韓国は村上春樹をどのように読んだのか

ノーベル文学賞候補と言われるようになって久しい村上春樹ですから、文芸雑誌を手掛ける出版社は「受賞記念号」に向け、評論家などによる予定原稿を集め準備を終えているのでしょう
いつまでも受賞できないため、予定原稿が古びてしまい、世相との間にギャップが広がっている可能性も懸念されます。令和の時代にはまた、新たな評価もあるわけで…
さて、今回は韓国で村上春樹がどのように読まれているのか、受容されているのか、取り上げてみます
当然ながらさまざまな受け止め方、読み方があるわけで、誰かの評論を1本紹介しただけで全容を伝えきれるものではなく、切り口が難しいのは書くまでもありません
しかし、何か俎上に乗せなければ話が始まらないので、Google検索で上位にあったユン・へウォンの評論を引用します
どのような人物かは不明ですが、PDFの紙面に「専修国文」とありますので専修大学文学部の紀要に掲載されたものなのでしょう
ただ、参考文献の筆頭に小森陽一の「村上春樹論」というトンデモ本が挙げられていますので、ドン引きしてしまいました
小森の「村上春樹論」がいかにひどい内容であるか、以前に言及しました

村上春樹論

さて、今回引用するユン・へウォンの評論は長文のなので、その一部だけ紹介するにとどめます。全文を読みたい方は以下のアドレスからダウンロードしてください


韓国における村上春樹の役割と意義―代表作『ノルウェイの森』の受容様相
(前略)
1980年代後半、韓国では学生による民主化運動が展開されるようになった。 学生たちは民主化を弾圧し、自由を抑圧する暗くて息苦しい社会の中で、精神的に悩んで迷いながら苦しんでいたのである。
民主化を叫びながら焼身をすることや、投身自殺をする衝撃的な事件も起きたが、若者たちは時代に立ち向かって民主化運動を続いた。そして1987年6月の反軍部独裁の民主化抗争で、韓国の学生運動は立派な民主化の成果をあげ、栄光の絶頂に達した。しかし学生たちは強大な社会の壁 の前で、自身たちが信奉し掲げた理想主義を実現できず、絶対的だった価値と目標を喪失したまま、挫折感に落ちてしまうのであった。
このような挫折を経 験した当時の若者たち、いわゆる 386 世代はまさに喪失の時代に住む張本人で あった。一方、この時期に韓国国内文学の成長がなかったのではないが、開放的で自由な資本主義市場で生まれ変わる 80 年代後半までは、韓国文壇は統制が厳しくて権威的な時期であった。そしてそのような抑圧的で閉鎖的な雰囲気の中では、活発な創作活動は難しいことであることを考えられる。
その時に登場したのが村上春樹の小説であった。村上春樹の作品には国も政治も存在しなかった。そこには個人に対する倫理があって、都市的な感覚がみなぎっていた。それは歴史と現実に抑えられ、精神的な恐慌に落ちていた若者 たちのこころを強くとらえるに充分なものであった。
キムチュンミはこの時期の韓国の若い作家たちは、村上春樹の作品を通じて政治社会小説ではなくても、文学はできるという認識を持つようになったと、当時の村上春樹の影響について述べた。
つまり村上春樹の作品から、新しい小説作法と都市的な感性を表出する表現方法を見た作家たちは、それをきっかけにして保守的な小説の形式から自由になれたと説明できるのである。詩人のジャンソクジュも「ハルキと出版、ハルキと文壇の問題的愛憎関係」で村上春樹の登場とその意味について次のように述べている。
1989年に始めてハルキを見たとき、アーリーアダプターたちはまさに新しい、という印象をたくさん持った。わが国の文学もこのような方向にいくだろう、強大談論が消滅し、日常、自我、欲望、愛、性を扱う方向に行くだろう、またそのモデルはハルキであろうと話しをした事を思い出す。(中略)グヒョ ソ、ユンデニョン、ジャンジョンイルなど新しく登場した小説たちが実際にそ うであった。『喪失の時代』が回顧する状況は韓国のそれとそっくりだった。韓国の作家たちはそのような大衆儀式の変化、情緒の変化を先占されたのであった。
(以下、略)


