栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 性的虐待を把握

実の娘を虐待し、死亡させたとして逮捕された千葉県野田市の栗原勇一郎容疑者は、数度の逮捕を経て警察の取り調べが続いています
他方で、千葉県柏児童相談所が虐待を把握しながら栗原心愛さんの一時保護を解除し、自宅へ戻した判断については、千葉県側が第三者委員会を設けて検証をすすめる方針です
しかし、第三者委員会が何を判断しようと、どのような報告を挙げようと、死亡した栗原心愛さんが生き返るはずもなく、虚しいだけです
柏児童相談所の職員が第三者委員会の指摘を受け、業務を改善するのかもしれませが、遅きに失したのであり、児童保護という行政に携わる者として不適格であったと言わざるを得ないのです
さて、報道によると柏児童相談所に一時保護された際、診断した医師が父親勇一郎容疑者による性的虐待を報告していた事実が判明した、と伝えられています。柏児童相談所はこの報告も無視したわけです


千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(当時10歳)が1月に親から虐待を受けた後に死亡した事件で、心愛さんが県柏児童相談所に一時保護された2017年11~12月、「父親から下着を下ろされた」などと訴え、医師が「性的虐待の疑いがある」と診断していたことが県への取材で明らかになった。児相は診断内容を把握しながら同12月に一時保護を解除しており、県は今後、第三者委員会で判断の妥当性を検証する。
事件を巡っては、傷害ほう助罪に問われた母なぎさ被告(32)の初公判が16日に千葉地裁で開かれる。父勇一郎被告(41)=傷害致死罪などで起訴=の裁判員裁判の期日は決まっていない。
県児童家庭課によると、心愛さんは職員や医師に「パパが急にズボンを下ろしてきた。パンツも脱げて『やめてよ』と言ってすぐに上げたら、パパから『そんなこと言うとバレるだろ』と言われた」と話した。また、寝ている間に起こされて手で口と鼻をふさがれ、「息ができなくて死ぬかと思った」などとも訴えた。
医師は「恐怖心はかなり強い」との所見をまとめ、「PTSD(心的外傷後ストレス障害)の状態」と診断した。この診断内容は同年12月27日の児相の援助方針会議で共有されたが、児相は保護を解除した。
県の虐待対応マニュアルでは、性的虐待の疑いがあった場合、保護の緊急性を高く評価することになっている。だが、保護解除にあたって診断内容からリスクをどう評価したのか分かっておらず、同課は「児相が性的虐待の疑いをどう評価すべきだったか、第三者委員会の重大な検証事項と受け止めている」としている。
(毎日新聞の記事から引用)


こどもを救う機会が何度もあったのに、児童相談所に押しかけ暴言を吐く勇一郎容疑者にビビッて心愛さんを帰宅させた判断が誤りであったのは結果が示しています
児童相談所長が頭を下げ、「遺憾」を連発すれば済む話ではありません
もちろん、栗原勇一郎容疑者の罪は刑事裁判で問われるのですが、行政の失態はどうなのでしょうか?


千葉県野田市立小4年の栗原心愛さん(10)が死亡した虐待事件に絡み、野田市と市教育委員会は28日、強要容疑で再逮捕された父の勇一郎容疑者(41)傷害致死罪などで起訴=からの暴力を心愛さんが訴えた学校アンケートの回答コピーを容疑者に渡したなどとして、当時の担当者ら12人を停職や減給の懲戒処分とした。市によると、回答を直接渡した市教委学校教育部次長兼指導課長だった男性(58)を停職6カ月とし、主幹に降任する分限処分にもした。他に立ち会った男性主幹(52)ら教委の4人を減給10分の1(3カ月)や戒告とした。心愛さんが一時保護を解
除され、親族宅から帰宅後、一度も自宅訪問しなかったなどとして、児童家庭部の男性部長(57)ら7人も同様の処分とした。
(日本経済新聞の記事から引用)


これは「父親から暴力を受けている」と回答したアンケートのコピーを勇一郎容疑者に渡した件での処分です
停職や降格人事で体裁を繕ってはいますが、十分とは思えません。人命にかかわる失態の代償としていかにも手ぬるく感じてしまいます

(関連記事)
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 栗原被告の控訴棄却
https://05448081.at.webry.info/202103/article_11.html
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 虐待は経済格差のせい?
https://05448081.at.webry.info/202102/article_22.html
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 判決不服で控訴
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 勇一郎被告に懲役16年の判決
https://05448081.at.webry.info/202003/article_24.html
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 勇一郎被告に懲役18年求刑
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 公判で虐待認める
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 勇一郎被告初公判
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 母親の初公判
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 行政の稚拙な対応
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 虐待する父親
目黒女児虐待死事件を考える 雄大被告を苦しめた実の両親
https://05448081.at.webry.info/201910/article_21.html
目黒女児虐待死事件を考える 義父に懲役13年の判決
https://05448081.at.webry.info/201910/article_19.html
目黒女児虐待死事件を考える 「父親になろうとした」と繰り返す被告
https://05448081.at.webry.info/201910/article_5.html
目黒女児虐待死事件を考える 「こどもに問題があった」と主張
https://05448081.at.webry.info/201910/article_3.html
目黒女児虐待死事件を考える 初公判で起訴事実を認める
https://05448081.at.webry.info/201910/article_1.html
こどもの虐待死 刑罰が軽すぎる
西淀川虐待死事件 母親に懲役8年6月の判決
西淀川虐待死事件 内夫に懲役12年の判決
暴力夫に尽くす妻 共依存
こどもへの虐待を考える 我が家の教育方針
虐待を発見しながら報告しない学校の屁理屈
娘を性的暴行した父親に懲役に懲役4年の判決
実の娘と強制性交も無罪の判決
北海道で山に子ども置き去り 「しつけのため」と釈明
北海道で山に子どもを置き去り 父親の不可解な説明
さいたま小4男児殺害事件を考える 義父を逮捕
さいたま小4男児殺害事件を考える 連れ子殺しの理由
さいたま小4男児殺害事件を考える  単純な動機
神戸児童相談所 小6女児を深夜に追い返す
福岡5歳児餓死事件 ママ友による洗脳か
3歳児に熱湯を浴びせ殺害 義理の父親逮捕
3歳児に熱湯を浴びせ殺害 摂津市「適切な対応した」


性的虐待を受けた子ども・性的問題行動を示す子どもへの支援 児童福祉施設における生活支援と心理・医療的ケア [ 八木修司 ]
楽天ブックス
児童福祉施設における生活支援と心理・医療的ケア 八木修司 岡本正子 明石書店セイテキ ギャクタイ オ


楽天市場