韓国人遺族「靖国合祀を取り消せ」訴訟で敗訴

「日本海の呼称は誤りで、正しくは東海である」とトランプ大統領の発言にかみついたり、「徴用工問題は日本企業が賠償すれば済む話だ」などなど、何かと反日を繰り返している韓国です
今度は靖国神社に合祀された日韓併合時代の朝鮮出身軍人を巡って、遺族が日本政府と靖国神社を相手に起こした訴訟を巡り、物議をかもしそうな雰囲気です
朝鮮半島出身で靖国神社に合祀された軍人、軍属は2万1181人なのだとか
そのうちの一部の遺族が、「戦争犯罪者と一緒に合祀されているのは許せない」と訴えを起こしたものです
東京地裁は5月28日、原告の訴えを退け、訴訟費用は原告の負担とする旨の判決を言い渡しています


日本の植民地時代に軍人・軍属として徴用されて戦死し、靖国神社に合祀された韓国人の遺族27人が日本政府と同神社を相手取り、合祀の取り消しを求めた第2次訴訟の判決公判が28日に東京地裁で開かれ、地裁は原告の要求を棄却した。
訴訟が提起されてから5年7カ月での判決だったが、裁判所が判決を読み終えるのにかかった時間はわずか5秒程度だった。 
地裁は「原告のすべての要求を棄却する。訴訟費用は原告側が負担する」という短い判決を出しただけで、判決理由については説明しなかった。
日本のA級戦犯も合祀されている靖国神社の合祀者名簿には朝鮮半島出身者2万1181人が含まれている。
遺族らは日本と韓国の市民団体や弁護士の協力を受け、2007年から合祀の取り消しを求め、日本の法廷で争っている。 
1次訴訟では原告が一審、二審ともに敗訴し、1次訴訟よりも多くの遺族が今回の2次訴訟に参加した。 
原告側は判決後に出した声明で、「日本の司法府の不当な判決を強く糾弾し、怒りを禁じることができない」とし、「(日本による植民地支配から)解放されて74年が過ぎた現在まで、日本帝国主義の侵略戦争に強制的に動員され、悔しい思いで死んでいった犠牲者が侵略神社の靖国に戦争犯罪者らと共に合祀されているという事実は容認できない」と訴えた。
また「軍国主義の象徴である靖国神社が家族の名前を利用してその名誉と自尊を踏みにじっている現状況を受け入れることはできない」とし、「ためらうことなく上級裁判所に控訴し、国連人権機構など国際社会に訴えかけていく」と強調した。 
(朝鮮日報の記事から引用)


判決を読み上げた時間は5秒だった、とあたかも門前払いを食ったがごとく表現されています。しかし、過去の訴訟の流れを見れば、裁判所の判断には一定の理屈があると分かるはずです(原告らは理解したくないのでしょうが)
2013年の東京高裁判決(上記の記事で示された1次訴訟)では、「原告は神社の宗教的行為により感情が傷つけられるとしているが、他人の宗教の自由に対する寛容が求められる」として訴えを認めませんでした
これは殉職した自衛隊員の護国神社合祀は憲法違反だとした、いわゆる護国神社合祀訴訟の最高裁判決を踏まえたもので、自分の信仰に反するからといって第三者の宗教行為を制限することはできないとの見解を引き継いだ判断です
つまり韓国人遺族がいかに靖国神社を批判しようと、靖国神社の宗教上の行為(合祀)を差し止めることはできない、との判断を示したものです
冷静に過去の判例を読み返したなら、今回の裁判の結果も理解できるはずなのですが、過去の敗訴の判決文など読み返したくもないのでしょう
韓国人には「他人の宗教の自由に対する寛容」はないので、ただ怒りに任せ、感情を爆発させているだけです
控訴したところで、裁判所が基調となっている判断の根幹を取り消し、別の判断を示す可能性は皆無でしょう
訴訟で勝てないのなら別の場で日本批判を展開するつもり、と受け取れます

(関連記事)
靖国神社爆破犯 刑務所での虐待を主張
靖国神社爆破犯の母 「息子は日本で不当な扱い」と主張
靖国神社爆弾事件の韓国人に懲役4年実刑判決
靖国神社爆破事件は「単なる愉快犯」と書くLITERA
靖国神社放火犯 韓国から再来日し逮捕
靖国神社爆破事件 韓国の反応
靖国神社宮司辞任 天皇批判発言で引責
靖国訴訟門税払い 在日韓国人激怒
「靖国神社にA級戦犯の遺骨が」と騒ぐ韓国メディア
「靖国参拝で中国・韓国・北朝鮮を怒らせるな」とする主張
韓国議員 靖国神社での抗議活動断念
「靖国参拝はヒトラーの墓参り」発言で炎上のタレント
「靖国参拝はヒトラーの墓参り」発言で炎上タレントの今
「安部首相の靖国参拝は重大ミス」と書くウォール・ストリート紙


靖国神社 (幻冬舎新書) [ 島田裕巳 ]
楽天ブックス
幻冬舎新書 島田裕巳 幻冬舎ヤスクニ ジンジャ シマダ,ヒロミ 発行年月:2014年07月 ページ数


楽天市場