韓国のいわゆる386世代(1990年代に30歳前後で、80年代に学生であり、1960年前後に生まれた世代)が村上春樹を発見し、自身のアイデンティティに重ね合わせる形で「ノルウェイの森」など、各作品を受け入れたと言いたいのでしょう
それは従来の権威主義的な文壇にはない、斬新で極めて個人的な物語に映ったのであり、自身を語るに相応しいスタイルだと
従来の韓国文学(と、一括りにはできないのでしょうが)は、民族の運命などを描く大河的視点を求められ、個人のささやかな体験を語るような小説は評価されない風潮があったがゆえに、村上作品がより新鮮なものと受け止められた、と言えるのかもしれません
省略した部分では、「ノルウェイの森」が翻訳出版されてから、およそ10年に渡って小説部門の売上20位内にランクインし続けたと指摘されたいます
同時に、村上春樹風の小説を書き新人作家が大挙して登場したのも、その影響力が大きかった証拠なのでしょう
踏み込み不足ではあるますが今回はここまでにして、また面白い評論を見つかたら取り上げることにします

(関連記事)
村上春樹はなぜ芥川賞が取れなかったのか?
ノーベル文学賞欲しい韓国 村上春樹よりも名作を書けと厳命
「村上春樹のノーベル賞予想に浮かれる日本」と書く海外メディア
「物語論で読む村上春樹と宮崎駿」を読んで1
村上春樹論
村上春樹「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」
「1973年のピンボール」
記事「村上春樹ブームを読む」を読む
村上春樹「神の子どもたちはみな踊る」
村上春樹を読み誤る中国人文学者 その1
村上春樹を読み誤る中国人文学者 その2
映画「ノルウェイの森」 予告編
村上春樹原作「神の子どもたちはみな踊る」映画化
米ハイスクールで「ノルウェイの森」の課題図書指定にクレーム
尖閣・竹島問題で村上春樹が朝日新聞に寄稿
村上春樹の新作 予約が45万部突破
爆笑問題が村上春樹の新作を批判
爆笑問題太田による村上春樹批判の迷走
「なぜ韓国に村上春樹はいないのか」と書く韓国メディア
村上春樹「蛍・納屋を焼く」を韓国で映画化 その感想
「韓国文学がブーム」と煽るメディア

山口二郎法大教授「ナショナリズムという危険」で日本批判

休日なのでまとめてブログを更新しています
反安倍活動の旗手の1人、山口二郎法政大学教授がハンギョレ新聞に「ナショナリズムという危険」と題するコラムを寄稿していますので、取り上げます。日本がナショナリズムに走り、危険な状態にあると警鐘を鳴らす要旨で、なぜか韓国のナショナリズムには触れません(笑)
自分の目からすれば韓国のナショナリズムの方が十分に危険と映りますし、日韓関係の悪化を日本のナショナリズムのせいにだけするのは偏見でしょう
日本を批判し、安倍政権を批判したいだけ、のコラムです


