元農水事務次官 息子のいじめと家庭内暴力

ひきこもりを巡る報道が連日、これでもかと溢れています
目立つのは「国が対策を講じるべきだ」との主張です。しかし、国が直接介入するような対策(ひきこもりの人を指導したり、一時的に保護する国立の施設の創設)は実現が難しく、地方自治体へ丸投げという形になるのでしょう。もちろん、地方自治体でも対応は難しいわけで、NPOなどの団体へ委託する格好になるのかもしれません
ただ、老人介護施設で職員による暴行や殺人事件が起きている現実を考えるなら、ひきこもりの中高年を扱うのは容易ではなく、暴力で支配する場になる懸念が拭えません
さて、東京で起きた元農水省事務次官による息子殺害事件の続報です
殺害された長男のいじめ体験や家庭内暴力について、週刊朝日が記事を書いていますので取り上げます


元農水事務次官に刺殺された長男の壮絶な家庭内暴力といじめ体験
元農林水産事務次官の熊沢英昭容疑者(76)が東京都練馬区の自宅で長男の英一郎さん(44)を刺殺した事件で、動機の一つには壮絶な家庭内暴力あったことがわかった。
英一郎さんが実家に戻りたいと電話したのは5月25日だった。その翌日26日から、家庭内暴力がはじまっていた。
「熊沢容疑者や母親は、アザができるほど殴られた。その際、『俺の人生何だったんだ、どうなってんだ』となどと言っていたといい、熊沢容疑者と妻は二階の部屋に閉じこもるようになった。英一郎さんは一階でパソコンやゲームをして過ごしていた。その後も断続的に家庭内暴力が続き、ライターの火を押し付けるほどエスカレート。ついに熊沢容疑者は『今度暴力を振るったら、こちらがやられてしまう。もう刺すしかない』などと妻に話していたようだ。そこへ川崎の事件もあって凶行に及んだようだ」(捜査関係者)
(中略)
進学後も成績は優秀だったという英一郎さん。だが、中学2年生ころからイジメが激しくなり、クラスでは孤立していたという。そのイジメは壮絶だったと同級生はこう話す。
「筆箱で頭を叩かれたり、シャーペンで背中や手を刺されたり、塩を鼻に押し付けられたりされていた。やられても、ほとんどやり返すことはなかった。消しゴムを顔面にすごい勢いで投げつけられ、目のあたりに命中したときはブチ切れて、体操服だったかな、振り回してクラスのヤツに飛びかかることがあった。けど、ケンカが弱いのですぐにボコボコにされていた。常にイジメの対象だったように思う。高校でもそんな感じでしたね」
どうしてそこまでイジメられたのか。先の同級生はこう話す。
「確か、親を亡くしたばかりの同級生の前で父親が役人でえらいとか、言い出したことがあった。社交性がない、空気が読めないというのかな。クラスでいろいろ雑談していても、英一郎さんがくると、みんな散らばってしまうって感じだった。大学に進学したものの、中退したと聞いた。卒業後はまったく知らない。ただ、今回の事件で思い出すのは、英一郎さんは確かにゲームには詳しかった」
(以下、略)



中学は駒場東邦だったようです。厳しい受験競争を潜り抜けた生徒が集まる中でいじめの対象となったのは、空気が読めない性格のゆえでしょうか?
その部分だけ切り取れば軽度の発達障害があり、共感性が乏しく、情緒的な交流が不得手と推測できます。が、成績優秀という面ばかり注目され、発達障害の部分は問題視されなかったのでしょう
受験だけを最大目標とし、偏差値が絶対的な評価であるがごとく信奉する愚かさゆえにこどもの発達障害を見逃していた…と言えます
この時期、受験よりもこどもの全人格的な成長を期待し、十分な療育を受けさせたなら結果は違っていたと考えられます。東大に入って高級官僚になるだけが人生ではないのですから
しかし、大人になり人生に挫折し、屈折してしまった後では対処が難しいのは、彼の人生が証明しています
誰が何を言おうと、説教しようと生き方を変えようとは思わないのであり、親への恨みつらみを口にし、暴力を振るうだけの日々を過ごすだけです
刺すか、刺されるかという関係はいずれ破局を迎えるわけで、こうなるしかなかったという幕切れになりました

(関連記事)
元農水事務次官 ひきこもりの息子殺害で逮捕
豊川引き篭もり殺人を考える1 対処法の問題

豊川引き篭もり殺人を考える2 なぜ15年間放置されたか
豊川引き篭もり殺人を考える3 殺人事件はまれなケース
豊川引き篭もり殺人を考える4 殺人未遂のケースは多発?
豊川引き篭もり殺人を考える5 インターネット依存という誤解
豊川引き篭もり殺人を考える6 引き篭もりは精神病?
豊川引き篭もり殺人を考える7 責任能力で論争
豊川引き篭もり殺人を考える8 懲役30年の判決
神戸5人殺傷事件を考える 逮捕後は黙秘
神戸5人殺傷事件を考える 2度連続の精神鑑定
鹿児島5人殺害事件を考える 岩倉知広容疑者とは
今も存在する戸塚ヨットスクール
突撃おばさん
突撃おばさん その2
「ひきこもりを問題視するマスコミの異常」の異常


こころの科学(123) ひきこもり [ 岡崎祐士 ]
楽天ブックス
ひきこもり 岡崎祐士 青木省三 日本評論社ココロ ノ カガク オカザキ,ユウジ アオキ,ショウゾウ


楽天市場