慰安婦像展示のあいちトリエンナーレ 炎上騒動で企画展中止

左翼系のジャーナリスト、津田大介をなぜか芸術監督に委嘱して開催された「あいちトリエンナーレ2019」では、いわゆる従軍慰安婦像を展示するなど、相当に左寄りの企画展が実施されました
案の定、批判が殺到したために企画展は3日で中止に追い込まれ、津田大介が謝罪しています
「表現の不自由」を訴えたかったのでしょうが、この企画で開催すれば批判が殺到し、騒ぎになるのは十分に予想されたはずです。なぜこのような政治的対立を呼び込むような企画をあえて実行したのか、不可解です
寄せられた批判の中には、「ガソリンの携行缶を持って突っ込む」と京都アニメーション事件を彷彿とさせる脅迫も含まれていたのだとか
怪我人が出なかったのは幸いです


愛知県内で開かれている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の芸術監督を務めるジャーナリストの津田大介氏は3日記者会見し、中止を決めた「表現の不自由展・その後」について、「リスクの想定、必要な対応は識者にも話を聞いてきたが、想定を超える事態が起こったことを謝罪する。僕の責任であります」と述べた。
会見で津田氏は「まずおわびしたいのは、参加した各作家の皆様。(開幕から)たった3日で展示断念となり、断腸の思い」と陳謝。「(各地の美術館で)一度は展示されたが撤去されたという作品の性質上、沸き上がる反感などを可視化する企画だった」と説明し、「一番迷惑をかけてしまったのが、自分の仲間だ。ともに作り上げた(愛知)県職員、ボランティア、ギャラリーなどの協力先。何より企画を楽しみにしてくれていたみなさんにも、こういう結果になったのは、大変申し訳なく思う」と述べた。その上で、「展示内容自体が不快に感じた人、ネット含めて意見が届いています。内容そのものへの言及は控えるが、監督としての責任を持って、最後まで運営に邁進(まいしん)する」と語った。
(朝日新聞の記事から引用)


開幕からわずか3日で中止が決まった「あいちトリエンナーレ2019」の「表現の不自由展・その後」。元慰安婦を象徴する「平和の少女像」のほか、昭和天皇の写真を燃やすような動画作品に批判が殺到するなど議論を呼んだ。「不快に感じた」「趣旨には賛同できる」。“最終日”となった3日も、来場者から賛否の声が上がった。
軍歌や朝鮮民謡などが流れ、昭和天皇の肖像写真がメラメラと燃えていく-。今回の展示で、批判の多かった動画作品のひとつだ。画面の前には人だかりができ、写真が燃える場面では、顔をしかめたり、スマートフォンで撮影したりする様子も見られた。
「平和の少女像」の前でも撮影する人の列ができたほか、関係者によれば、来場者が少女像に紙袋をかぶせようとするトラブルもあったという。
愛知県春日井市の自営業の男性(46)は「正直、不快だった。いくら表現の自由とはいえ、天皇の写真を焼くような動画を行政が関わるイベントで見せるのは行き過ぎだ」と話す。名古屋市の無職の女性(43)も「少女像も昭和天皇の動画もあまり芸術性を感じず、心を豊かにするものではなかった」と否定的だ。
一方、夫婦で鑑賞した名古屋市の自営業の男性(53)は「さまざまな考えや意見があることを議論しようということ。その趣旨には賛同できる。個々の作品も、特に問題があるとは思わない」と話していた。
(産経新聞の記事から引用)


元々、「平和の少女像」は従軍慰安婦をモデルにしたのではなく、米軍の戦車に轢かれて死亡した女子中学生をモデルにした像です
それがなぜか、慰安婦問題の象徴に祀り上げられ、現在に至っています
最近では韓国内の大学が相次いで構内に「平和の少女像」を設置し、日本批判を道具にしているのが現状です
津田大介は少女像を展示して何かを表現したつもりだったのでしょう
ですが、「表現の自由」が神聖にして不可侵な権利だと主張するのは大間違いであり、人は「不快な表現」に抗議し、これを取り止めさせる権利もあると考えなければなりません
そもそも「平和の少女像」は芸術作品なのでしょか?
アジテーションのための宣伝ビラ、程度の存在だと自分は思います
さて、企画展の中止に対し、日本ペンクラブ(吉岡忍会長)が声明を発表しています