日韓関係の険悪化は終息の方向が見えないままである。テレビや雑誌で韓国を批判する特集が続き、いたたまれない思いである。韓国に対する反感は、日本国内に子供っぽい自己中心主義を広めており、日本の対外政策を制約し、国益を損なう危険があると私は考える。
現在の日本では、ナショナリズムは食事や景色の自慢にとどまらず、歴史の改変に向かっている。これは、日本の国際的信用にかかわる重大問題である。なぜなら、第2次世界大戦後の日本の民主主義は、敗戦によってもたらされたものであり、戦前の植民地支配や侵略戦争に関する認識は政治体制の正統性に結び付くからである。
日本の敗戦は、具体的にはポツダム宣言を受諾することであった。この宣言では、日本軍国主義が誤った戦争を仕掛けたことが明記され、日本はこの戦争を誤りと認めたうえで、民主主義国家を再建することを世界に対して約束した。朝鮮半島の植民地支配について、ポツダム宣言では、日本の領土は本州等の本来の領土に限定されると書かれているわけで、不当な植民地支配を否定することも、日本は約束した。
日韓関係が険悪化する中で、日本の一部のメディアやネットでは、戦前の日本の政策や行動を正当化する議論が広がっている。関東大震災の時の朝鮮人虐殺はなかったとか、日韓併合によって日本は朝鮮半島に恩恵をもたらしたといったたぐいの、とんでもない歴史の歪曲も飛び交っている。
日本のナショナリストは、日本の帝国主義や軍国主義がもたらした犯罪的行為を正当化することで、日本人の名誉を回復しようとしている。しかし、それは大間違いである。歴史を直視することを拒否し、過去を賛美するならば、現代の日本人は敗戦の時に日本が世界に行った約束を破ることになる。様々な問題はあるものの、平和国家として歩んできた戦後の70年の実績を否定し、外国からの日本に対する不信を招くことになる。
安倍晋三政権は、さすがに非常識な歴史修正主義を唱えてはいない。しかし政府は韓国に対して「国際法を守れ」と主張することによって、別種のナショナリズムを振りかざしている。安倍政権がここでいう国際法は、1965年の日韓基本条約とその付属協定である。しかし、この条約や協定は日韓の大きな国力の差と冷戦時代の権力政治の必要性を反映したものであって、植民地支配を受けた側の権利を回復する内容ではない。
安倍首相は、北朝鮮との国交回復に積極的な姿勢を示している。首相の意図通りに国交正常化交渉を進めるとき、北朝鮮は必ず植民地支配に対する補償を要求するだろう。慰安婦や徴用工だった人が今の北朝鮮にどの程度存在するかわからないが、この問題を持ち出すこともありうる。その時に、安倍政権は日韓基本条約の枠組みで北朝鮮を説得することなどできないだろう。今日の国際人権法や歴史の常識にそぐう政策を、日本は朝鮮半島の南北に対して公平に適用しなければならないはずである。今の韓国に、半世紀以上前の日韓基本条約を当てはめることは、実は道義や人権に背を向けた自己中心主義だと、私は言いたいのである。
他国民や多民族をその属性によって否定する議論が、いかに大きな災厄をもたらすか、人類はホロコーストの経験によって学んだはずである。今の日本の嫌韓ブームの広がりは、人間の尊厳を守るという最も基本的な原理さえ打ち捨てることにつながるのではないかと、私は憂慮している。正気を取り戻せという声を少しでも上げていきたい。


突っ込みどころだらけのコラムであり、突っ込んでほしくて書いているのかと勘繰りたくなります
「他国民や他民族をその属性によって否定する議論が、いかに大きな災厄をもたらすか」と指摘するなら、韓国人による日本への偏見やヘイトを取り上げないのは失態であり、欠陥でしょう
「国際法を守れ」と言う安倍首相を、ナショナリズムを振りかざしていると切り捨てるのはトンチンカンな主張です。「国際法順守」という秩序の上に国と国の関係が成立するのであり、韓国に対して「国際法を守れ」と言うのがナショナリズムに毒された政治家の妄言なのでしょうか?
政治学や行政学を講じる大学教授でありながら、冷戦時代に締結された日韓既報条約は不平等条約だから順守する必要はない、と学生たちに教えているとしたら驚きです
現下の情勢を鑑みて日韓基本条約を改定する必要があるなら、韓国はあらてめて新条約締結のための協議を日本に持ち掛けるべきであり、一方的に条約を骨抜きにしたり無視したりするのは論外でしょう
国と国との約束を守らずして信頼関係など構築できません
歴史認識に相違があるにせよ、各種の条約や協定などを順守した上で国交が成立し、商取引が行われるのが現実です。歴史認識を共有することが国交成立の必須条件ではありませんし、商取引の原則ではないのです
いったい山口二郎は学生たちに何を教えているのやら
正気を取り戻せ、と山口二郎に言いたくなります

