闇営業で宮迫100万円、田村亮50万円受け取る

吉本興業などに所属するタレントが闇営業で詐欺グループの宴会に出席し、ギャラを受け取っていた問題の続報です
当初、ギャラはもらっていないと否認していた宮迫博之らは、「宴会後に出向いた飲食店で食事をした際、代金を支払っていなかったので間接的に報酬を受け取っていたことになる」と弁解していました。
しかし、その後の吉本興業の聞き取り調査を受け、宮迫博之が100万円、田村亮が50万円、その他のタレントが数万円のギャラを受け取っていたと認めています
「ギャラはもらっていない」から始まって、嘘に嘘を重ねていたわけです
当然、受け取ったギャラは税務申告していなかったのですから、吉本興業の指導で修正申告を済ませた、と報じられています


お笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)やロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が、闇営業で反社会的勢力のパーティーに出席して13人の芸人が謹慎処分になった件で、吉本興業は13日までに、宮迫が100万円、田村が50万円の謝礼を受け取ったことを認めた。
11日までに修正申告を済ませ、吉本興業の名前で消費者支援団体など2つのNPO法人に計300万円を寄付した。
吉本興業では、タレントと契約書を交わしていないが、「共同確認書」を作成して、所属する約6000人の全タレントに7月中に署名させることも分かった。タレントが依頼された仕事を全て会社に報告することなどが明記されている。今後も契約書は作らない。吉本興業では「作らないことは、変わりません。所属タレントとは、口頭で諾成契約を結んでいます」と説明している。諾成契約は、当事者同士の合意のみで契約が生じる契約。
(日刊スポーツの記事から引用)


話が(時系列が)前後しますが、カラテカ入江を介しての闇営業は1回だけではなかった、と報じられており、宮迫や田村らは複数回、この詐欺グループの宴会に招かれ、ギャラを受け取っていたと明かされています


6月7日発売の「FRIDAY」がスクープした、人気お笑い芸人たちが振り込め詐欺グループの忘年会に出席し、しかもそれが事務所を通さずに直接受けた“闇営業”だったという疑惑について、6月14日発売の同誌が追及第2弾を掲載。忘年会の半年前に同じ詐欺グループの「首謀者」である男の誕生会にも、入江をはじめとするお笑い芸人がこぞって出席していたというのだ。
「記事によると、出席していたのは入江のほかにムーディ勝山、お笑いコンビ・天津の木村卓寛、くまだまさし、お笑いコンビのザ・パンチと2700など。都内のレストランを貸し切りにして開かれたこのパーティで、芸人たちは順番にネタを披露していったそうです。前号の記事について芸人たちは『ギャラはもらっていなかった』と答えていましたが、今週号でもこのグループの元メンバーはあらためてギャラは支払ったことを断言。入江の口座に振り込んだのだとか。また、詐欺集団であることを芸人たちが『知らなかった』と答えていることについても、少なくとも入江と田村亮には話していて、2人ともそうした行為を了承しているように、元メンバーは具体的にその時の様子を証言しています」(芸能ライター)
現在、雲隠れ中だという入江。いつになったらふたたび姿を見せるのか。はたしてその時、真相を語ることはあるのか。
(アサヒ芸能の記事から引用)


当然、この半年前の宴会(誕生会)参加について「フライデー」が報じるまでは吉本興業には隠していたのでしょうから、さらに嘘をついていたことになります
こうまでタレントに嘘をつかれたならマネジメントなどやっていられないとなるわけで、吉本興業のタレント管理能力が疑われます
世間を騒がせるスキャンダルになったものの、それでも契約書は交わさないと言い張る吉本興業の姿勢は不可解です
もちろん「フライデー」が報じた第二弾が最後、というわけでもなく、今後も闇営業の実態が告発されるのでしょうし、宮迫や入江だけでなくこれまで名前の出なかったタレントも関与が明かされるはずです
いくら吉本興業が過去の闇営業について報告しろ、と所属タレントに呼びかけようと、保身のため嘘をつく人間がいる以上、すべてを掌握するなど不可能だと今回の事件が証明しています
さて、どうするのでしょうか?

(関連記事)
カラテカ入江 闇営業で解雇処分
カラテカ入江 闇営業で吉本芸人11名謹慎
闇営業芸人が謝罪会見できない理由 闇の深さ
吉本興業社長会見が火に油 コンプライアンス不在の無法
24億円横領犯と飲み歩いていたラモス瑠偉
ティッシュ王子こと大王製紙の井川会長 80億円の使い込み発覚
ティッシュ王子「孤独なエリート」という表現の怪
100億円使い込み ティッシュ王子の高飛車な謝罪文
「ティッシュ王子」大王製紙会長はギャンブル狂 80億円注ぎ込む
「オヤジ殺し」と書かれた沢尻エリカ
有栖川宮を名乗った詐欺師
何から何までウソだらけ 経営コンサルタント「ショーンK」
診療報酬詐欺のタレント女医 武将の子孫はウソ
「三井財閥の子孫」と騙した女詐欺師逮捕
「母さん助けて詐欺」の名称で犯罪を防げるのか?
実在しない100万ドル札で詐欺 過去にも発生
引退後も蒸し返される島田紳助待望論の怪
島田紳助が講談社を名誉毀損で訴える
島田紳助 芸能界復帰特番撮影との噂
吉本社長「紳助君の復帰、信じてる」発言で大炎上
島田紳助引退 ヘキサゴンファミリーの行く末