沢尻エリカ 合成麻薬で逮捕

女優の沢尻エリカが麻薬取締法違反の容疑で警視庁に逮捕されています。逮捕は偶然ではなく、内偵調査や行動確認など積み重ねた上で決行されたものでしょう。しかも、幾つものメディアがタイミングよく記事を流しているところを見れば、メディアにも事前に沢尻逮捕の情報が流されていたものと推測されます


女優の沢尻エリカ(33)の逮捕で芸能界に激震が走った。
合成麻薬MDMAを所持していたとして16日、麻薬取締法違反の容疑で逮捕された。警視庁の発表によると16日朝8時ごろ、東京・目黒区の自宅で捜査員による検査により、アクセサリーボックスの中から袋に入った白いカプセルを発見、カプセルの中からはMDMAの粉末が発見されたという。
調べに対し、「私の物に間違いありません」と認め、午後1時ごろ逮捕となった。
「沢尻容疑者は15日夜、渋谷のクラブに行き、今朝になって自宅に戻って来たところ、捜査員が待っていたようです。職務質問され、驚いた様子だった。捜索が始まると、観念した感じだった。沢尻容疑者が違法薬物を所持しているという情報は濃淡含めて多数があったので、内偵捜査を進めていた。マンションには母と一緒に住んでいた。捜索は午前8時過ぎ。母親も立ち会った。見つかったのはMDMA2錠。自分の部屋の棚に置いてあったアクセサリーケースの中に、チャックのついた小さなビニール袋に入ってあった。母親が絶句した感じで、沢尻容疑者は涙を浮かべていたそうです」(捜査関係者)
沢尻容疑者は、2005年の映画「パッチギ!」などで注目されたものの、07年の主演映画の舞台あいさつの時に記者への質問に仏頂面で「別に……」と返したことから激しいバッシングを受けた。
その後、12年に公開された映画復帰作「へルタースケルター」の熱演により、日本アカデミー賞優秀主演女優賞も受賞、近年もドラマやCMなどに数々出演、新たな魅力を振りまき順調な芸能生活を送っているように見えた。
芸能リポーターの石川敏男さんはこう語る。
「最近の雰囲気からは、そんなことをやっているようには感じられなかったのですが。『別に……』発言から多かった批判を払拭(ふっしょく)できてきたところ、払拭どころかもっと大きな話になってしまいました。魔が差したのかどうかわかりませんが、根底には心の病のようなものを持っていたのかもしれませんね」
沢尻容疑者は過去にも薬物疑惑がうわさされたことがある。前出の「へルタースケルター」公開をひかえた2012年5月、「週刊文春」に「沢尻エリカは大麻中毒 決定的証拠公開」という記事が掲載された。芸能評論家の三杉武さんは言う。
「かつてから、薬物に関するうわさはありました。今年に入ってから、薬物疑惑のある芸能人の交友関係の中に名前があったこともあります。しかし、仕事はとても順調なようでしたから、さすがにそれはないだろうという意見もあったのですが…」
沢尻容疑者は、来年1月にスタートするNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」に、織田信長の正妻で斎藤道三の娘の帰蝶(濃姫)役としてレギュラー出演する予定だった。作品でも重要な役どころで、6月にはクランクインしていただけに、逮捕の影響は大きいとみられる。
大河の出演会見で沢尻容疑者は、「自分が持っているものすべてをこの作品にささげたい。沢尻エリカの集大成をここで見せたい」と感極まった雰囲気で意気込みを語っていただけに、その衝撃も大きい。
「会見で涙ぐみながら語っていたのにね。出演は取りやめになるでしょうし、復帰には時間もかかるでしょう。もったいないですね」(石川さん)
現在放送中の「いだてん~東京オリムピック噺~」でも、レギュラー出演していたピエール瀧が麻薬取締法違反で逮捕され、途中回から役者を交代するという事態となった。7月にEテレで放送された「バリバラ」に出演した元タレントの田代まさしも、11月6日に覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕されるなど、NHKの受難は続く。
(週刊朝日オンラインの記事から引用)


長々と引用しましたが、これは全部ではありません。省略した部分を含めると驚くほどの長文です。逮捕されてから関係者のコメントを集めていたのでは間に合うはずもなく、事前に予定稿として上がっていたと思われます
先日、東京地裁は大麻取締法違反(所持)の罪に問われた田口淳之介被告と交際相手の小嶺麗奈被告に懲役6月・執行猶予2年の判決を言い渡しています。しかし、判決言い渡し公判は1度延期されており、その理由が厚生省関東信越厚生局麻薬取締部によって、逮捕時の動画の一部がメディアに渡っていたことを問題視されたため、と報じられています

マトリの活躍をアピールしたいがため動画をメディアへ流したのか、金銭の授受があったのかは不明ながら、東京地検とマトリの間で悶着があったと伝えられています
今回のタイミングが良すぎる報道は、巻き返しを図った警視庁が事前にメディアへ逮捕情報を流し、マトリにしっぺ返しを図ったのか?
メディアにすれば警視庁でもマトリでも、芸能人逮捕の情報を流してくれるならばどいちらでもよいのでしょう
芸能ニュースではここ最近、女優のAが間もなく逮捕されるとか、女優Bが捜査対象になっている等の噂を繰り返し流していました。これらは「マトリによれば」との但し書き付きです(家宅捜索に入ったが逮捕には至らなかった、とのオチまで書いているメディアもあります)
なので警察と麻薬取締部の間で、壮絶な競争が繰り広げられているのが分かります
妙な縄張り争いは止めて、互いに協力すればよいものを

(関連記事)
沢尻エリカ逮捕 大河ドラマの代役は誰に
https://05448081.at.webry.info/201911/article_26.html
「オヤジ殺し」と書かれた沢尻エリカ
沢尻エリカの夫 「エリカの解雇は営業妨害」とクレーム
衝撃告白も話題にならない沢尻エリカ
沢尻エリカ離婚 その原因は謎
沢尻エリカ離婚騒動の行方
沢尻エリカ 「謝罪などしたくなかった」発言
沢尻エリカはスペインで高城剛と同居中
沢尻エリカ 結局離婚するらしい
「KAT-TUN」田口淳之介と女優の小嶺麗奈 大麻で逮捕
タレント清水良太郎 覚醒剤使用で逮捕
俳優成宮寛貴 コカイン疑惑で引退表明
俳優成宮寛貴引退表明で「フライデー死ね」と炎上
2世俳優橋爪遼覚醒剤で逮捕
映画「たたら侍」 橋爪遼逮捕で打ち切り、大コケ
俳優小出恵介 未成年者と淫行の波紋
三田佳子次男 覚醒剤で公判
三田佳子次男 覚醒剤で4度目逮捕
田代まさしコカイン所持で逮捕
田代まさし 覗き行為と薬物使用の果て
田代まさしに麻薬を渡した女性
「覚醒剤使用は眠気覚まし」と言い張ったASKA被告