(関連記事)
「安倍は人間じゃない」発言で野党結集を煽る山口二郎法政大学教授
北朝鮮攻撃を「非現実的」と批判 山口二郎法大教授
「北朝鮮有事で想像を絶する被害」と批判する上野千鶴子
東洋大教授「平和ボケ=ウルトラマン症候群」と書いて炎上
北朝鮮ミサイル発射でも朝鮮学校無償化を叫ぶ人たち
「安保法反対の憲法学者208人の声明」の愚かさ 
「永続敗戦論」でデモを煽る白井聡
安保関連法案成立と「ぼくたちの失敗」
「徴兵制あるかも?」と煽るパンフレット 民主党が作成するも廃棄
流行語大賞「日本死ね」を巡る騒動
ポツダム宣言で安部首相を斬ったつもり(1) 日本共産党
ポツダム宣言で安部首相を斬ったつもり(2) 「きっこのブログ」
憲法記念日に思う 護憲派の言い分

立川病院暴走死亡事故 運転の85歳に禁固2年の実刑判決

高齢者の運転ミスによる死亡事故を続けて取り上げます
池袋での事故で思い当たるのが、2016年11月、立川市の国立病院機構災害医療センターの敷地内で車が暴走し、歩道を歩いていた2人がはねられ死亡した事件です。当ブログでは2016年11月の記事、「高齢者の交通事故相次ぐ」で触れていますが、裁判結果に言及していませんでしたので、あらためて取り上げます
事件当時83歳だった上江洲幸子は判決公判時に85歳になっていました
東京地裁立川支部は上江洲幸子に禁固2年の判決を言い渡しています


東京都立川市の病院で平成28年、車が暴走して2人が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死)の罪に問われた東京都国分寺市の上江洲幸子被告(85)に対し、東京地裁立川支部は30日、禁錮2年(求刑禁錮4年)の判決を言い渡した。
宮本孝文裁判官は判決理由で「2人を死亡させた結果は極めて重い」と指摘。「85歳と高齢だが、認知機能の衰えに起因する事故ではない」として弁護側が求めていた執行猶予を付けなかった。
判決によると、28年11月12日、立川市の国立病院機構災害医療センター敷地内で車を運転し、八王子市の会社役員、安和竜洋さん=当時(39)=と小平市のパート、市川妙子さん=同(35)=をはねて死亡させた。
傍聴した安和さんの母親(73)は「先日も高齢女性による死亡事故があり、残念な気持ちだ。高齢者には運転してほしくない」と話した。
(産経新聞の記事から引用)


以下、判決文から量刑判断の理由を引用します


歩道上の歩行者2名を死亡させており,結果が極めて重い。各被害者の母らが強い処罰感情を示しているのも理解できる。
しかも,その過失の態様は,アクセルペダルをブレーキペダルと間違えて踏み込んで自車を前方に暴走させ,さらに,歩行者を認め急制動の措置を講じようとしたが,自車を暴走させたことに狼狽し,再度ブレーキペダルと間違えてアクセルペダルを踏み込んで自車を加速させて暴走させ,歩行者2名を跳ね飛ばした上,コンクリート壁に激突させたというものであって,基本的な注意義務の違反である。
被告人は,本件事故当時83歳という高齢であったが,健康であり,その約半年前に運転免許を更新し,その際実施された認知機能検査,適性検査,実車教習等に何ら問題がないとして免許が更新されたというのであるから,本件事故は,必ずしも高齢による認知機能等の衰え等に起因するとはいえない。
もっとも,被告人は,無謀な運転に及んだものではないし,悪質な道路交通法規の違反を伴う運転をしたものでもない。
被告人は,金銭による賠償ではあるものの,被害者らのうち一名(C)の遺族(妻)との間では示談を成立させている。被告人の加入している共済保険は上限が限定されていないものなので,もう一名の被害者の遺族に対しても,将来的に合理的な額での賠償がなされる見込みもある。
被告人は,本件を深く悔いており,亡くなられた被害者らはもとより遺族への謝罪の気持ちも心からのものとうかがえる。
以上に加え,被告人は,現在85歳であり,健康状態に問題は抱えていないようであるが,その年齢を考慮すると,長期間の服役に心身が耐えきれるかという懸念は拭えない。
以上を踏まえると,その犯情に照らし,実刑は免れないとしても,刑期は主文の程度にとどめるのが相当である。


