京アニを「麻薬の売人以下」と中傷し炎上 大阪芸大教授純丘曜彰 その1

大阪芸大教授の純丘曜彰がインターネットのメディアに寄稿したコラム「終わりなき日常の終わり:京アニ放火事件の土壌」が、京都アニメーションを「麻薬の売人以下」と誹謗中傷したため、炎上する騒ぎになっています
問題のコラムはすでに非公開になっており、大多数の方の眼には触れない状態になっていますが、一度公開したからには消えないのであり(当ブログとしても非公開にしたから問題なし、で済ませる気はないので)、数回に分けて純丘曜彰の愚劣な主張を掘り下げることにします
まずは報道からの引用です


放火事件に見舞われた京都アニメーションを「麻薬の売人以下」などと表現したコラム「終わりなき日常の終わり:京アニ放火事件の土壌」に批判の声が相次いでいる。ビジネスメディア「INSIGHT NOW!」に掲載されたこのコラムは24日、非公開にされた。取材に対して運営会社は、内容に「一部不適切な発言があった」とコメントした。
このコラムは、大阪芸術大学の純丘曜彰教授が「INSIGHT NOW!」に寄稿し、21日に掲載されたもの。1970年代からのアニメ業界の歩みやトレンドを解説し、京都アニメーションの前身が「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」に携わったことが、同社の後の方向性を決定づけたとしている。その後の京都アニメーションの作品については、「一貫して主力作品は学園物」で、「らき☆すた」や「涼宮ハルヒの憂鬱」など、「似たり寄ったりの繰り返し」とのこと。また、学園物は「中高の共通体験以上の自分の個人の人生が空っぽな者、いや、イジメや引きこもりで中高の一般的な共通体験さえも持つことができなかった者が、精神的に中高時代に留まり続けるよすが」だと考察している。
そして、こうした人たちをファンにすると、「いつか一線を越えて、作り手の領域に踏み込んでくる。それが拒否されれば、連中がどう出るか、わかりそうなもの」とのこと。最後には、京都アニメーションを「偽の夢を売って弱者や敗者を精神的に搾取し続け、自分たち自身も中毒に染まるというのは、麻薬の売人以下だ」と断じた。
(ビッグローブ編集部の記事から引用)


この件で純丘曜彰は何か釈明をするのかもしれませんが、未曾有の被害者を出し、関係者が心を痛めているこの時期になぜ「事件を招き寄せた原因は京都アニメーションの側にある」と断言するコラムを寄稿したのか、理解不能です
純丘のコラムは以下、引用しますが被害者へのいたわりというのは形ばかりであり、ひたすら己の知見を振りかざし、「こんな陰惨な事件を引き起こす結果になると、オレ様には最初から分かっていたんだぜ」と自慢する内容…と受け取れます
例えばコラムの末文は以下のようになっています


起業する、選挙に立候補する、アイドルやタレント、芸人になる、小説やマンガの賞に応募する、もしくは、大金持ちと結婚する。時代のせいか、本人のせいか、いずれにせよ、人生がうまくいかなかった連中は、その一発逆転を狙う。だが、彼らはあまりに長く、ありもしないふわふわした既製品の夢を見させられ過ぎた。それで、自分で自分自身の夢をゼロから積み上げて創れない。一発逆転も、また他人の出来あいの夢。だから、かならず失敗する。そして、最後には逆恨み、逆切れ、周囲を道連れにした自殺テロ。
いくらファンが付き、いくら経営が安定するとしても、偽の夢(絶対に誰も入れない隔絶された世界)を売って弱者や敗者を時間的に搾取し続け、自分たち自身もまたその夢の中毒に染まるなどというのは、麻薬の売人以下だ。こんなビジネスモデルは、精神的サブプライムローンのようなもので、いつか破綻する。そして、実際、その崩壊が始まった。リアル中高生が食いつかず、市場が高齢化し縮小してきている。
まずはこの業界全体、作り手たち自身がいいかげん夢から覚め、ガキの学園祭の前日のような粗製濫造、間に合わせの自転車操業と決別する必要がある。もう学園祭は終わったのだ。休もう。番組も、映画も、穴を開けて休もう。あれだけの京アニの惨事を目の前にしながら、よりタイトな状況で黙々と規定の製作スケジュールをこなそうとしていることこそ、異常だ。こんなときくらい、京アニにかぎらず、業界の関連全社、いったん立ち止まって、仕事や待遇、業界のあり方、物語の方向性、ファンとの関係を見直し、あらためてしっかりと現実にツメを立てて、夢の終わりの大人の物語を示すこそが、同じ悲劇を繰り返さず、すべてを供養することになると思う。


「すべてを供養することになる」と書いていますが、「純丘、お前は供養する気なんてこれっぽちもないだろう」と突っ込みたくなる表現です
本気で供養するなら表現の方法は別にあるわけで
「京都アニメーションへの報復をオレ様は予見していた」と言いつつ、己のコラムの炎上は予見できなかったインテリゲンちゃんに何を言っても無駄でしょうが
長くなりましたので、純丘曜彰のコラムは次回から数回に分け転載し、突っ込みを入れることにします

(関連記事)
京アニを「麻薬の売人以下」と中傷し炎上 大阪芸大教授純丘曜彰 その2
https://05448081.at.webry.info/201907/article_23.html
京アニを「麻薬の売人以下」と書いた純丘曜彰教授の見苦しい弁解
京都アニメーション放火事件を考える 容疑者の小説公開は可能か?
https://05448081.at.webry.info/201909/article_1.html
京都アニメーション放火事件を考える 青葉容疑者の動機は?
https://05448081.at.webry.info/201908/article_14.html
京都アニメーション放火事件を考える 青葉容疑者の小説が実在
京都アニメーション放火事件を考える 青葉容疑者の小説とは
https://05448081.at.webry.info/201907/article_24.html
京都アニメーション放火事件を考える 33名が死亡
京都アニメーション放火事件を考える 犯人は41歳の男
パチンコ店放火殺人で死刑判決
大阪パチンコ店放火殺人 高見被告の死刑判決確定
16人殺害の個室ビデオ放火事件 二審も死刑判決
死者44人 歌舞伎町雑居ビル火災
武富士強盗放火殺人の小林死刑囚 死刑執行
「けいおん!」山田尚子監督 アニメーションを語る
劇場版「涼宮ハルヒの消失」を見て
【公式】 涼宮ハルヒの消失 予告
「涼宮ハルヒの消失」映画化
涼宮ハルヒの憂鬱 新作放送
「涼宮ハルヒの憂鬱」の憂鬱