さいたま小4男児殺害事件を考える 殺人容疑で再逮捕

死体遺棄容疑で逮捕された進藤悠介容疑者について、埼玉県警は近く殺人容疑で再逮捕する方針だ、と報じられています
逮捕後、殺人と死体遺棄容疑を一旦は認める供述をした進藤容疑者ですが、その後、否認に転じたとの報道がありました。現在はどうなのでしょうか?
連日のようにワイドショーがこの事件を取り上げ、新藤容疑者を巡る人間関係も明らかにされています
ただ、以下の記事にもあるように、「本当の親ではないのに」と反発されたので腹が立ち手にかけた、という単純な構図で割り切ってしまうのは事件の意味を読み違えてしまう危険があります


さいたま市見沼区大谷(おおや)の集合住宅敷地内で住人の市立大谷小4年、進藤遼佑(りょうすけ)君(9)が殺害されているのが見つかった事件で、埼玉県警は殺人容疑で遼佑君の義父、進藤悠介容疑者(32)を9日に再逮捕する方針を固めた。8日、捜査関係者への取材で分かった。悠介容疑者は9月、死体遺棄容疑で逮捕されている。
捜査関係者によると、悠介容疑者は9月17日夕、遼佑君の首をひも状のもので圧迫し、殺害した疑いが持たれている。捜査関係者によると、凶器は自宅から押収した電気コードとみられる。
悠介容疑者は死体遺棄容疑での逮捕時、当初の調べに「見つからないようにするため(遺棄した)」と容疑を認め、動機についても遼佑君が学校で使う赤白帽子をなくしたことを「注意したら『本当の親じゃないのに』と反発されて腹が立った」という趣旨の供述をしていた。しかし、送検後は「知らない」などと一転して否認している。
県警によると、悠介容疑者は母親(42)の再婚相手で遼佑君と血縁関係はない。遼佑君は9月17日午後3時15分ごろに下校して帰宅。悠介容疑者は在宅していた。
悠介容疑者は夜に仕事から戻った母親に対し、遼佑君が英会話塾に向かったなどと説明したが、帰宅しないため、母親が塾に確認したところ、実際には塾に来ていないと分かり110番通報した。捜索した大宮東署員が遼佑君の遺体を自宅向かいの空き部屋前のメーターボックス内で発見。塾で使っていたかばんも見つかった。
(産経新聞の記事から引用)


過去の報道では、「家庭内のトラブルはなかった」と表現されたりしています。が、これは家庭内のトラブルが存在しなかったと断定できるがゆえの表現ではなく、家庭内のトラブルが近隣の住人からは見えなかった…と解釈しなければなりません
母親の再婚相手を遼佑君は認めていなかったのでしょうし、受け入れてもいなかったと推測されます。周囲の人が気づかなかっただけで
実の父親は高校教師で剣道の高段者、剣道部の顧問をいるとの情報があります。部活動の指導にも熱心だったとされますので、無職でひきこもりの悠介容疑者とは真逆のタイプなのでしょう
遼佑君からすれば理想の父親は実父の方であり、無職のチャラ男に親近感を抱いたりはできなかったと推測されます
別の情報では、実母は離婚後、悠介容疑者とは別の若い男と一時期同棲していたとされます。出会い系アプリで若い男を物色していたのでしょうか?
実母の方は家庭を顧みず剣道部の指導にかかりっきりの元夫より、無職でも毎日のうように体を求めてくる年下の若い男の方が好みだったと思われます
また、遼佑君が夜ふらふらと出歩いていた、との情報もあります。仕事を終えて帰宅した実母が悠介容疑者といちゃつくのを見て、「ともだちの家へ行く」などと口実を設け、出歩いていたのかもしれません
ですから、「家庭内のトラブルはなかった」などという、事件直後の報道は信用できないのです

(関連記事)
さいたま小4男児殺害事件を考える 義父を逮捕
さいたま小4男児殺害事件を考える 連れ子殺しの理由
さいたま小4男児殺害事件を考える  単純な動機
和歌山小5刺殺事件を考える1 引きこもりの容疑者
和歌山小5刺殺事件を考える3 犯行を自供
和歌山小5刺殺事件を考える4 犯行のきっかけ
和歌山小5刺殺事件を考える7 公判で犯行を否認
和歌山小5刺殺事件を考える9 控訴審を前に
和歌山小5刺殺事件を考える10 控訴審で精神鑑定
和歌山小5刺殺事件を考える11 中村被告の「妄想」
和歌山小5刺殺事件を考える12 控訴審でも懲役16年判決
西淀川虐待死事件 内夫に懲役12年の判決
西淀川虐待死事件 母親に懲役8年6月の判決
こどもの虐待死 刑罰が軽すぎる
16歳の娘を裸で縛り死亡させた母親
16歳長女監禁死事件を考える2 しつけという弁明
相模原中学生自殺 児童相談所が保護せず見殺し
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 虐待する父親
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 性的虐待を把握
目黒女児虐待死事件を考える 初公判で起訴事実を認める
目黒女児虐待死事件を考える 「こどもに問題があった」と主張
目黒女児虐待死事件を考える 「父親になろうとした」と繰り返す被告