入院中の夫を見舞うため車で病院を訪れた上江洲幸子被告ですが、思わぬ惨事を起こす結果になりました
上記の判決のように、運転者が高齢だからという理由で安易に量刑を軽くしたり、執行猶予を付けたりはしないと、世の高齢者ドライバーは認識してもらいたいものです

(関連記事)
高齢者の交通事故相次ぐ
池袋暴走事故 ようやく飯塚幸三を書類送検
https://05448081.at.webry.info/201911/article_14.html
池袋暴走事故 88歳飯塚幸三はまだ起訴されず
前橋女子高生死亡事故 公判で責任能力なしと主張
前橋女子高生死亡事故 運転に固執した85歳
東名あおり運転裁判 危険運転を否認
堺あおり運転 二審も懲役16年の判決
小学校教頭 飲酒ひき逃げ死亡事故で逮捕
小樽市3人死亡事故で最高裁判決 懲役22年確定
小樽の飲酒ひき逃げ 危険運転で懲役22年判決
浜松暴走死事件 中国人被告に懲役8年判決
浜松中国人ひき逃げ事故 同乗の夫も書類送検
中国人女ひき逃げで逮捕 5人死傷
亀岡暴走事故 被告が判決を不服として控訴
亀岡暴走事故 懲役5年以上8年以下の実刑判決
エスカレーターで車椅子の夫婦転落事故
西伊豆電気柵感電事故死を考える3 容疑者自殺
西伊豆電気柵感電事故死を考える2 440ボルトの電流
西伊豆電気柵感電事故死を考える1 安全管理欠如

池袋暴走事故 88歳飯塚幸三はまだ起訴されず

池袋で88歳の飯塚幸三(元通商産業省興行技術院長、元クボタ副社長)運転のプリウスが通行人をはね、2人が死亡し8人が重軽傷を負う事故があったのは今年の4月です
しかし、飯塚幸三はいまだに起訴もされず、それどころか送検すらされていません
元高級官僚という事情から特別扱いされているのではないか、と勘繰る声は収まらず、司法の公平性を疑われる事態です
被害者の遺族である夫は飯塚幸三の速やかな処断を求める署名を集めており、9月になって39万筆のもの署名を東京地検に提出したと報じられています
少し前の記事ですが、8月には以下のように共同通信が伝えています


東京・池袋で車が暴走し松永真菜さん(31)と長女、莉子ちゃん(3)が死亡した事故で、会社員の夫(33)が30日、東京都内で記者会見し、車を運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三・元院長(88)に厳罰を求める署名が計約29万人分集まったと明らかにした。引き続き9月中旬まで署名を募る。
警視庁は飯塚元院長が運転操作を誤った可能性が高いとして、自動車運転処罰法違反容疑で書類送検する方針。署名は送検後、東京地検に渡すという。
夫によると、署名は7月中旬から受け付けを開始。子どもを持つ親や高齢者が多く、海外からも集まった。手紙も約1万通送られてきたといい、「寄り添ってくれて感謝しかない」と述べた。
こうした事故を防ぐため「軽い罪で終わるという前例を作りたくない」と強調。安全運転に向け「法制度や技術改善が進んでほしい」と語った。
事故は4月19日昼に発生。飯塚元院長の車が横断歩道に突っ込み通行人をはねるなどして、自転車に乗っていた2人が死亡、8人が重軽傷を負った。元院長と同乗の妻もけがをした。
(共同通信の記事から引用)


