川崎小学生襲撃事件を考える 「一人で死ね」論争

川崎市での児童など19人が被害に遭った殺傷事件で、岩崎容疑者への批判がエスカレートし、「死にたいなら1人で死ね」といった罵倒が問題視されています
社会からドロップアウトした若者、中高年に達したひきこもりといった人たちが、「他人を巻き添えにして死んでやる」と考え、同様の事件を起こす可能性があるからこそ、罵倒するのはやめるべきだ…との意見もあります
一方で、凶悪犯罪に走った者を批判して何が悪いのか、と己の正義感を前面に出して噛みつく人もいて、折り合いはつきません(もちろん、折り合うはずはないのですが)
社会から孤立している人を追い詰めるのではなく、支えることでこそ犯罪を阻止できるとの意見をLITERAが取り上げいますの紹介します


川崎殺傷事件「一人で死ね」論に警鐘を鳴らす藤田孝典に、古舘伊知郎、ニッチェ江上も賛同! 包摂こそが犯罪を阻止する
川崎市で小学生ら19人が殺傷された事件をめぐり、またぞろメディアがヒステリー起こしている。とくに今回、目立っているのが「自殺に他人を巻き込むな」「死にたいなら一人で死ね」という言葉だ。 
感情をぶつけて悦にいるだけで、なんの解決にもつながらないどころか、精神的に追い詰められた人たちを刺激する乱暴極まりない発言だが、驚いたことに、ネットだけでなく、安藤優子や立川志らく、北村晴男弁護士など、ワイドショーのMCやコメンテーターまでがこのグロテスクなセリフを平気で口にしているのだ。
しかし、こうした愚劣な感情論の横行に対して、警鐘を鳴らす論考が発表され、注目を集めている。28日、Yahoo!に配信された、「川崎殺傷事件「死にたいなら一人で死ぬべき」という非難は控えてほしい」と題した記事だ。
執筆したのは、生活困窮者支援のNPOほっとプラス代表理事の藤田孝典氏。藤田氏は〈ネット上では早速、犯人らしき人物への非難が殺到しており、なかには「死にたいなら人を巻き込まずに自分だけで死ぬべき」「死ぬなら迷惑かけずに死ね」などの強い表現も多く見受けられる。〉〈まず緊急で記事を配信している理由は、これらの言説をネット上で流布しないでいただきたいからだ。次の凶行を生まないためでもある。〉として、こう主張している。
〈「死にたいなら人を巻き込まずに自分だけで死ぬべき」「死ぬなら迷惑かけずに死ね」というメッセージを受け取った犯人と同様の想いを持つ人物は、これらの言葉から何を受け取るだろうか。
やはり社会は何もしてくれないし、自分を責め続けるだけなのだろう、という想いを募らせるかもしれない。
その主張がいかに理不尽で一方的な理由であれ、そう思ってしまう人々の一部が凶行に及ぶことを阻止しなければならない。
そのためにも、社会はあなたを大事にしているし、何かができるかもしれない。社会はあなたの命を軽視していないし、死んでほしいと思っている人間など1人もいない、という強いメッセージを発していくべき時だと思う〉
つまり、このような痛ましい事件を繰り返さないためには、社会から阻害された人々を突き放すのではなく、むしろ、彼らの尊厳を大切に思っていると社会がメッセージを出すことこそが重要だと指摘しているのだ。
(以下、略)


岩崎容疑者は人格障害あるいは発達障害を抱えていた可能性が考えられ、他人からの支援を喜んで受け入れるタイプではなかったように思われます
支え合うという概念は立派で美しいのですが、実際に支援するとなれば難しい問題に幾つも直面します
他人と接触したがらない相手と向き合うだけでも至難の業でしょう
その結果、短期間に成果を求めるために家から引っ張り出し、集団生活の中に放り込んでビシバシ鍛えればよい、という戸塚ヨットスクールみたいな施設ができたりします
暴力が支配するような日常が本人にとって幸せであるはずもなく、自殺や自傷行為に追い込むだけです。また、施設を出れば元の生活に戻ってしまう可能性もあります
だからこそ、高い専門性と知識、経験を有する支援者が必要とされるのですが、現状では圧倒的に人材が不足しています。精神疾患との診断を得られない、生活困難者を支援するような場を設けるとともに、人材育成も進める…といった政策が必要でしょう

(関連記事)
「ひきこもりを問題視するマスコミの異常」の異常
川崎小学生襲撃事件を考える 叔父の手紙が凶行を招く?
川崎小学生襲撃事件を考える 遺書やメッセージなし
川崎小学生襲撃事件を考える 自称専門家の不快発言
川崎小学生襲撃事件を考える 岩崎容疑者とは
川崎小学生襲撃事件を考える 包丁4本も所持
週刊誌報道「凶悪犯が酒鬼薔薇聖斗に憧れる理由」とは
神戸連続児童殺傷事件 少年Aの手記出版
文藝春秋が神戸連続児童殺傷事件家裁決定を全文掲載
酒鬼薔薇は「命の大切さを知らない」とする誤解
秋葉原17人殺傷事件を考える11 責任能力認定
秋葉原17人殺傷事件を考える12 死刑求刑も無表情
秋葉原17人殺傷事件を考える13 中身のない最終陳述
秋葉原17人殺傷事件を考える14 被告に死刑判決
秋葉原17人殺傷事件を考える15 かみ合わない親子
秋葉原17人殺傷事件を考える16 「成熟格差社会」という指摘
原宿自動車暴走事件 大量殺人計画
原宿自動車暴走事件 運転者を逮捕