回突き刺し、殺害した。
目の前で父親を惨殺された子供3人の心身の傷は深く、結果の重大さは死亡者の数で言い表すことはできない」と極刑は免れないとした。
小林被告は、公判で「脳波で指示を受けて現場に行ったが、川上さんを殺害したのは別の男」などと犯行を否定。最終意見陳述では「公平な裁判からかけ離れている」と15分以上にわたって不満を述べ、裁判長や弁護人から席に戻るよう促される場面もあった。
起訴状によると、小林被告は同年10月19日未明、就寝中だった川上さんを短刀で殺害し、長女(21)、次女(19)、長男(17)にも2週間~6カ月の重傷を負わせたなどとされる。
(産経新聞の記事から引用)


小林被告と弁護人、さらに大阪地方検察庁も判決を不服として控訴し、控訴審は今年2月に結審しており、判決は5月に言い渡されます
昔なら統合失調症による心神喪失状態であった、と裁判所が認め無罪を言い渡していたケースでしょう(もちろん、その後は強制措置入院になるので、放免されるわけではありませんが)
先回は小林被告の母親のブログを引用し、彼の生い立ちの一端に触れました
母子家庭で育った小林被告は高校入学後、不登校になり、生活が荒れ始めます。その時点で統合失調症の前兆があったと思われるます。引きこもり生活を続けるうち、一時期は精神科に通い、入院もしていたと報じられていますが、事件の異常さを見れば治療が不十分だったか、途中で診療を受けるのを止めてしまったとも考えられます
定時制高校へ入り直しているのを見れば、病状には波があり、正常な時期もあったものと推察されます。しかし、被害妄想を強め、見ず知らずの家へ押しかけ殺人を犯すまでになっているのであり、結果責任は小林被告が負わなければなりません(統合失調症だから一切の責任は負わない、免責されるべきという考えには賛成できないのです)
小林被告は服役後、医療刑務所で統合失調症の治療を受けるのでしょうが、己の罪を理解するところまで回復するかどうか
言うまでもなく、小林被告の母親には損害賠償に応じるだけの資力はないのであり、被害者遺族として何も救いはない状況です

(関連記事)
門真4人殺傷事件を考える4 控訴審も懲役30年
門真4人殺傷事件を考える2 死刑を求刑
門真4人殺傷事件を考える1 犯行の狙いは?
世田谷一家殺害事件から15年
世田谷一家殺人 「犯人は15歳から22歳」と警察
蟹江町3人殺傷事件 死刑判決に不服、控訴
愛知蟹江町3人殺傷事件 死刑求刑
愛知蟹江町3人殺傷事件 中国人被告の裁判開始
2009年愛知の強盗殺人事件、中国人の関与が浮上
江田島で中国人研修生が8人殺傷
8人を殺傷した中国人実習生 その後
江田島9人殺傷事件中国人被告が出廷拒否
江田島9人殺傷事件 中国人に無期懲役判決
熊谷6人殺害事件を考える1 容疑者の兄も大量殺人犯
熊谷6人殺害事件を考える2 任意同行も見失う
熊谷6人殺害事件を考える3 「ペルー人」報道は人権侵害か?
熊谷6人殺害事件を考える4 犯行を否認
茨城一家殺害事件を考える 一か月経っても捜査進展なく


現場検証 平成の事件簿 [ 合田一道 ]
楽天ブックス
平成の事件簿 合田一道 柏艪舎 星雲社ゲンバ ケンショウ ゴウダ,イチドウ 発行年月:2019年03


楽天市場