退職して随分と歳月が経過しており、元通産省の官僚のネットワークが飯塚擁護に奔走しているとは考え辛いのであり、現政権が飯塚を擁護して捜査に圧力を加えているとも思えません
車両を検査した結果、プリウスに結果はないと判明している以上、飯塚の運転ミスと警察は断定するでしょう
ではなぜ、いまだに送検しないのか理由は不明です
飯塚幸三の代理人である弁護士は取材に対し、以下のように述べています


J-CASTニュースでは署名提出を前にした2019年9月13日、飯塚元院長の代理人に電話で取材を申し込んだ。
――厳罰を求める署名活動について、ご見解など伺えないか。
申し述べることは何も。取材に対して内心の考えていることを伝えるなどの意向は全くない。もちろん考えていることはあるとは思いますけれども。
――理由について。
非常に慎重に対応している。一切応じてはいません。
――書面で取材の内容をお送りしたい。書面でのご回答を検討いただけないか。
捜査も続けられている中で、何か事件に関連することをどうのこうのというのは、まったく一切ない。
「マスコミなどの取材は一切応じていない」とされ、明確な回答は得られなかった。
(J-CASTニュースの記事から引用)


法制度の建前として、逃亡や罪証隠滅のおそれがなければ在宅のまま取り調べ、在宅のまま起訴という経過はありです
今回の事件で警察が立件に手間取る理由はないはずであり、速やかに送検(身柄付きではなく)できると思うのですが
現時点で飯塚幸三は自らの運転ミスは否認し、「ブレーキが効かなかった」と車両の欠陥を主張していると見られます。それゆえ被害者にも謝罪はせず、示談交渉もしていないのでしょう
示談が成立していれば執行猶予付き判決になるところを、全面的に争うとなれば反省していないと判断され、実刑もありえます(あくまでも一般論として)
ただし、刑事訴訟法第482条には「自由刑の裁量的執行停止」という規定があり、有罪判決を受けた場合でも検察官の指揮によって刑務所に収監しない決定ができます
幾つかの例示があり、飯塚幸三の場合は次の2項目に該当します

1 刑の執行によって、著しく健康を害するとき、又は生命を保つことのできない虞おそれがあるとき。
2 年齢70年以上であるとき。

もちろん、70歳以上は絶対に刑務所へ収監されないと決めてかかるのではなく、服役に耐えられないと検察官が判断した場合に適用される規定です
この事件がどう決着するのか、経過を見守り言及を続けるつもりです

(関連記事)
池袋暴走事故 ようやく飯塚幸三を書類送検
https://05448081.at.webry.info/201911/article_14.html
前橋女子高生死亡事故 公判で責任能力なしと主張
前橋女子高生死亡事故 運転に固執した85歳
https://05448081.at.webry.info/201801/article_18.html
立川病院暴走死亡事故 運転の85歳に禁固2年の実刑判決
https://05448081.at.webry.info/201909/article_18.html
高齢者の交通事故相次ぐ
東名あおり運転裁判 危険運転を否認
堺あおり運転 二審も懲役16年の判決
小学校教頭 飲酒ひき逃げ死亡事故で逮捕
小樽市3人死亡事故で最高裁判決 懲役22年確定
小樽の飲酒ひき逃げ 危険運転で懲役22年判決
浜松暴走死事件 中国人被告に懲役8年判決
浜松中国人ひき逃げ事故 同乗の夫も書類送検
中国人女ひき逃げで逮捕 5人死傷
亀岡暴走事故 被告が判決を不服として控訴
亀岡暴走事故 懲役5年以上8年以下の実刑判決
エスカレーターで車椅子の夫婦転落事故
西伊豆電気柵感電事故死を考える3 容疑者自殺
西伊豆電気柵感電事故死を考える2 440ボルトの電流
西伊豆電気柵感電事故死を考える1 安全管理欠如
横浜強盗殺人未遂 71歳の男を逮捕