制作者が自由に創作し、受け手もまた自由に鑑賞する。同感であれ、反発であれ、創作と鑑賞のあいだに意思を疎通し合う空間がなければ、芸術の意義は失われ、社会の推進力たる自由の気風も萎縮させてしまう。
あいちトリエンナーレ2019「表現の不自由展・その後」で展示された「平和の少女像」その他に対し、河村たかし名古屋市長が「(展示の)即刻中止」を求め、菅義偉内閣官房長官らが同展への補助金交付差し止めを示唆するコメントを発している。
行政の要人によるこうした発言は政治的圧力そのものであり、憲法21条2項が禁じている「検閲」にもつながるものであることは言うまでもない。また、それ以上に、人類誕生以降、人間を人間たらしめ、社会の拡充に寄与してきた芸術の意義に無理解な言動と言わざるを得ない。
いま行政がやるべきは、作品を通じて創作者と鑑賞者が意思を疎通する機会を確保し、公共の場として育てていくことである。国内外ともに多事多難であればいっそう、短絡的な見方をこえて、多様な価値観を表現できる、あらたな公共性を築いていかなければならない。

せっかくの吉岡忍の声明なので、その内容に沿って反論しておきましょう
韓国における「平和の少女像」は日本批判の象徴であり、切り札の扱いです。これに対する批判は一寸たりとも許されないのであり、「自由な鑑賞」など存在しません。意思の疎通もありません
韓国社会は短絡的な見方に支配され、多様な価値観など認めようとしない、のが実際です。つまり「平和の少女像」は自由の抑圧を体現しているのですよ。吉岡忍はそこのところを熟考した上で声明を出すべきでしょう

(関連記事)
あいちトリエンナーレ 逃亡した東浩紀の言い分
https://05448081.at.webry.info/201908/article_17.html
あいちトリエンナーレ 展示再開を協議も東浩紀は逃亡
https://05448081.at.webry.info/201908/article_11.html
あいちトリエンナーレ 「河村市長は二度と政治にかかわるな」と書く朝日新聞
https://05448081.at.webry.info/201909/article_9.html
あいちトリエンナーレ 津田大介はなぜ炎上したのか?
https://05448081.at.webry.info/201908/article_8.html
あいちトリエンナーレ 琉球新報「表現の自由を守れ」
https://05448081.at.webry.info/201908/article_6.html
あいちトリエンナーレ「表現の不自由」展とは何だったのか?
https://05448081.at.webry.info/201908/article_5.html
捏造で日本批判を行う韓国の教科書
証拠写真を捏造 歴史を歪曲する韓国
原爆Tシャツ防弾少年団にユダヤ系団体が喝!
韓国メディア 日本のアニメを使って「従軍慰安婦」の証拠を捏造
慰安婦像問題で日本政府を批判 朝日新聞社説
釜山領事館前の少女像で日韓関係紛糾
慰安婦問題 韓国が安倍首相の「おわびの手紙」要求
サンフランシスコ裁判所 慰安婦訴訟を門前払い
オーストラリア 韓国従軍慰安婦像設置を否決
韓国朴大統領 慰安婦問題で日本批判
朝日新聞「慰安婦」捏造報道で謝罪
元朝日記者「慰安婦記事」訴訟で敗訴
慰安婦合意に反発する韓国世論3 元慰安婦は合意に反発
慰安婦合意に反発する韓国世論2 「帝国の慰安婦」に名誉毀損判決
慰安婦合意に反発する韓国世論1 国際法学者の妄言